The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
#241 ニチリンダテハゼ
a0013160_0452892.jpg
【和名】 ニチリンダテハゼ
【学名】 Amblyeleotris randalli
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
第1背鰭が大きく半円形で、体側の黄色横帯とつながる黒色斑を持つ、体は円筒形、体色は半透明で、細い黄色横帯が入り、最初の横帯は眼を横切る。
【生態】
西部太平洋に分布。珊瑚礁外縁に生息し、崖穴の砂泥底に巣穴を持つ。単独あるいはペアで活動し、テッポウエビと共生する。底生小動物を捕食する。
【ひとこと】
西表島でよく見かけるハゼです。名前の由来は、大きな背鰭の日輪模様。美しいハゼなので、被写体としてだけではなく、観賞魚としても人気があります。日輪模様は、鰭を閉じている時は見えませんが、体に入る横帯が、黄色く細いので、他のダテハゼと見分けられます。
by diver813 | 2005-08-31 00:46 | 海洋生物図鑑
2005.08 神子元 The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_23451884.jpg
          何も見えない、何も出てこない


Site 神子元 カメ根
Maximum Depth  24.5m
Water Temperature 23℃
Entry 12:26
Exit 13:01
Dive Time 35min.


船でポイントに向かう途中、船首で海風を浴びていると、波間に漂うハンマーを発見。これがラストチャンスですが、期待できるかも・・・
と、言う訳でダウンカレントが出ると聞いているにもかかわらず、ハンマーが出るかもしれないという南東の外洋を目指して一直線。
最初のうちは水深も浅く、根もあるので水底が見えていましたが、後半は水底も見えずひたすら青一色の世界。中層を漂いながら、ハンマーの影を探していました。
しかし、期待は裏切られ、結局ハンマーは見られず。
まあ、出たとしても、ハウジングが曇っていたので、結局写真は撮れずに、地団太を踏むことになったでしょうけど・・・
by diver813 | 2005-08-29 23:46 | Diving Log
奄美まるごといも〜れ祭り 何ちゃってOFF会
a0013160_23521258.jpg
          とうとうあの人と会うことが出来ました


椿山荘で開かれた奄美まるごといも〜れ祭りに行ってきました。

目的は奄美大島☆撮影日記のKatsuki_Okiさん。ちょっと遅い夏休みに奄美大島へ遊びに行こうと計画しているので、その打ち合わせ。

鶏飯をご馳走になり、焼酎を呑みながら海とブログの話。盛り上がってきたところで、Katsuki_Okiさんが撮影した映像を見ることに。
興奮しすぎて、見やすい席へ移動しようとした時に、焼酎をこぼしてしまいました(失礼しました)。
本当に素敵な映像で、アナゴの捕食シーンなどは鳥肌モノ。
見ていたら、なんかいろいろ羨ましくなってきました。ん~南の島に住みたい!


Katsuki_Okiさんはネムリブカのような方。只者ではない雰囲気を出していますが、とってもやさしい。でもやはり只者ではない、とっても格好良い人でした。
>Katsuki_Okiさん
鶏飯ごちそうさまでした!次は奄美で会いましょう。遠慮なくお世話になるつもりなので、よろしくお願いします。

Katsuki_Okiさんのオフ会レポート
8/26-28 ありがとう
by diver813 | 2005-08-28 23:51 | Trackback
2005.08 神子元 The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_23303683.jpg
          殻から身が取れちゃうんじゃないか?


Site 神子元 カメ根
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 18℃
Entry 9:03
Exit 9:36
Dive Time 33min.


今日も朝からハンマー狙い。
神子元の船は銭洲のように一斉にエントリーするのではなく、船の後方から雪崩のようにエントリーします。なので、後に続く人が詰まってしまったり、降ってきてぶつかったりしないように、エントリーしたら、すぐに船から離れなければなりません。
ウエットスーツを着たつるんとした生き物が、足ヒレをつけよたよたしながら、海になだれ込む様子は、まるでペンギンのようです。
海の中はやや流れがあり、魚影の濃さもまあまあ。
タカベの群れの黄色いラインに囲まれながら泳いでいると、仲の良さそうなアカハタとウツボに出会えました。
しかし、ハンマーには会えず。今回は次がラストチャンス。ちょっと弱気になってきます。
by diver813 | 2005-08-25 23:42 | Diving Log
2005.08 神子元 The 1st Day After Dive
a0013160_23432352.jpg
          海の話に花が咲きます


ダイビングの後は、ビーチに繰り出してなぜか遠泳。
思わず付き合ってしまいましたが、個人的には波打ち際でダムを作りたかった・・・
宿に帰って、お風呂とごはん。その後はまたビーチへ。
海の家で他所様の花火を眺めながら、お酒を呑んでいました。
海尽くし、とっても夏休みなかんじの一日でした。
by diver813 | 2005-08-23 23:43 | Diving Log
2005.08 神子元 The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_22332376.jpg
          同じサメだけどさ・・・


Site 神子元 カメ根
Maximum Depth  23.1m
Water Temperature 23℃
Entry 14:04
Exit 14:39
Dive Time 32min.


2本目もハンマーねらいで、カメ根。
がっつり流れも入って、いい雰囲気。
タカベの群に囲まれながらハンマーの影を探しましたが、なかなか出てこない。
しかし、潜水時間は30分と決められています(短すぎ!!)。
結局サメはサメでもドチザメしか出てきませんでした。ちぇ。
明日は出るかな?
by diver813 | 2005-08-22 22:34 | Diving Log
2005.08 神子元 The 1st Day The 1st Dive
a0013160_133885.jpg
          お痒いところはございませんか?


Site 神子元 カメ根
Maximum Depth  23.8m
Water Temperature 19℃
Entry 10:42
Exit 11:16
Dive Time 33min.


伊豆を代表する大物狙いポイント、神子元へやってきました。
目的はハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)。
大物狙いのポイントなので、流れが強いことが特徴です。
大潮の日を選んで、激流を期待していたのですが、ほとんど流れていませんでした。
そして出てくるのは大群で餌を漁っているニザダイや、ブダイばかり。
見れた大物といえば、浮上直前、安全停止中に現れた、カンパチの大群ぐらいでした。
安全停止を無視して(よい子はまねしないでください)、写真を撮りに行ったものの、結局真っ青なボケボケ写真しか撮れませんでした。無念。
by diver813 | 2005-08-22 01:52 | Diving Log
#240 ヒトデナカセ
a0013160_0544744.jpg
【和名】 ヒトデナカセ
【学名】 Thyca crystallina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 翼舌目 ハナゴウナ科
【殻長】 1cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
殻は傘型で亜三角形。殻の色は半透明の白色で内側は光沢を放つ。明瞭な畝が多数入る。殻の先端は右にねじれ、内側へ湾入する。
【生態】
小笠原諸島以南の熱帯太平洋に分布。アオヒトデをはじめとするヒトデ類の裏側体表に外部寄生する。
【ひとこと】
「ヒトデ泣かせ」でヒトデナカセ。ハナゴウナ科の貝類の多くは、ヒトデやウニなどの棘皮動物に寄生します。ヒトデナカセはヒトデの外側に寄生する外部寄生ですが、アカヒトデヤドリニナなどは内部寄生と言って、体内に寄生します。内部寄生する種類には浮遊幼生期には殻があっても、寄生すると殻が退化し完全に消失し虫状になる種類もいます。
by diver813 | 2005-08-19 00:55 | 海洋生物図鑑
#239 アカハタ
a0013160_022118.jpg
【和名】 アカハタ
【学名】 Epinephelus fasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は長卵形で目が大きい。体色は赤色で、濃赤色の太い横帯が5本入る。背鰭棘部の上部が黒く、先端は白色。
【生態】
南日本、西武太平洋・インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域に生息し、着底していることが多い。雌性先熟の性転換をする。肉食性で魚類や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
体が赤くて、独特の目つきをしているので、すぐ見分けることができます。明るい場所では、白っぽくなったりしますが、背鰭の先が黒いことは変わりません。白身で煮付けなどにすると美味しいのですが、釣りでは外道とされたり、なぜか評価は低めです。
by diver813 | 2005-08-18 00:11 | 海洋生物図鑑
#238 ウンモンフクロムシ
a0013160_1549100.jpg
【和名】 ウンモンフクロムシ
【学名】 Sacculina confragosa
【分類】 動物界 節足動物門 甲殻綱 フクロムシ目 フクロムシ科
【体長】 1cm
【撮影地】 三浦 水深1m
【特徴】
体は袋状で外皮は薄く、波状の輪郭を持つ紋で覆われる。体外部の上端に外套口が開く。体内部は根系で植物の根のように宿主の体内各所に侵入する。付属肢、消化管は欠く。
【生態】
北海道以南に分布。磯に生息するイワガニやイソガニの腹部に寄生する。袋状の体外部を形成するのは雌で、雄は幼生のまま雌の受精嚢へ到達し、精子細胞に分化する。
【ひとこと】
口も足も、消化管も持たず、体のほとんどが卵巣。 袋に見えるのは雌で、雄は幼生のまま雌の体内に入って精巣に変わります。このようにフクロムシは卵を産むことに特化した生物ですが、フクロムシ寄生されたカニは、寄生去勢と言って、生殖能力を失ってしまいます。また、養分を吸収する根系がカニの体内に侵入しますが、カニの組織を壊すことはありません。
by diver813 | 2005-08-17 01:06 | 海洋生物図鑑