The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
#232 フリエリイボウミウシ
a0013160_0474668.jpg
【和名】 フリエリイボウミウシ
【学名】 Fryeria menindie
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イボウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は卵型で硬く、肛門は腹面後部に開く。体色は鮮やかな青色。背面は黒色で、疣状突起が散在する。疣、触角は黄色く、疣の周囲は青い。背面の黒色は周縁に達する。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋に分布する。岩礁域、珊瑚礁域に生息し、カイメンなどを食べる。
【ひとこと】
青い体に黒い模様と黄色い疣の姿は、ソライロイボウミウシやタテヒダウミウシと似ていますが、フリエリイボウミウシは黒い模様が縦帯にならず、縁に達するので区別できます。背中のイボが割った生卵に似ているため、タマゴイロイボウミウシという呼ばれ方もします。
上から見た姿
by diver813 | 2005-07-30 00:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
2005.07 銭洲 After Dive
a0013160_22381278.jpg
          自分で直すと傷跡すら誇らしい


銭洲から帰ったその足で、西伊豆にある師匠の知り合いのショップへ。
目的は破れたスーツの修理。
売りもののボンドは置いていないけど、個人のなら使っていいよ・・・
という好意に甘え、ビール1本で修理に付き合ってもらっちゃいました。
でも、後で考えると、ビール一本は安すぎ!今度改めてお礼をせねば。
修理は教えてもらいつつ、自分でやりました。
まずは、傷口とそのまわりをドライヤーでしっかり乾かします。
次に、傷口を合わせ、傷と直角に線を引き、接着する時のマーキングをします。伸縮性の良い上に、立体裁断なので、位置がずれると、きちんとくっつかないんです。
今度はボンドを傷の両側に薄く塗ります。秘密兵器の「硬化剤」も入っていたので、乾きが早い。急ぎます。でも丁寧に。
ボンドが乾いてきたら、事前に付けたマーキングを合わせながら、傷口をくっつけていきます。一番難しいポイントだと脅かされましたが、手先にはちょっと自信があります。ぴったり合わさりました。
最後に傷口を両側から押さえて、グリグリ揉みます。こうするとズレが直って、仕上がりが綺麗になるのだとか・・・
と、いうわけで、その日のうちに修理完了。
修理を手伝ってくれたJさんに感謝。
Jさんにお願いしてくれた、恐るべき人脈を持つ師匠に感謝。
そして、疲れているのに付き合ってくれたメンバーに感謝。
ご迷惑おかけしました。そして、ありがとうございました。
by diver813 | 2005-07-27 22:51 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
#231 テングハギモドキ
a0013160_23182023.jpg
【和名】 テングハギモドキ
【学名】 Naso hexacanthus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は側扁し延長型で、体長は体高の3.0~3.8倍。前頭部は角状突起がなく、膨出もしない。尾柄に2つの大きな骨質板がある。色彩変異が激しい。
【生態】
高知県以南の太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁外縁の礁斜面や崖を大きな群で回遊し、外洋にも現れる。雄は求愛時に婚姻色を示す。動物プランクトンを主食とする。
【ひとこと】
テングハギと似ていますが、頭に角がないこと、尾鰭の両端が糸状に伸びないことで区別できます。体色は個体によって様々で、ひとつの群でも白い個体、茶色い個体、黒い個体と様々です。でも、クリーニングを受けている時に白っぽくなるのはみんな同じらしい。
by diver813 | 2005-07-26 23:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2005.07 銭洲 The 3rd Dive
a0013160_22334394.jpg
          見たいのは、もっと大きい魚なのに・・・

Site 銭洲 ネープルス
Maximum Depth  28.9m
Water Temperature 20℃
Entry 12:13
Exit 12:55
Dive Time 42min.


涼しい背中を気にしながらの3本目は、エビ根・ヒラッタイとちょっと離れたネープルス。
流れが少し速くなったので、大物に期待するも、遠くにカンパチが見えるだけ。サメは出てきてくれませんでした。
釣り船があまり来ていなかったので、撒かれている血が足りなかったのでしょう。
とは言っても、ハリセンボンを膨らませて遊んだり、何のかわからないけど、綺麗な卵塊を観察したり、サンゴイソギンチャクやたら赤いことを気にしてみたり、それなりに楽しみました。
でも、期待していた銭洲はこんなんじゃない!今度は藺灘波(イナンバ)まで行ってやる!
by diver813 | 2005-07-25 22:50 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
#230 イトゲノマユハキ
a0013160_23162681.jpg
【和名】 イトゲノマユハキ
【学名】 Chlorodesmis caespitosa
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 イワズタ目 ハゴロモ科
【高さ】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
藻体は分岐せず細い髪の毛のような糸状。葉状部の長さはほぼ均一で房状に生える。体色は白色がかった緑色。
【生態】
太平洋南部、南西諸島に分布。波当たりの強い漸深帯に生息する。死んだサンゴの上に強く着生する。生殖細胞は遊泳性で、接合した配偶子が直接藻体に成長する。
【ひとこと】
名前の由来は、眉についたおしろいの粉を落とす「眉掃き」。鮮やかな緑色が波に揺れる姿はとても綺麗です。この緑色は陸上の植物も持っている、光合成色素のクロロフィルaとクロロフィルbの色です。クロロフィルは主に赤い光をエネルギーに変えるので、赤い光を吸収する海では、浅いところにしか生息できません。
by diver813 | 2005-07-23 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2005.07 銭洲 The 2nd Dive
a0013160_1354412.jpg
          なんだか背中が涼しいと思ってたんだよ


Site 銭洲 エビ根~ヒラッタイ(東)
Maximum Depth  19.4m
Water Temperature 24℃
Entry 10:20
Exit 10:51
Dive Time 31min.


2本目は1本目の反対側のポイント。1本目よりも少し流れが出ていて、カンパチなどの回遊魚を見ることができました。しかしサメは出ず。
でも、水中は暖かく、サンゴやイソギンチャクの様子もまさに南の島で、伊豆の魚×サンゴという面白い組み合わせを眺めていました。
そんなこんなで、ダイビングは楽しめたのですが、上がってきたら、「スーツ破れてるよ」との指摘。
背中をさわってみると、肌の感触!
まだ新しいのに・・・
by diver813 | 2005-07-21 01:52 | Diving Log | Trackback | Comments(18)
#229 ミスジチョウチョウウオ
a0013160_052417.jpg
【和名】 ミスジチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon trifasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は長楕円形で強く側扁する。背鰭棘数が14本と多い。体色は黄色で、頭部には3本の黒色横帯、体側には細い青色縦帯が入る。尾鰭や尾柄部の模様は生息域により異なる。
【生態】
駿河湾以南の太平洋、東部インド洋に分布。珊瑚礁域を単独もしくはペアで活発に泳ぐ。ミドリイシ類のポリプを主食とし、成魚は小型藻類なども食べる。
【ひとこと】
頭に3本の黒い横帯が入るので「ミスジ」。学名も「3本の帯」という意味です。綺麗な楕円形の体形から、英名は"Oval Butterflyfish"。可愛らしい姿をしていますが、縄張りを持っていて、縄張りに他のミスジチョウチョウウオが侵入すると、くるくる回りながら攻撃します。
by diver813 | 2005-07-20 00:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2005.07 銭洲 The 1st Dive
a0013160_2381218.jpg
          海のど真ん中


Site 銭洲 ヒラッタイ~エビ根(西)
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 24℃
Entry 8:39
Exit 9:09
Dive Time 30min.


神津島の南西36kmにある、大陸棚から切り立つ岩礁群のポイント。魚が取れすぎるので「銭洲」です。
しかし、場所が場所なだけに、夜中の2時に家を出発、船の出港は朝5時、そこから約3時間船に揺られるという強行スケジュール。睡眠時間が足りません。
黒潮が直撃するので、流れが強く、回遊魚などの大物が期待できます。
なので、このツアーの参加条件は「経験本数100本以上」かつ「1ヶ月以内に潜ったことがある」人です。
船は釣船。水面までは2mほど距離があるので、足を揃えて飛び込む「フィートゥギャザー」という方法でエントリーします。流れではぐれないように、船の両舷からツアー参加者12人全員で一斉にエントリーする様子はなかなかの迫力。普通では体験できません。
こんなエキサイティングなツアーですが、海はベタ凪で、流れも緩やかでした。大物もあまり出てこないし、ウミウシを撮る余裕もあるぐらいでした。
まあ、1本目は様子見なので、2本目以降に期待です。
by diver813 | 2005-07-18 23:18 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#228 イソギンチャクモエビ
a0013160_0522734.jpg
【和名】 イソギンチャクモエビ
【学名】 Thor amboinensis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 1cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
第2胸脚の腕節は分節する。第三腹節の背部が盛り上がる。体色は緑褐色~赤褐色で、体には白色の円紋が入り、腹節には白色横帯が入る。触角や胸脚は淡褐色で、眼は白色。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋、カリブ海に分布。ハタゴイソギンチャクなど、大型のイソギンチャクなどを宿主にする。数匹で群を成すことが多く、宿主への依存度は低い。
【ひとこと】
白い斑紋には、微妙な濃淡があって、螺鈿細工のように光っているようで、なかなか綺麗。近づくとシャチホコのように尾を立て、腰をふりふりさせて踊ります。指し棒などを近づけると、ピンっと跳ねて、瞬間移動します。連続して瞬間移動する様子はまるで忍者みたいです。
正面から見た姿
by diver813 | 2005-07-14 00:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#227 フタスジタマガシラ
a0013160_195626.jpg
【和名】 フタスジタマガシラ
【学名】 Scolopsis bilineata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イトヨリダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は側扁し長卵形。吻端から背鰭後方にかけ、太い白色斜帯が入り、暗褐色で縁取られる。これと平行に頭部に2本の黄色線がある。白色斜帯より下方は白色。背鰭棘部は黄色。
【生態】
高知県以南の西部太平洋、東部インド洋に生息。珊瑚礁域の礁縁付近に生息し、単独または数匹で行動する。雌性先熟の雌雄同体。小魚や底生生物を食べる。
【ひとこと】
とても好奇心が強く、人にも寄ってきます。この写真の子も、カメラの前で「写真をとってくれ」といわんばかりにじっとしていました(おかげで狙った魚が撮れませんでした)。人懐っこいし、目も大きくてなかなか愛嬌があるのですが、普通にみかけるので、あまり人気がありません。
横から見た姿
by diver813 | 2005-07-13 01:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)