The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
#222 スベスベマンジュウガニ
a0013160_331145.jpg
【和名】 スベスベマンジュウガニ
【学名】 Atergatis floridus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 オウギガニ科
【甲幅】 4cm
【撮影地】 三浦 水深0.5m
【特徴】
体は横長の楕円形で滑らか。歩脚は偏平。体色は淡灰色や暗緑色、赤褐色と変異があり、背面に淡色の斑模様が入る。鋏脚指部は黒色。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域の潮間帯に生息する。雑食で、筋肉に毒を持つ。夜行性で日中は岩陰や転石の下に隠れる。産卵期は夏。
【ひとこと】
ダイビングよりも、磯遊びで見かけるカニです。食べたくなるような名前のカニですが、サキシトキシンという毒があるので食べれません。このサキシトキシンは特に歩脚の筋肉に多く含まれていて、食べると舌がびれて、お酒で酔っぱらったみたいになるそうです。
背中はこんなかんじ
by diver813 | 2005-06-30 03:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(11)
2005.04-05 Okinawa The 6th Day After Dive
a0013160_22255263.jpg
          最後の夜は、いつものお店。


沖縄最後の夜は親友二人と、その彼女・奥さんと「うりずん」で呑みました。おまけで母も。
このお店は「沖縄へ行くけど、いい店知らない?」と聞かれたときに、一番に教えるお店です。
やっぱり沖縄料理といえばちゃんぷるーなのですが、ゴーヤはシーズンではないので、そーめんちゃんぷるーを頼みました。
そして名物のどぅる天(田イモのコロッケのようなもの)はシイタケの香りが、眩暈がするほど芳ばしいのです(実はシイタケが苦手)。
口直しに大好物のイカ墨汁。これを食べに行っているというぐらいの逸品。具のイカの火の通し方も控えめて、こりっ、こりっ、と素敵な歯ごたえ。
沖縄の県魚、グルクンの唐揚げは、ホクホクの白身。
お腹がいっぱいになったら、スクガラス豆腐でちびちび島酒を飲んでいました。
学生の頃の馬鹿話をしたり、三線に合わせて歌を歌ったり、最終日という寂しさも忘れてしまう夜でした。
by diver813 | 2005-06-28 23:05 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
海洋生物学実習Ⅰ潮間帯生物の観察のお知らせ
a0013160_0113059.jpg
*磯オフのお知らせです。当日(8月6日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*参加者と配車予定を追加しました
*連絡をとったところ、「駐車場の予約は廃止したので、早い者勝ちです」と言われてしまいました。なので、少し早めに着くようにしたほうがいいかもしれません。
*いよいよあと一週間となりました。参加する方は連絡先などをメールしてください。こちらの連絡先を返信します。
*明日です。参加者はブログ見てないで早く寝ましょう。飛び入りも大丈夫ですよ。

内容詳細
by diver813 | 2005-06-28 00:15 | Study Room | Trackback | Comments(56)
#221 ヤマブキベラ
a0013160_13571783.jpg
【和名】 ヤマブキベラ
【学名】 Thalassoma lutescens
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 30cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は長楕円形、尾鰭の両端が後方へ伸長する。頭部に桃色の斑模様が入り、雌の体色は黄色で、雄は胸鰭の後ろから尾柄にかけて青みがかる。胸鰭基部が黄色く、先端が青い。
【生態】
和歌山県以南の太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域を、胸鰭を開閉させ活発に泳ぎ、底生生物や魚卵を食べる。雌性先熟の性転換をする。
【ひとこと】
珊瑚礁で最もよく見かける魚のひとつです。雄はオトメベラとよく似ていますが、ヤマブキベラは胸鰭の付け根が黄色く、その先は濃い青色なので、見分けることができます。雌は全身が鮮やかな山吹色で、名前も雌の姿に由来します。とても食いしん坊で、餌付けすると、真っ先にやって来るのはもちろん、砂を巻き上げただけでも集まってきます。
by diver813 | 2005-06-26 13:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2005.04-05 Okinawa The 6th Day The 3rd Dive
a0013160_1234063.jpg
          我輩の辞書に不可能の文字はない。


Site 粟国島 筆ん崎 3→2→1ノ根
Maximum Depth  18.2m
Water Temperature 23℃
Entry 14:19
Exit 15:03
Dive Time 44min.

ギンガメアジは他のチームに譲って、3本目は浅い所を堪能しました。
浅瀬にはあっちこっちにポットホールが空いています。
ガイドさんに
「遺跡だと思いますか?」
と言われましたが、
「窪みにはまった石が削ってできるんですよ。」
と夢のない答えをしてしまいました。
だってムー大陸が琉球にあったわけないし。
by diver813 | 2005-06-24 01:35 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
Reading Baton
a0013160_0285087.jpg
          いつもお世話になっています


TSUKUROI.のこうちさんからバトン返しです。

・お気に入りのテキストサイト(ブログ)
ランゲルハンス島の海
自分のブログが一番好き。自惚れです。馬鹿です。
皆さんのコメントを何度も読み返しては、ニヤニヤしています。

・今読んでいる本
「日本のサンゴ礁」日本サンゴ礁学会(編)
図も多くて、なかなか読み応えあります。

「美しい日本語のすすめ」美しい日本語について語る会
美しい日本語を話す人になりたいです。

「ジェネレーションY」日本経済新聞社(編)
Y語辞典がおもしろい。

・好きな作家
松岡達英
「冒険図鑑」「自然図鑑」「海辺のずかん」「森のずかん」・・・
野外活動・自然観察のバイブルです。

・よく読むまたは、思い入れのある本

「ねないこだれだ」せな けいこ
9時にねないと、おばけのせかいへ、つれていかれます。

「ジャンボ・ジェット機の飛ばし方」非日常研究会
いざと言う時に役立つはず。「戦場の歩き方」もおすすめ。

「立体で見る[星の本]」杉浦 康平・北村 正利
眼鏡をかけると、星が飛び出すので、近い星・遠い星があることを体感できます。

「NATIONAL GEOGRAPHIC」
雑誌ですがこれは外せません。日本版が出る前から愛読。写真を眺めるだけですが。

「高等学校 物理Ⅱ」宮本重徳 ほか6名
先生に頼まれ、実験を行う生徒として登場しちゃいました。

・この本は手放せません!
「日本産魚類大図鑑」益田 一・尼岡 邦夫・荒賀忠一・上野 輝彌・吉野 哲夫(編)
「日本の海水魚」岡村 収・尼丘 邦夫(編)
「世界の熱帯魚」益田 一・ジェラルドRアレン
「海水魚ガイドブック」大方 洋二
「フィールドベスト図鑑7 日本の海水魚」木村 義志
「ヤマケイポケットガイド⑧海水魚」吉野 雄輔
「ヤマケイポケットガイド⑯海辺の生き物」小林 安雅
「山渓フィールドブックス⑧海辺の生きもの」奥谷 喬司・楚山 勇
「フィールド図鑑 海岸動物」益田 一・林 公義・中村 宏治・小林 安雅(編)
「フィールド図鑑 造礁サンゴ」西平守 孝
「日本の海藻」中村 庸夫・田中 次郎
「沖縄のウミウシ」小野 篤司
「海の甲殻類」峯水 亮
「エビカニガイドブック」奥野 淳兒・加藤 昌一
「エビカニガイドブック②」奥野 淳兒・川本 剛志
「ナマコガイドブック」本川 達雄・今岡 亨・楚山 いさむ
これだけ図鑑があっても、載っていない生き物がまだまだいるのが面白い。

・次にバトンを渡すヒト3名
前回、ちょっと押し付けすぎたので、今回は参加したい人を募集することにします。
我こそは!と思う人はぜひご参加ください。

項目は

・お気に入りのテキストサイト(ブログ)
・今読んでいる本
・好きな作家
・よく読むまたは、思い入れのある本
・この本は手放せません!
・次にバトンを渡すヒト3名
by diver813 | 2005-06-23 00:34 | Trackback | Trackback | Comments(8)
#220 オオイカリナマコ
a0013160_231930100.jpg
【和名】 オオイカリナマコ
【学名】 Synapta maculata
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 無足目 イカリナマコ科
【体長】 150cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は円筒形で柔らかく、非常に長い。褐色~暗灰色の縦帯が5本入り、その間に白色斑や黒色斑が入る。触手は15本で、各20~30本の羽状小枝を持つ。
【生態】
与論島以南、中国、台湾、ニューカレドニア、マーシャル諸島、オーストラリアに分布。珊瑚礁域の砂地に生息する。
【ひとこと】
ナマコの体は骨片という、非常に細かい骨によって支えられています。そしてオオイカリナマコは、骨片が錨の形をしていて(顕微鏡写真)、肉眼で見えるほど大きいことから、この名前がついています。 この骨片は皮膚からはみ出していて、移動する際に体が滑らないように引っ掛ける役割もしています。触ってみるとネバネバしているように感じるのですが、これは、微小な骨片がひっかかるためです。
全身はこんな感じ
by diver813 | 2005-06-21 23:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
2005.04-05 Okinawa The 6th Day The 2nd Dive
a0013160_2242341.jpg
          まるでひとつの生き物


Site 粟国島 筆ん崎 1ノ根
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:31
Exit 13:15
Dive Time 44min.

2本目もギンガメ玉を追って1ノ根。
エントリーしてすぐに遭遇。しばらく、ギンガメ玉の周りをぐるぐる回って、サメの気分を味わっていました。こちらの動きにあわせて、「ざわっ」と波打つ群れは、まるでひとつの意思を持っているようです。
そして、今回カスミアジはナポレオン(メガネモチノウオ)に寄り添っていました。
by diver813 | 2005-06-20 22:48 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
ミュージック・バトン
a0013160_225887.jpg
          最近はオサレPOPをヘビーローテーション


飲茶天国のKURIinHKさんからバトンを受け取りました。
海の中で曲が浮かぶことはあまりないのですが、南の島に行くと真心ブラザーズの「エンドレスサマーヌード」が浮かびます。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
2.48GB
最近増えていません。

☆今聞いている曲
Melthing Holydaysの「cherry wine」とかcapsuleの「プラスチックガール」とかCymbalsの「Highway Star. Speed Star」とかオサレPOP。

☆最後に買った CD
capsuleの「NEXUS-2060」
ドライブにぴったりなポップミュージック。

☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

Boys Town Gangの「君の瞳に恋してる(Can't Take My eyes Off Of You)」
言わずと知れた名曲。Frankie Valleyのカバーだけど。
現在22アーティストのカバーを集めましたが、やっぱりBoys Town Gangがいちばん。

槇原敬之の「Love Letter」
歌詞がとても好き。一曲でひとつの物語になっています。

ミュージカルA Chorus Lineの「One」
小学生の頃に映画を見てから虜です。やっとブロードウェイで復活するとか・・・

岡村靖幸の「だいすき」
君がだいす~き、はぁの~海辺よりも、だいす~き甘~いチョコよりも。

ゴダイゴの「GALAXY EXPRESS 999」
英語の歌詞も暗記しちゃってます。

☆バトンを渡す 5 名

くらげねこの雑記帳のkuragenekoさん
カメラを構えて生き物を追いかける時のテーマソングはどんな曲なんでしょう?

水族館ふりーくのargon-lさん一時期頭の中をマイヤヒが回っていたようですが、今はどの曲がまわっているのでしょう?

赤えびエイトのsimarisu10さん文鳥も一緒に歌ってしまう、素敵な曲を紹介してください。

わに蔵の日記のwanizo64くん
小学5年生とは思えない、大人びた感性を持つわに蔵くん、果たして好きな曲は・・・

ほころびのこうちさん
大学時代、一緒にカラオケやってた頃から、聞く曲に変化はありましたか?

みなさん、気が向いたらこの企画に参加してください。

項目は

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
☆今聞いている曲
☆最後に買った CD
☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲
☆バトンを渡す 5 名
by diver813 | 2005-06-19 02:33 | Trackback | Trackback(2) | Comments(12)
2005.04-05 Okinawa The 6th Day The 1st Dive
a0013160_23265259.jpg
          向こうが見えない


Site 粟国島 筆ん崎 1ノ根
Maximum Depth  19.9m
Water Temperature 23℃
Entry 10:50
Exit 11:37
Dive Time 47min.

ベタ凪で風もないという好条件が揃ったので、粟国島までやってきました。
粟国島といえばギンガメアジの群れ。
一匹一匹が50cm以上と大きく、それが密に集まっているのでかなり圧巻です。
そして、群れの周りには赤い浮遊物(糞)も無数に、ゆらゆら漂っていました。
密な群れはギンガメアジだけではありません。ホソカマスの尖がった群れにも会うことができました。
でも、なぜかギンガメアジよりも、浮上の時に周りをずっと泳いでいたバラハタに寄り添うカスミアジの姿が印象に残りました。
by diver813 | 2005-06-17 23:45 | Diving Log | Trackback(1) | Comments(4)