The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
#216 オリビアシュリンプ
a0013160_0343243.jpg
【和名】 オリビアシュリンプ
【学名】 Saron sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
額角が発達し、その先端及び、頭胸甲から腹部にかけて、たてがみ状に剛毛束が生える。体色は乳白色で、橙色の雲紋模様が入る。胸脚に褐色の横縞が入る。
【生態】
インド洋の20m以深に生息。夜行性で、昼間は礁斜面の亀裂や岩孔に隠れる。活発に活動する夜には、体色が濃くなる。
【ひとこと】
サンゴモエビ属のエビには、雲紋模様が入ることが多いのですが、特にオリビアシュリンプは雲紋模様が目立ち、綺麗で人気があります。でも、残念ながら、この写真は正面からなので、ほとんど写っていません。
by diver813 | 2005-05-31 00:04 | 海洋生物図鑑
2005.04-05 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_11289.jpg
          ん?呼んだ?


Site 渡嘉敷島 タマルル
Maximum Depth  18.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:07
Exit 10:57
Dive Time 50min.

渡嘉敷島の北の端、義志布島との間のポイントです。
サンゴの根からエントリーし、お昼寝中のウミガメを眺めながらしばらく進むと、綺麗な砂地が広がっています。
砂地にはテンスなどの変わった魚や、目に見えないほど小さい貝、ヒラムシなどマニアックな生き物がたくさんいます。砂地に点在する根のひとつには、外套膜が稲妻のように光るウコンハネガイもいて、珍種好きには堪えられないダイビングでした。
by diver813 | 2005-05-30 02:06 | Diving Log
#215 アオスジテンジクダイ
a0013160_1392443.jpg
【和名】 アオスジテンジクダイ
【学名】 Apogon aureus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は側扁し体高が高い。体色は鮮やかな橙色で、尾柄部に幅広い黒色横帯が入る。吻部から眼を通る2本、口に沿って1本の青筋が入る。側線孔器が暗色の点列模様を成す。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋に分布。岩礁域・珊瑚礁域の岩穴や、サンゴの陰で数匹からなる群れを形成する。口内保育を行い、甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
魚には、体の側面に「側線」という水の流れを感じたり、音を感じる組織があります。この側線が暗い色になっているのがアオスジテンジクダイの特徴です。アオハナテンジクダイによく似ていますが、アオハナテンジクダイには尾鰭の付け根に黒い横帯が入らないので見分けることができます。
by diver813 | 2005-05-27 01:39 | 海洋生物図鑑
2005.04-05 Okinawa The 4th Day Befor Dive
a0013160_23434836.jpg
          ヌルヌル滑ります。足元注意!


早起きして、泊にある沖縄県漁連市場に遊びに行きました。
口を開け、状態がわかるように尾の肉が少し切られたマグロがずらっと並んでいます。
5:30ぴったりに競りが始まり、威勢のいい掛け声と、落札の笛の音が響き渡ります。
でも、ここで面白いのはマグロではありません。なんと言っても、亜熱帯独特の魚介が並んでいることです。
派手なシマハタ図鑑で紹介したバラハタ(シガテラ毒、大丈夫か?)、皮を剥かれたアバサー(ハリセンボン)、アイゴの稚魚スク、マグロ延縄にかかるアカマンボウなどの魚たちや、シャコガイ、そして、溢れんばかりのアサヒガニ
通いつめると、本当に珍しい生き物に出会えることもあります。
そして、マグロの解体の様子も見ることもできます。解体ショーとは違うので、瞬く間にばらされてしまいますが・・・
生きている海の生き物も面白いけれど、久しぶりだと、市場もすごく楽しい!
思わず、市場のブログを作りたくなってしまいました。
by diver813 | 2005-05-25 00:40 | Diving Log
#214 オオサルパ
a0013160_24149.jpg
【和名】 オオサルパ
【学名】 Thetys vagina
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 タリア目 タリア科
【体長】 15cm
【撮影地】 粟国 水深5m
【特徴】
体は樽形で寒天質からなり、透明。前後に入水口と出水口が開き、体を筋肉体が取り巻く。単独個虫が多いが、連鎖個虫も見られえる。
【生態】
世界各地の暖水域を中心に分布。漂いながら粘液質のフィルターで植物プランクトンを濾しとって食べる。単独個虫は連鎖個虫を出芽、連鎖個虫が有性生殖し、胎生で単独個虫を生む。
【ひとこと】
一見ビニール袋などのゴミに見えます。クラゲの仲間に思えてしまいますが、ホヤの仲間です。 いくつもの個体が繋がっている連鎖個虫群から、単独個虫が生まれて、単独個虫が連鎖個虫を生むというライフサイクルを辿ります。
by diver813 | 2005-05-24 02:02 | 海洋生物図鑑
2005.04-05 Okinawa The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_2116161.jpg
          あ~っ、そこそこ、きもちいー


Site 男岩
Maximum Depth  24.8m
Water Temperature 23℃
Entry 14:06
Exit 14:44
Dive Time 38min.

座間味島の北東にぽつんと出ている男岩(ウガン)。
釣りのポイントとしても有名です。
ちょっと沖に離れたポイントなので、なかなか魚影が濃い。
沖に面したポイントらしく、気持ちのいいドリフトダイビングでした。
by diver813 | 2005-05-21 21:15 | Diving Log
#213 ブチブダイ
a0013160_21293327.jpg
【和名】 ブチブダイ
【学名】 Scarus niger
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ブダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は長円形でやや側扁する。顎歯は癒合し、嘴状の歯板を形成する。体色は緑色で鰓穴上部に黄緑色の斑紋が入る。
【生態】
ハワイ諸島を除く琉球列島以南の太平洋、インド洋に分布。イシサンゴ群落がある礁斜面に生息し、ベラなどと混合群を形成する。小型藻類を食べる。
【ひとこと】
ブダイはどれも派手で、どれも同じように見えてしまいますが、ブチブダイは頭の後ろにある、明るい黄緑色の斑点が特徴です。ブダイは生まれた時から雄の一次雄と、雌から性転換した二次雄の両方がいる種類が多いのですが、ブチブダイの一次雄は見つかっていません。
by diver813 | 2005-05-20 21:28 | 海洋生物図鑑
2005.04-05 Okinawa The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_2358069.jpg
          ウミウシじゃないよヒラムシだよ


Site 渡嘉敷島 野崎北
Maximum Depth  15.4m
Water Temperature 23℃
Entry 11:55
Exit 12:45
Dive Time 49min.

渡嘉敷島の北西の、一本目のジヅルに近い場所ですが、こちらは穏やかなポイントで、まだサンゴが多く残っています。
のんびりダイビングだったので、じっくり、貝やヒラムシ、ヒトデなどを激写していました。
一緒に潜った人達は、きっと
「何であんなもの撮っているんだろう?」
と、疑問を感じていたに違いありません。
実際、
「どうせ撮るなら、綺麗な方がいいじゃん。」
と、言われてしまいました。
「まだ撮影していない生き物を撮りたい」ということを、理解してもらうのは難しいようです。
by diver813 | 2005-05-19 23:58 | Diving Log
#212 ツノザヤウミウシ
a0013160_2229820.jpg
【和名】 ツノザヤウミウシ
【学名】 Thecacera picta
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 フジタウミウシ科
【体長】 2cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は厚みがあり、半透明。鰓両側に指状突起が伸びる。頭部・尾部の両側、触覚鞘、指状突起に黒色線が入る。触覚、触覚鞘、指状突起の先端は橙色。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。砂地に生息し、コケムシ類を食べる。
【ひとこと】
ちょっと角ばっているウミウシです。黒色線がつながらず、点になっている、ミズタマウミウシとよく似た個体もいます。見分けるポイントは腰から伸びている指状突起で、指状突起は触手と同じくらいで短めなのがミズタマウミウシ、明らかに長いのがツノザヤウミウシ。
by diver813 | 2005-05-18 22:28 | 海洋生物図鑑
2005.04-05 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_1355179.jpg
          ぎゅーん


Site 自津留島 ジヅル
Maximum Depth  22.9m
Water Temperature 23℃
Entry 10:08
Exit 10:57
Dive Time 49min.

渡嘉敷島の北にある自津留島のポイント。
北端に位置しているので、潮当たりが強く、回遊魚の通り道になっています。
しかし、結局大物は現れず。
見えるのはオニヒトデばかりで、食べられて白化してしまったサンゴが、そこかしこにありました。なのに、今回もオニ退治できず。
自然が相手なので、毎回素晴らしい体験ができるとは限りません。こういうこともあります。
でも、浮上前に、安全停止しながら沖出ししている時にウミガメがやってきてくれました。
by diver813 | 2005-05-18 01:35 | Diving Log