The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
#206 トックリガンガゼモドキ
a0013160_2361798.jpg
【和名】 トックリガンガゼモドキ
【学名】 Echinothrix calamaris
【分類】 動物界 棘皮動物門 海胆綱 ガンガゼ目 ガンガゼ科
【殻径】 7cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
長く太い棘と、短く細い棘持つ。長く太い棘は縞模様があり、先端は尖らない。発達した肛門は、半透明の白色で、小白点が密に入り、小黒点がまばらに入る。
【生態】
房総半島以南、太平洋・インド洋に分布。礁池など、珊瑚礁域の浅所に生息する。夜行性で、昼間は石の下やサンゴの影に隠れる。テンジクダイの幼魚などの隠れ家になる。
【ひとこと】
ミラーボールのような肛門を持っています。これを徳利に見立てて、この名前がついたらしい。この肛門は柔らかくて、いつも水に揺られています。長い棘は先が尖っていないからといって、油断すると、短い棘にやられるので注意。
小さくても肛門はオトナ
by diver813 | 2005-04-27 23:12 | 海洋生物図鑑
#205 サザナミハギ
a0013160_23563746.jpg
【和名】 サザナミハギ
【学名】 Ctenochaetus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は側扁し、体長は体高の1.5倍。体鱗は小さく、後縁に櫛状小突起がある。顎歯は細長くブラシ状。色彩変異が激しい。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動し、ブラシ状の歯で、付着藻類やデトリタスを食べる。
【ひとこと】
コクテンサザナミハギによく似ていますが、サザナミハギは頭部に散在する橙色点が頬にはないこと、背鰭と臀鰭の付け根の後端に黒点がないことで区別することができます。シガテラ毒を持つことがあるので、食べない方が無難。
by diver813 | 2005-04-26 23:56 | 海洋生物図鑑
#204 ゼニガタフシエラガイ
a0013160_1251961.jpg
【和名】 ゼニガタフシエラガイ
【学名】 Pleurobranchus forskalii
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 背楯目 カメノコフシエラガイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は楕円形で平たく、背面に外套膜で覆われた背楯を形成する。触角は筒状に巻かれる。色彩変異が著しく体色は淡褐色~赤紫色で、白色や暗褐色の亀甲模様が入る。
【生態】
房総半島以南、西武太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の浅い砂地に生息する。夜行性で、日中は砂中に隠れる。
【ひとこと】
夜行性のウミウシで、昼間はあまりお目にかかることができません。背楯目のウミウシは鰓が体の右側にあります。なので二次鰓がなく飾り気がないので、可愛くありません。でも、透明感があるゼリーのような大きな体はなかな綺麗です。
by diver813 | 2005-04-26 01:25 | 海洋生物図鑑
#203 ミカドチョウチョウウオ
a0013160_1584229.jpg
【和名】 ミカドチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon baronessa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は非常に強く側扁し、背鰭、臀鰭の中部が高く、体は三角形。体にはくの字型の黄色横縞が入り、頭部には2本の暗色横帯が入る。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋、グレートバリアリーフ、ソロモン諸島、フィジーに分布。珊瑚礁の内湾や礁池に生息する。ミドリイシ類のポリプを好んで食べる。
【ひとこと】
ミカドチョウチョウウオのミカドは、帝ではなく三角で、体型に由来しています。インド洋に生息するトライアングラーバタフライフィッシュとよく似ていますが、トライアングラーバタフライフィッシュは尾鰭を全体を黄色い縁取りが三角形に囲むので見分けることができます。
by diver813 | 2005-04-23 01:58 | 海洋生物図鑑
#202 ゴウシュウマルカイメン
a0013160_0541310.jpg
【和名】 ゴウシュウマルカイメン
【学名】 Craniella australiensis
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿網 螺旋海綿目 マルガタカイメン科
【高さ】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は球状で表面に円形の窪みが開く。体を支える骨格は海綿質繊維のスポンジンで形成され、弾力がある。体色は黄色。
【生態】
房総半島以南に分布。水深10m付近の岩に着生する。海水とともに吸い込んだ、有機物から栄養を得る。
【ひとこと】
まるで犬用のボールみたいです。カイメンは鞭毛という細かい毛を持った細胞が水流を起こし、表面の細かい穴から水を吸い込んで、大きな穴から、水を吐き出しています。なので、このカイメンも、大きな穴の部分は黄色いい体色が見えていますが、それ以外の水を吸い込む部分にゴミが付着しているのです。
by diver813 | 2005-04-22 00:56 | 海洋生物図鑑
#201 バラハタ
a0013160_2153127.jpg
【和名】 バラハタ
【学名】 Variola louti
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、尾鰭は三日月型で後縁が深く湾入する。体色は赤褐色や暗褐色など、変異が多く、体には無数の小斑点が入る。背鰭、臀鰭、尾鰭の後縁は黄色い。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、インド洋の外縁に生息する。行動範囲が広く、活発に泳ぎ、肉食性で魚類や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
ほかのハタと違い、尾鰭が三日月形なのが特徴です。オジロバラハタとよく似ていますが、オジロバラハタの尾鰭の後縁は白く、白い部分の幅も狭いため区別することができます。ハタというだけあって、美味しいらしく、実際漁獲され、食用にされています。しかし、シガテラ毒を持つ場合もあるので、あまりおすすめしません。
by diver813 | 2005-04-20 21:53 | 海洋生物図鑑
#200 スナホリガニ
a0013160_1113293.jpg
【和名】 スナホリガニ
【学名】 Hippa pacifica
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 スナホリガニ科
【甲長】 2.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0m
【特徴】
甲は卵型で、額は2葉。第1脚は棍棒状で鋏を持たず、毛が密生する。歩脚の先端はヘラ状。尾節は長い二等辺三角形。体色は白色~淡灰色で、不規則な褐色の模様が入る。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋・インド洋に広く分布。砂浜に生息し、潮の干満に合わせ、波打ち際を移動し、干潮時は砂に潜り潮が満ちるのを待つ。第1脚に生える毛で有機物を集める。
【ひとこと】
卒論のテーマにも選んだ大好きな甲殻類です。とても「ひとこと」では語りつくせません。いわゆる南の島のビーチに住んでいて、波打ち際ではしゃぐ人の足元を、ちょこまかと泳いでいます。とは言っても、サラサラの砂の場所にはあまりいなく、少し砂の粒が大きい所にいます。ちなみに、極めると砂を踏みしめる音で、いるかどうかわかるようになります。ハサミを持っていないので、どなたでも安心して遊べます。近縁のミナミスナホリガニは第1脚がやや平たいこと、体に生える毛の密度が濃いことで区別することができます。
上から見た姿
抱卵中(腹側)
動画(mpeg 1.01MB)潜るの速いよ
スナホリガニについてはこちらのログもどうぞ。
by diver813 | 2005-04-17 01:16 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The Last Day
a0013160_018445.jpg
          また来るぞ!


あっという間に最終日。
いつも海外ツアーでは、何かハプニングが起こるのですが、今回は初日に飛行機に乗り遅れたメンバーがいたものの、その後は特に何もトラブルが起こりませんでした。
でも去年のようなこともあるし、最後まで気を抜くことはできません。
海外ツアーが、これで終わるはずがない・・・
と、ひとり身構えていたのですが、結局その後はスムーズで、みんな無事帰れたようです。ちぇ。
思い返してみると、今年のフィリピンは海の中より、食べ物が印象に残るツアーでした。
by diver813 | 2005-04-16 00:17 | Diving Log
#199 グルクマ
a0013160_22114477.jpg
【和名】 グルクマ
【学名】 Rastrelliger kanagurta
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 サバ科
【体長】 30cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は側扁し、長楕円形で尾鰭は二叉型。体の背側には黒班が並ぶ。口は大きく開き、長い羽毛状の鰓耙は数が多い。
【生態】
沖縄以南の西部太平洋・インド洋の熱帯・亜熱帯域に分布。沿岸の表層に生息し、群れで活発に泳ぐ。
【ひとこと】
表層近くを、光を反射しながら大群で泳ぐ姿は、なかなか見ごたえがあります。一斉に口を大きく開いて、餌を食べている姿は、鰓の一部で、食べ物を濾しとる役割をする、鰓耙がよく見えてなかなか面白いです。日本では沖縄ぐらいしか漁獲されていませんが、東南アジアでは、水産上の重要種です。
by diver813 | 2005-04-14 22:14 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The 4th Day After Dive
a0013160_0243413.jpg
          こんがりジューシー!


フィリピン最後の夜。
数ヶ月間のロングステイしていた、仲間のインストラクターの送迎会をしました。
祝いの席のメイン料理は、ショーパオに続き、祝い事びっくり料理第二弾レチョン(豚の丸焼き)です。
実はこの豚、朝まで生きていました。
それを、今日の1本目と2本目のダイビングの間に〆て、じっくり8時間、遠火でぐーるぐーる焼いていたのです。
豚を絞めたのは、わが師匠。
さすが!ためらいも無く、スムーズに絞めていました。
でも、スムーズとは言っても、豚はまったく苦しまないわけではありません。
実際に屠殺する現場を見て、「食べる」という行為が、どのようなことか、改めて実感できました。
そんなありがたいレチョン、肉は美味しかったです。
でも、皮はちょっと硬すぎるし、脂がすごすぎ。
なので、途中からはこっそりロースに専念していました。
サービスのスタッフたちと楽しく食事をしたり、カラオケで、まったく知らないタガログ語の歌を歌わされたりしているうちに、レチョンはすっかり無くなっていました。
by diver813 | 2005-04-14 00:28 | Diving Log