The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
#192 ウミウシカクレエビ
a0013160_22444756.jpg
【和名】 ウミウシカクレエビ
【学名】 Periclimenes imperataor
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
第2胸脚の腕節は分節せず、額角に関節はない。尾節後縁の棘は3対。体色は紫色~橙色と変異があり、背面の小白斑からなる模様は様々であるが、歩脚は紫色。
【生態】
伊豆半島以南、西武太平洋・インド洋に分布。ミカドウミウシや、オオイカリナマコ、バイカナマコ、ジャノメナマコなどを宿主にする。
【ひとこと】
隠れる気がないのでは?と思うほど綺麗なエビです。ウミウシカクレエビという名前なのに、ウミウシよりもナマコに付いている個体を多く見かけます。色や模様は様々で、別種かと思ってしまいますが、ナマコやウミウシについているのは、ほとんどこのウミウシカクレエビです。ちなみにこの個体の宿主はオオイカリナマコです。
by diver813 | 2005-03-31 22:45 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The 3rd Day The 4th Dive
a0013160_2131955.jpg
          懐中電灯の明かりが頼りです。


Site カテドラル→イーグルポイント
Maximum Depth  11.8m
Water Temperature 26℃
Entry 19:35
Exit 20:22
Dive Time 47min.

久しぶりのナイトダイビング。
新装備のフラッシュライト(肩でピコピコ光るのです)が大活躍。
おかげで、バディとはぐれることがありません。
ライトを消して手を振ると、暗闇の中に夜光虫が光って綺麗なのですが、とても写真で撮ることはできませんでした。残念。
by diver813 | 2005-03-30 20:45 | Diving Log
日本ブログ大賞2005海洋生物図鑑部門大賞受賞しました
a0013160_058054.gif
          今日は嬉しいことづくしです。


日本ブログ大賞2005の海洋生物図鑑部門大賞をいただきました。
くらげねこの雑記帳のkuragenekoさんや、見学に行ってきた。のpirori:open_eyeさんも受賞されています。
ランゲルハンス島の海ももうすぐ一周年。
これからもよろしくお願いいたします。
by diver813 | 2005-03-30 00:58 | Trackback
エキサイトブログ1周年記念プレゼント当選しました
a0013160_0224256.jpg
          ごちそうさまでした。


「エキサイト社長・山村幸広とお寿司」を食べに行ってきました。
どんな方々が集まるのか、緊張していましたが、席についた瞬間から、山村さんの質問攻めにあい、すぐ打ち解けることができました。
そして、隣に座っていた女性のアクセサリー、
「なんか見覚えあるな・・・」
と、思っていたら55aiaiさんではないですか!
まさかこんな所でお会いするとは・・・
そして、全員が揃った所で宴の始まり。
とうとう生で見ました。全員が一斉にカメラを構える姿。おもしろすぎ!!
約束どおりトロも食べ放題でした。
メンバーは、
エキサイト社長、山村幸広のインターネットブログのyamamura2004さん
蔵日記のshochuyaさん
まいにち酒飲みのkasumixさん
私の乗務日誌余話のjoyyamaさん
スローライフでいこう。のekla-cafeさん
じぶん日記の55aiaiさん

yamamura2004さんはクダゴンベのような方。
にこにこしているのですが、どこかすまし顔。そして、可愛げがある気さくな方でした。
>yamamura2004さん
ご馳走様でした!水中写真、しっかり分類してからお送りします。お子さんの英才教育にお役立てください。

shochuyaさんはイボイソバナガニのような方。
物静かですが、家族と蔵をしっかり抱きかかえ守っている強さが伝わってきました。
>shochuyaさん
素敵なお土産をいただいた上に、いろいろ人生相談まで聞いていただいて恐縮です。これからも美味しいお酒を造ってください。

kasumixさんはハナミノカサゴのような方。
どんな相手にも動じず、どんと構えてお酒を呑む、かっこいい方でした。
>kasumixさん
またみんなで集まりたいと言ったの、本音ですよ。みんなではなく、サシでもいいっす。呑み相手が欲しいときは声をおかけください。

joyyamaさんはオヤビッチャのような方。
この方がいるだけで、雰囲気が明るくなります。出発進行!
>joyyamaさん
何度も注いでいただいたお酒、最高に旨かったです。三浦海岸まで連れて行ってくださいね。ドレミファインバーター最高!

ekla-cafeさんはヒトデヤドリエビのような方。
穏やかで、かわいらしく、独特のなごみオーラを放っていました。
>ekla-cafeさん
今回はあまりお話できませんでしたね。八重山話するの忘れてました。今度はもっとお話しましょう。

55aiaiさんはミゾレウミウシのような方。
アクセサリーも綺麗ですが、それ以上に素敵な透明感がある、快活な、聞き上手な方でした。
>55aiaiさん
本当に今日会えたことが驚きでした。色々お話聞いていただいて楽しかったです。それでもまだ話し足りないことがあるので、また、んまいもの食べに行きましょう。

みなさん、エキサイトスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
もしかしたら・・・もしかしなくとも、ダイビングより楽しかったです。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

メンバーのお寿司レポート
shochuyaさん山村社長とお寿司の会 裏話
kasumixさん社長さんとお鮨屋さんでデート
joyyamaさん神泉「小笹」訪問記。完結!!。
ekla-cafeさん山村社長と、お寿司。
55aiaiさん「エキサイト山村社長とのお寿司が当選しました!」


追記
当日に酔って書いていたため、大幅に記事を修正しました。
紹介を忘れてしまった方もいる始末。
みなさん、大変失礼しました。本当にごめんなさい。
by diver813 | 2005-03-30 00:19 | Trackback
#191 アカスジウミタケハゼ
a0013160_23193022.jpg
【和名】 アカスジウミタケハゼ
【学名】 Pleurosicya micheli
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 2cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は細長く吻部がやや突出し、眼は上を向く。体は半透明で、赤色縦帯は吻端から眼を通り、尾鰭下半部に達する。
【生態】
愛媛県以南の西部太平洋・インド洋の珊瑚礁に生息する。葉状や塊状のイシサンゴの上に乗る。
【ひとこと】
ミズタマサンゴに乗っているのをよく見かけます。セボシウミタケハゼとよく似ていますが、セボシウミタケハゼは第一背鰭の基部付近に黒斑が入ることで区別・・・できません。小さいのでそこまで見えないし、近づくとサンゴの影に隠れてしまうのです。しっかり写真で特徴を写してくるぐらいしか方法はないようです。
by diver813 | 2005-03-28 23:19 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The 3rd Day The 3nd Dive
a0013160_2211190.jpg
          興奮すると綺麗な模様が浮き出ます


Site ソンブレロ コーラルガーデン
Maximum Depth  20.7m
Water Temperature 26℃
Entry 11:41
Exit 12:28
Dive Time 47min.

コーラルガーデンという名前の通りサンゴがとてもたくさん。
大きいものだと、直径3mほどのテーブルサンゴもあったりします。
ゆる~い流れに乗りながら、色々なサンゴを眺めていると、かわいいヒョウモンダコに遭遇。
みんなに教えてあげたら、「マクロハンター」の名を持つガイドさんに、
You have good eyes.
と褒められました。うれし~。
by diver813 | 2005-03-26 02:11 | Diving Log
#190 クラベラの一種
a0013160_205894.jpg
【和名】 クラベラの一種
【学名】 Clavelina sp.
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 マメボヤ目 ヘンゲボヤ科
【体高】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
個虫は筒状。体色は鮮やかな青で、入水口、出水口は黄色く縁取られる。表面はなめらか。よく似るワモンクラベラは体が半透明。
【生態】
西部太平洋の珊瑚礁域に生息す群体性のホヤ。吐き出される水流に合わせ出水口が星型に窄む。
【ひとこと】
ホヤにはクラベラやチャツボボヤなど群体性とニシキボヤや食用のマボヤなどの単体のものがいます。群体は個虫が分裂・出芽などの無性生殖で増殖して作られています。
by diver813 | 2005-03-25 02:01 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_1164414.jpg
          ウミガメはウサギより速いと思う


Site バフラ
Maximum Depth  34.4m
Water Temperature 26℃
Entry 9:59
Exit 10:48
Dive Time 49min.

朝ごはんの後は、ボートに乗ってバフラへ。
エントリーしてしばらくするとウミガメが登場。
遊んでもらおうとしたのですが、逃げていってしまいました。残念。
やや深い場所に行くと黄色いナマコがいっぱいいます。このナマコ、実は去年から正体がわからないんです。
ウミガメを追いかけたり、ナマコに首を傾げたり、パンチされないぎりぎりの距離でモンハナシャコの写真を撮ったりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
by diver813 | 2005-03-24 01:52 | Diving Log
#189 コンゴウフグ
a0013160_326760.jpg
【和名】 コンゴウフグ
【学名】 Lactoria cornuta
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 ハコフグ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は骨板でできた箱で覆われ、体の横断面は5角形。眼の前方及び腹部後方に一対ずつ、4本の長い棘がある。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁、岩礁域の水深50m以浅に生息する。危険を感じると皮膚から粘液毒出す。
【ひとこと】
ウミスズメに似ていますが、コンゴウフグの方が、棘が長いのですぐわかります。この棘を仏具の金剛杵に見立ててこの名前がつけられています。皮膚の毒はパフトキシンと言って、いわゆるフグ毒のテトロドトキシンとは違って、人にはほとんど影響は弱い毒ですが、水槽などで出されると、一緒に飼育している魚が死んでしまったりします。
by diver813 | 2005-03-23 03:27 | 海洋生物図鑑
2005.03 Philippine The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_0402865.jpg
          ヘリコプターが沈められています


Site アニラオビーチ
Maximum Depth  28.4m
Water Temperature 26℃
Entry 7:17
Exit 8:21
Dive Time 64min.

朝飯前にビーチダイブ。漁礁にバラクーダがいるという情報を聞いて、行ってみたのですが、残念ながら会えませんでした。
漁礁を一回りした後は、砂地を横切って、サンゴ群落へ。朝から泳ぎすぎです。ガサゴソ小物を探していたら、イソギンチャクが引っ込んでしまって、残されたオシャレカクレエビ困った顔をしていました。
by diver813 | 2005-03-22 00:45 | Diving Log