The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
#181 ミゾレチョウチョウウオ
a0013160_21580.jpg
【和名】 ミゾレチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon kleinii
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 13cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
形態に顕著な特徴はない。体の後半は黄色く、前半は白い。頭部に眼を横切る黒色横帯が入り、その後方に不明瞭な暗色横帯が入る。背鰭と臀鰭の後端が白く縁取られる。
【生態】
千葉県以南、東アフリカ~ハワイ諸島のインド洋・太平洋、紅海に分布。潮通しのよい珊瑚礁域に生息。単独、ペア、群れ行動し、サンゴのポリプ、底生小動物、付着藻類を食べる。
【ひとこと】
夏には伊豆にも黒潮に乗って現れますが、冬を越すことができずに死んでしまいます。このような魚を死滅回遊魚と呼びます。夏場に、普段見かけない南の魚を見ると、ちょっと嬉しくなったりしますが、冬のことを考えると、かわいそうで、素直に喜べません。
by diver813 | 2005-02-25 02:02 | 海洋生物図鑑
#180 ヒトデヤドリエビ
a0013160_1215711.jpg
【和名】 ヒトデヤドリエビ
【学名】 Periclimenes soror
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
第1、第2胸脚に鋏をもち、第2胸脚の腕節は分節しない。額角は不動で、尾節後縁の棘は3対。体色は宿主により変化し、色彩変異が激しいが、歩脚は透明。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋の珊瑚礁域に分布。アオヒトデをはじめ、様々な種類のヒトデを宿主とする。ヒトデの歩帯溝に潜み、単独、もしくはペアで行動する。
【ひとこと】
通称ウルトラマン。とても小さいエビですが、ヒトデの裏側の溝という決まった場所にいるので、ヒトデを片っ端からひっくりかえせば、結構簡単に見付けられます。宿主によって色と模様がかなり変化し、この写真のような、白い縦線が入る個体から、黒い個体白い個体と、あまりにも違うので、以前は別種にされていたほどです。
by diver813 | 2005-02-24 01:38 | 海洋生物図鑑
#179 エリグロギンポ
a0013160_1434532.jpg
【和名】 エリグロギンポ
【学名】 Crossosalarias macrospilus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 7cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
身体は細長く、頭部が大きい。背鰭に欠刻がなく、背鰭棘が長い。下顎管、前鰓蓋管の開孔部に皮弁がある。背鰭基部に黒色の皮弁がある。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋に分布。珊瑚礁の礁池、礁斜面、礁縁部に生息し、岩やサンゴに生える付着藻類を食べる。危険を感じると岩穴などに隠れる。
【ひとこと】
一度穴に逃げ込むと、なかなか出てきませんが、全身が見えているときよりも、穴から顔を覗かせている時のほうが、かわいいとおもいます。背鰭の前に黒い斑紋と皮弁があるので、他のイソギンポの仲間と区別することができます。
by diver813 | 2005-02-22 01:44 | 海洋生物図鑑
#178 クロエリナマコ
a0013160_21235162.jpg
【和名】 クロエリナマコ
【学名】 Personothuria graeffei
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 30cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は円筒形で両端は丸い。乳白色の地で、小黒点が散在し、歩帯に沿って褐色斑が入る。背面の疣足は白色。口は下方に開き、触手は25本で大きく、先端が白く側面が黒い。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、紅海、オーストラリアに分布。20m以上浅の礫地や珊瑚礁域、岩礁域に生息する。
【ひとこと】
最近までジャノメナマコ属とされていたため、学名はBohadschia graeffeiだったのですが、この種を元に新属が提唱されました。和名もいろいろあって、以前の図鑑ではクロテナマコと書いてあることが多く、オハグロナマコとも呼ばれているようです。これらの名前のとおり、触手が黒いのですが、残念ながら、この写真にはその触手が写っていません。
by diver813 | 2005-02-19 21:25 | 海洋生物図鑑
#177 ハダカハオコゼ
a0013160_0565422.jpg
【和名】 ハダカハオコゼ
【学名】 Tanianothus triacanthus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 10cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側扁し、背鰭が大きい。鼻孔と眼の上に大きな皮弁があり、吻部、下顎、背鰭前部、側線部に小さな皮弁がある。体色は白色紫色黄色、桃色など様々。
【生態】
高知県以南の太平洋、インド洋の珊瑚礁外縁の浅場に生息する。珊瑚や岩の上や岩のくぼみなどに着底している。背鰭の棘に毒を持つ。表皮が剥がれ落ちる脱皮をする。
【ひとこと】
ハオコゼと言うだけあって、本当に薄っぺらく英語ではPaper fishと言います。じっとしているし、面白い姿をしているので、被写体として人気があります。ツマジロオコゼに似ていますが、ハダカハオコゼは体高が高く、背鰭の縁が滑らかではないので、見分けることができます。
by diver813 | 2005-02-16 01:22 | 海洋生物図鑑
#176 シロアザミヤギ
a0013160_1295828.jpg
【和名】 シロアザミヤギ
【学名】 Echinomuricea cf. spinifera
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ヤギ目 フタヤギ科
【高さ】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深25m
【特徴】
群体は白く、弾力がある。枝分かれは群体の下部で起こり、枝は幹に対し、ほぼ垂直に出る。ポリプは群体の全面に均一につく。
【生態】
相模湾に分布、潮通しのよい岩礁域の水深20m~50mに生息する。岩に固着し、海中を漂うプランクトンを食べる。
【ひとこと】
こんな形で「アザミ」なんて名前が付いていますが、これも植物ではなくて、動物です。ヤギの仲間は体を支えるために、体の中に骨片というとても小さな骨を持っています。そして、分類はこの骨片の形や並び方でされているので、見た目では、なかなか種を特定できません。
by diver813 | 2005-02-15 01:31 | 海洋生物図鑑
2005.2 機材講習会
a0013160_14572381.jpg
         意外と部品の数は少ないんです。


今日は機材講習のアシスタント。
機材をオーバーホールしつつ、その構造を説明したり、プロでも勘違いしている誤解を訂正したりと、普通とはちょっと違う講習です。
例えば、同じ10㍑のアルミタンクとスチールタンクでは、アルミタンクの方が重いとか、銅に付着する青い錆び(緑青)は、実は無害ということとか、意外と知っている人は少ないんです。
写真は、タンクに接続するファーストステージという、タンクの空気の圧力を呼吸用に調整する機材です。
自分の機材がどんな構造かわかると、トラブルの原因が予想できるようになるし、オーバーホールがどういうことをするのか、なぜ必要なのか、ということがわかります。
by diver813 | 2005-02-12 14:58 | Diving Log
#175 ナミダクロハギ
a0013160_1321195.jpg
【和名】 ナミダクロハギ
【学名】 Acanthurus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は円盤状で、強く側扁する。体は黒色で、胸鰭、臀鰭基部及び、尾柄部が黄色い。眼下部の白色斑は上顎に達する。
【生態】
奄美大島以南~台湾、西沙諸島に分布。珊瑚礁域の礁斜面や礁湖に生息する。単独で行動することが多く、藻類を食べる。
【ひとこと】
メガネクロハギとよく似ているので最近まで、一緒にされていました。メガネクロハギは眼の下の白斑が上顎まで達しないこと、尾柄に明瞭な黄色い縦線が入ることで、見分けることができます。また、分布域も違って、ナミダクロハギは奄美大島より南に生息しますが、メガネクロハギは高知県以南に生息します。
by diver813 | 2005-02-11 13:03 | 海洋生物図鑑
#174 コユビミドリイシ
a0013160_1505167.jpg
【和名】 コユビミドリイシ
【学名】 Acropora digitifera
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
コリンボース型(散房花型)もしくは指状の群体を形成するハードコーラル。枝はやや細い指状。褐色、黄褐色、紫色、青色など、色彩は様々。枝の先端の頂端ポリプは大きい。
【生態】
沖縄以南に分布し、波当たりのよい礁縁部に覆い。で見られる。大潮干潮時に干出する場所にも大きな群落を形成する。
【ひとこと】
珊瑚礁には、防波堤のように、外側を取り囲む「礁嶺」という地形がありますが、この礁嶺を形作った代表的なサンゴがこのコユビミドリイシと、オヤユビミドリイシです。これらのサンゴが、波を和らげ、海のゆりかごを守っているのです。
by diver813 | 2005-02-10 01:51 | 海洋生物図鑑
#173 ヨスジフエダイ
a0013160_0504881.jpg
【和名】 ヨスジフエダイ
【学名】 Lutjanus kasmira
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は側扁し、体高はやや高い。体色は黄色で、体側に青色縦帯が4本入る。胸鰭上縁が黒く、背鰭は10~11棘14~15軟条、臀鰭は3棘8軟条。個体により背に黒斑が入る。
【生態】
南日本以南の西部太平洋・インド洋の亜熱帯~熱帯域に分布。沿岸の岩礁域・珊瑚礁域に群れを成して生息する。貪欲で口に入るものなら何でも食べる。
【ひとこと】
正面から見た顔に、漫画の泥棒みたいな髭模様があるので、「ぬすっと」と呼んだりします。ロクセンフエダイと似ていますが、青い縦縞の数で区別することができます。食用ですが、あまり市場に出回ることはありません。見は白身で淡白ですが、塩焼きとかは結構いけます。
by diver813 | 2005-02-08 00:50 | 海洋生物図鑑