The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
#171 キンメモドキ
a0013160_23585432.jpg
【和名】 キンメモドキ
【学名】 Parapriacanthus ransonneti
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタンボ科
【体長】 5cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は側扁し、体高は低い。体色は半透明の黄褐色。背鰭は3棘20~21軟条で一基。側線は尾鰭基部で終わり、胸部と肛門の前方に発光腺を持つ。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋の岩礁域、珊瑚礁域に生息。夜行性で、昼間は岩穴やサンゴの陰で密な群れを形成する。夜は岩穴を出て甲殻類などを捕食する。
【ひとこと】
一匹一匹は小さいですが、大群になると、なかなかの見ごたえがあります。スカシテンジクダイと似ていますが、やや黄みがかっていて、背鰭が1つなので区別できます(スカシテンジクダイは背鰭が2基あります)。キンメモドキを狙って、やってきた捕食者がいる時は耳を澄ませましょう。捕食した瞬間に出る「ボッ」という音が聞こえるかもしれません。
by diver813 | 2005-01-31 23:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#170 ニッポンウミシダ
a0013160_1032985.jpg
【和名】 ニッポンウミシダ
【学名】 Oxycomanthus japonica
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 クシウミシダ科
【腕長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
櫛状体があり、腕は約40本。濃紫褐色の個体が多いが、赤褐色や橙色など色彩変異が激しい。羽枝の先端は黄色。
【生態】
房総半島・佐渡以南~九州の岩礁域に生息。夜行性で、日中は岩の隙間に潜む。腕は自切しやすく、再生力は強い。水中を漂うプランクトンを食べる。腕を交互に振って泳ぐことがある。
【ひとこと】
日本に生息する約100種類のウミシダの中で、最も多く見かけるウミシダです。なにがきっかけかはわかりませんが、9月の上弦または下弦の午後に一斉に放卵・放精をします。卵はピンクっぽく、精子は白っぽい。触るとべとべとしていて、痒くなることがあり、ウエットスーツに紫色の汚れがついたりします。
by diver813 | 2005-01-30 10:32 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#169 ハタタテシノビハゼ
a0013160_037258.jpg
【和名】 ハタタテシノビハゼ
【学名】 Ctenogobiops tangoroai
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 5cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
第1背鰭の第1棘と第2棘が著しく伸長し、倒すとその先端が尾柄部またはそれよりも後方に達し黄褐色。体は半透明で、白点や褐色斑が入る。鰓孔は広く、目の後縁に達する。
【生態】
琉球列島、グアム、サモアに分布。珊瑚礁外縁部の水深10~30mの礫底に生息する。テッポウエビと共生し、肉食性で底生動物を捕食する。
【ひとこと】
シノビハゼ属では最も深いところに分布する種類です。ぱっと見は地味ですが、よく見るとなかなか綺麗なハゼです。テッポウエビが掘った穴を使わせてもらう換わりに周囲を警戒し、危険が迫ると、尾鰭を振って、テッポウエビに知らせます(テッポウエビはあまり目が良くないので)。写真の共生しているテッポウエビには、まだ名前が付いていません。
by diver813 | 2005-01-27 00:38 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#168 ゼブラガニ
a0013160_23572671.jpg
【和名】 ゼブラガニ
【学名】 Zebrida adamsii
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヒシガニ科
【甲長】 2cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は六角形で、両眼の上と甲の側部から前方に棘が伸びる。甲の背面は平ら。体色は白い地に褐色の縦縞。
【生態】
東京湾以南~インド、オーストラリアに分布。イイジマフクロウニラッパウニに寄生し、歩脚の前節と指節でウニの棘をはさむ。宿主の棘を食べる。
【ひとこと】
身を守ってくれる住処が食べ物という、すごいところに住んでいるカニです。宿主のウニは、棘が食べられるだけで、何もいいことはありません。なので、共生ではなく寄生です。棘が禿げているイイジマフクロウニやラッパウニを見かけたら、裏返してみましょう。きっとゼブラガニがいるはずです。ただ、どっちのウニも毒を持つので、素手ではさわらないように。
by diver813 | 2005-01-24 23:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
Lesson4 エビの体、カニの体
a0013160_2252579.jpg
エビ、カニが含まれる甲殻類は、昆虫と同じ節足動物の仲間で、体は節でわかれています。
甲殻類は全部で21の節でできていて、各体節から1対づつの足が出ています(ムカデを思い浮かべてもらうとわかりやすいかも)。
でも、エビは頭にたくさん足があるし、カニは体から2本の手と8本の足が出てるじゃないか・・・
と思ってしまいます。しかし、実はエビもカニも上の図のように、第1節~第14節までがくっついて、一つの節のように見えているだけなのです(頭胸甲といいます)。
そして、カニにはエビのお腹と尻尾が見当たりませんが、実はお腹に蓋をするように、折れ曲がっているふんどしがそこにあたるのです。
では、エビもカニも21対、42本の脚があることになりますが、そんなにたくさんの脚は見当たりません。これが何処にあるかというと、目や触角、口がその脚が変形したものなのです。
具体的に書くと
第一節        :複眼       いわゆる目です
第二~三節     :第一・第二触角
第四節        :大顎━━━━━━┓
第五~六節     :第一・第二小顎  ┃これで口になっています
第七~九節     :第一~第三顎脚━┛
第十~十四節    :第一~第五胸脚  鋏脚や歩脚など、いわゆる足です
第十五~第十九節 :第一~第五腹肢  エビのお腹・カニの褌についている鰭状の足です
第二十節       :尾肢(外肢)━┓
第二十一節     :内肢━━━━┛いわゆる尻尾です
となっています。
そして、カニの肉が詰まっている部分は、甲羅にくっついてしまっている足の付け根なので、
細かい部屋に分かれているのです。
ですから、無理やり部屋を壊して身を取ろうとせず、足の付け根から、体の中心に向かって肉を押してやると、簡単に身が外れます。
エビもカニも、口にする機会が多い食べ物ですが、特にカニは食べにくく、身を穿っていると、ついつい無口になってしまいます(KURIinHKさん55aiai さんのように、身を解してくれるお店で食べるなら関係ないのですが)。
でも、エビカニの体の構造を知ると、結構上手に食べられるようになりますよ。
それから、美味しいカニの話が山村社長さんのブログに出ています。
「タラバガニがカニの王様ではなく、一番美味しいカニがズワイガニ」という話には同意見です(タラバガニはヤドカリの仲間だし)。他に美味しいカニというと、ガザミ系(ワタリガニとか)は味が濃くて好きです。あと、個人的にはアサヒガニがかなり好き。
by diver813 | 2005-01-23 19:51 | Study Room | Trackback | Comments(7)
#167 ミスジリュウキュウスズメダイ
a0013160_0542258.jpg
【和名】 ミスジリュウキュウスズメダイ
【学名】 Dascyllus aruanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は卵円型で側扁する。体色は白で、太い黒色横帯が3本入る。尾鰭は湾入し基部は白く、先端は透明。
【生態】
和歌山県田辺湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。礁湖内の枝状サンゴの周囲に生息する。雑食性で動物プランクトン、付着藻類、魚卵などを食べる。
【ひとこと】
枝サンゴの周りに群れていて、危険を感じた時などは、一斉にサンゴの中に隠れます。ヨスジリュウキュウスズメダイとは姿だけでなく、生息場所jも食性もよく似ていますが、ヨスジリュウキュウスズメダイには尾鰭に黒色横帯があるので区別できます。また、ミスジスズメダイとも似ていますが、ミスジスズメダイは腹鰭が白いことで見分けることができます。
by diver813 | 2005-01-19 23:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#166 カニノテ
a0013160_0352953.jpg
【和名】 カニノテ
【学名】 Amphiroa anceps
【分類】 植物界 紅藻植物門 紅藻綱 カクレイト目 サンゴモ科
【長さ】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体の色は紅色で、表は暗く、裏は明るい。枝は平たく、規則的に二叉分岐し、扇を重ねたように広がる。藻体全体が石灰でおおわれ、硬い。
【生態】
本州中部以南の潮下帯に分布。岩礁域に生息し、岩上に生えることが多いが、他の海藻の上に生育することもある。
【ひとこと】
カメノテは知っていても、このカニノテは知らない人が多いのではないでしょうか?カメノテは動物ですが、こちらは、サンゴモ目サンゴモ科に属する海藻、植物です。サンゴモ科という名前は、体が石灰に覆われているため、硬く、サンゴに似ているためで、科名CorallinaceaeのCorallinaは「小さいサンゴ」という意味です。
by diver813 | 2005-01-18 23:34 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#165 ソウシハギ(幼魚)
a0013160_027766.jpg
【和名】 ソウシハギ(幼魚)
【学名】 Aluterus scriptus(yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 カワハギ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は細長く、強く側扁し、尾鰭が長い。体色は褐色で、不規則な青線模様と黒点が入る。背鰭第一棘が長く伸長するが、折れやすい。
【生態】
相模湾以南の珊瑚礁域に生息。流藻につき、倒立して擬態する。船や港のロープなどにつくこともある。海藻、イソギンチャク、ヒドロ虫類などの付着生物を食べる。
【ひとこと】
主に熱帯域に生息しますが、幼魚は流藻につくため、本州中部にも漂着します。幼魚でこのサイズなので、成魚はかなり大きく、75cmぐらいになります。アミメハギと同じように、寝る時は流されないように流藻などを口に咥えます。内臓にパリトキシンという毒を持っていますが、食用にする場所もあります。かといって、フグのように美味しいわけではないそうです。
by diver813 | 2005-01-17 23:26 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
Lesson3 水圧と空気
a0013160_12134090.jpg
水の中に入っていく時に、陸上と大きく異なる環境のひとつが水圧です。
普段生活している地上(標高0m)の気圧は、標準値で1013hPaです。
台風の中心気圧が940hPaとか、高気圧の横に1030hPaという数字がついているなど、気圧は天気予報でよく目にします。
標高0mの場所では、1c㎡あたり約1kgの空気が乗っています。この空気の重さが気圧になっているので、陸上では1c㎡あたり、約1kgの力で空気に押し潰されていることになるのです。
普段生活している陸上は、空気の海の底だと思うと、イメージしやすいかも。

これが水中になると、水深10mで1c㎡あたり1kgの水が乗っていることになります。
なので、0mで1気圧、水深10mでは空気の重さ1kg+水の重さ1kgで2気圧、20mは3気圧、50mは6気圧、100mでは11気圧の力がかかります。
よく時計に表示されている10気圧防水は、水深100mまで大丈夫ということです(大気圧を含まない表示なので)。

空気は力をかけると縮むので、水深10mで1㍑の空気は、気圧が半分の陸上では2㍑になります。
なので、水深10mで膨らませた風船を陸上に持っていくと、倍のサイズになります。
ダイビングでは「絶対呼吸を止めない」という原則がありますが、これは、いっぱい息を吸って浮上すると、肺の中の空気が膨らんで、肺が破裂してしまうからなのです。
また、ダイビングのタンク1本が陸上で2時間持ったすると、同じような息の吸い方では、水深10mでは1時間、水深30mでは30分しか持ちません。
他にも、この空気の変化が体に与える影響があって、ダイビング、飛行機やエレベーターに乗ったとき、新幹線がトンネルに入った時に起こる、nice68さんも悩む「耳が痛くなる」現象ですが、これは、鼓膜の内側の空気と、鼓膜の外側の空気の圧力の違いのため、鼓膜が引っ張られてしまい、耳が痛くなるのです。
耳が痛くなるのは「耳抜き」という方法で解決できます。簡単な方法としては、口を閉じ、鼻をつまんで、息を強く吐くという方法で、他にも唾を飲むとか、あくびをする、顎を動かすという方法があります。
耳が抜けにくいと悩む人も多くいますが、馴れとトレーニングで抜けるようになります。ご心配なく。
ちなみに、治療した虫歯に詰め物したため、歯の中に空間があると、歯が痛む場合もあります。
by diver813 | 2005-01-16 12:21 | Study Room | Trackback | Comments(12)
#164 ニセアカホシカクレエビ
a0013160_23482858.jpg
【和名】 ニセアカホシカクレエビ
【学名】 Periclimenes venustus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は透明で藍色と白色が連結した小斑紋が散在する。第三腹節に大きな白斑が入り、斑紋の前半は橙色。鋏脚には白色と藍色の縞模様が入る。尾は白く藍色で縁取られる。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋、インド洋、パプアニューギニア、オーストラリア北部に生息。ナガレハナサンゴやイソギンチャクを宿主とする。魚についた寄生虫などを食べる。
【ひとこと】
アカホシカクレエビとよく似ていますが、小さな斑紋が赤くなく、藍色なのと、眼を結ぶ白線がないことで見分けることができます。魚についた寄生虫などを食べるクリーナーシュリンプで、魚や人が近づくと、鋏脚を下に伸ばし、体を左右に振るダンスをします。このダンスはクリーナーシュリンプ共通で、「掃除するから、食べるなよ」という合図になっているようです。
by diver813 | 2005-01-13 23:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)