The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2004.12 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_21593462.jpg
         ウニの棘が大好物


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  27.7m
Water Temperature 18℃
Entry 9:42
Exit 10:23
Dive Time 41min.

2004年最後のダイビングは伊豆山。
だって、潜ったあとに、ドライスーツを着たままゆっくり浸かれる温泉があるから。
と、いっても水温は18度と、気温より10度程度暖か。前日も、翌日も陸の上は雪だというのに。
新根は久しぶりでしたが、魚影は相変わらず濃かったです。
今回見かけたイイジマフクロウニは、やたら棘が禿げていて、ひっくり返すと結構の確率でゼブラガニが出てきてくれました。
やっぱりダイビングはたのしー。陸に上がると寒いけど。
by diver813 | 2004-12-31 22:00 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
Lesson1 サメとエイの違いとは
a0013160_21585259.jpg
くらげねこさんにコラボ企画を持ちかけられ、
「解説して!」
とこの写真をいただいたので、新しいカテゴリ「Study Room」を開設しました。
ここでは、よくよせられる質問について、解説していこうと思っています。
それから、「この生物何ていうの?」という写真があれば、メールでお送りください。わかる範囲で分類して、記事として掲載いたします。

では、本題。
この写真の魚はシノノメサカタザメ(学名:Rhina ancylostoma)と言って、南日本以南の西部太平洋・インド洋に生息するエイの仲間です。
体の前半はエイの姿、後半はサメの姿で、名前は「サメ」で終わっていますが、エイ目に分類されています。
では、エイとサメの違いって何なんでしょう?
サメとエイの違いは、平たいかどうかではありません。
実は、鰓穴が開く位置で決まっています。鰓穴が腹面にあればエイ、側面にあればサメなのです。
ですから、水族館などで横から見たときに、縦に並んだ鰓穴が見えればサメ、見えなければエイということです。この写真でも鰓穴は見えません。シノノメサカタザメは間違いなくエイの仲間ということになります。
ちなみにこのシノノメサカタザメが属するシノノメサカタザメ科は、世界に1属1種しか存在しません。

にしても、くらげねこさん、魚なのにいい表情の写真撮りますね。
くらげねこさんは、陸の生き物のいい表情もたくさん公開しているので、生き物好きの方に、おすすめのブログです。
コラボ企画なので、こちらから提供した写真も公開していただいています。ぜひ、遊びに行ってみてください。
by diver813 | 2004-12-29 21:59 | Study Room | Trackback(2) | Comments(4)
#159 カスリイシモチ
a0013160_0505252.jpg
【和名】 カスリイシモチ
【学名】 Apogon kallopterus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体色は乳白色で、体側中央に太い黒色縦帯が入る。体側鱗の外縁が褐色に縁取られ、絣模様になる。尾鰭基部の黒色円斑は黒色縦帯の延長より上方に入る。
【生態】
小笠原諸島、和歌山県以南の太平洋、インド洋の珊瑚礁域や岩礁域に生息。岩穴に単独でいることが多い。
【ひとこと】
ヒトスジイシモチによく似ていますが、ヒトスジイシモチは尾鰭の付け根にある、黒点が、黒い線の延長上にあるので、区別することができます。ヒトスジイシモチの亜種とされていたこともあって、Apogon fraenatus yaeyamaensisという異名があります。
by diver813 | 2004-12-29 00:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#158 サラサエビ
a0013160_0716.jpg
【和名】 サラサエビ
【学名】 Rhynchocinetes uritai
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サラサエビ科
【体長】 3cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
額角と頭胸甲の間に関節を持ち額角が動く。第三腹節の背部が著しく盛り上がり、第1、第2胸脚に鋏を持つ。体は透明で、赤褐色の複雑な縞模様が入りその間に白斑が入る。
【生態】
房総半島~九州の岩礁域に生息する。夜行性で、昼間は岩の隙間やガンガゼの棘の隙間に群れを形成する。
【ひとこと】
岩の隙間に群れている時は、なぜかみんな同じ方向を向いています。ヤイトサラサエビに似ていますが、ヤイトサラサエビは背中に黒斑があるので、見分けることができます。光が嫌いなようで、ライトを当てると、一瞬にして奥へ引っ込んでしまいますが、手を近づけて、じっとしていると、足でつついてくれます。
by diver813 | 2004-12-28 00:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(10)
#157 オウゴンニジギンポ
a0013160_021483.jpg
【和名】 オウゴンニジギンポ
【学名】 Meiacanthus atrodorsalis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 5cm
【撮影地】 沖縄 水深35m
【特徴】
身体は細長く、側扁する。体は薄い青色で、後方につれて黄色くなる。目を横切る黒色斜帯が入る。尾鰭の両端は伸長し黄色い。
【生態】
伊豆半島、琉球列島以南の西部太平洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息する。動物プランクトンや藻類を捕食し、下顎に毒牙を持つ。
【ひとこと】
イナセギンポに似ていますが、オウゴンニジギンポは目を横切る黒い線があるので、見分けることができます。フィジーには全身が黄色の亜種がいます。毒牙を持っているため、天敵が少ないと言われていて、泳いでいる姿を見かけることが多いですが、岩壁の巣穴に隠れていることもあります。
by diver813 | 2004-12-27 00:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#156 トラフナマコ
a0013160_2371691.jpg
【和名】 トラフナマコ
【学名】 Holothuria pervicax
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 25cm
【撮影地】 伊豆 水深25m
【特徴】
体は円筒形で細長く、柔らかい。乳白色の地に背側に褐色の斑模様が入る。疣足の先端は濃褐色で、基部は環状に白く縁取られる。濃褐色の触手は20本。
【生態】
三浦半島以南、紅海、フィリピン、オーストラリア、サモア、タヒチ、ニューカレドニア、グアム、台湾、中国に分布。岩礁域や転石帯に生息する。ナマコマルガザミの宿主。
【ひとこと】
ふにゃふにゃしていて、つい、遊びたくなるのですが、あまりいじめると、この写真のようにキュビエ器官を放出します。キュビエ器官は白くてネバネバしているのですが、その正体はコラーゲン。ちなみに学名のHolothuriaやナマコ綱のHolothuroideaは「激しい放出」という意味だそうです。このナマコは体にホロチュリンという毒を含んでいるので、生では食べられません。
by diver813 | 2004-12-24 02:38 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#155 メガネゴンベ
a0013160_23302784.jpg
【和名】 メガネゴンベ
【学名】 Paracirrhites arcatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体色は淡い赤褐色~黄褐色が多く、白っぽい個体もあり、色彩変異に富む。体側に一筋の太い白色横帯が入る。眼の後ろにU字の模様が入る。
【生態】
紀伊半島以南~太平洋、インド洋の熱帯域に分布。30m以浅の珊瑚礁域に生息する。枝状サンゴの隙間や、上に乗っていることが多い。小型の甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
眼の後ろの模様が眼鏡っぽいのでメガネゴンベ。危険を感じると、サンゴの隙間に逃げ込んでしまいますが、そっと近寄れば、かなり近くで観察することができます。雄は縄張りを持ち、ハーレムを形成するのですが、群れていないので、どれがハーレムの主か、さっぱりわかりません。
by diver813 | 2004-12-21 23:31 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#154 スイジガイ
a0013160_0134129.jpg
【和名】 スイジガイ
【学名】 Harpago chiragra
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 盤足目 スイショウガイ科
【殻長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深25m
【特徴】
貝殻は白地に茶褐色の斑模様が入るが、付着物があり、見えない。殻口は桜色。殻に特徴的な6本の角がある。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁辺縁の砂礫底に生息する。海藻や、砂に含まれる有機物を食べ、ジグザグにゆっくり移動する。
【ひとこと】
蓋を砂底に引っ掛けて移動するので、この貝が通った後は、独特なジグザグの這い跡が残ります。6本の角がある貝殻が「水」の字に見えるのでスイジガイです。なので火除貝とも呼ばれ、火事除けなど、魔除けとして使われたりしています。
by diver813 | 2004-12-20 23:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#153 ツノハタタテダイ
a0013160_1255479.jpg
【和名】 ツノハタタテダイ
【学名】 Heniochus varius
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は強く側扁し、体高が高く三角形。眼上棘は角状。体色は暗い茶色で、2本の白色横帯がハの字型に入る。幼魚は眼上棘が顕著ではなく、背鰭の一部が伸長する。
【生態】
和歌山県~オーストラリアの西部太平洋、ポリネシア、モルジブの珊瑚礁域に生息。ペアで行動し、サンゴのポリプや底生小動物を食べる。
【ひとこと】
他のハタタテダイの仲間は、白い地に模様が入っていますが、ツノハタタテダイは逆で、黒っぽい地にハの字の白帯です。それから額に尖がりがあるので、他種と簡単に見分けることができます。近くもないし、遠くもない、微妙な間合いを常に取って、なかなか近づかせてくれません。
by diver813 | 2004-12-18 12:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#152 スナイソギンチャク
a0013160_2222784.jpg
【和名】 スナイソギンチャク
【学名】 Dofleinia armata
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ウメボシイソギンチャク科
【直径】 30cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
砂の上に開き、触手の数は48本。触手は太く、細かい白斑が入り先細る。体壁に疣はない。色彩変異に富み、白色、緑色、褐色、桃色と様々。
【生態】
本州中部~九州に分布。沿岸の砂泥底に生息し、棲管は作らない。触手に刺胞を持ち、毒性は強い。マルガザミをはじめ、甲殻類や小魚の隠れ家になる。
【ひとこと】
マルガザミがついていることが多いのです。このスナイソギンチャクにも、ちゃんと隠れていました。でも、刺されると痛いので、探す時は素手で触らないようにしましょう。もし刺されたら、アルコールやアンモニア水などをかけましょう。あまりみかけませんが、半透明の桃色で、非常に綺麗な個体もいます。
by diver813 | 2004-12-16 22:24 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)