The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
#142 ウミギクガイモドキ
a0013160_23333198.jpg
【和名】 ウミギクガイモドキ
【学名】 Pedum spondyloideum
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 カキ目 イタヤガイ科
【殻長】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
貝殻は扇形~丸形で殻高と殻長はほぼ同長。外套膜は鮮やかな青で、辺縁に赤い単眼が並ぶ。サンゴに埋没しているため、腹縁しか見えない。
【生態】
四国以南、東南アジア、オーストラリアの珊瑚礁域の20m以浅に生息する。サンゴに穿孔し、腹縁のみを表面に出して生活する。
【ひとこと】
硬い殻だけはもの足りずに、生きたサンゴに孔を空けて、必要最小限の部分のみを覗かせています。光を感じる眼はあるのですが、影になっても反応せず、触らない限り殻を閉じません。サンゴに埋在して生活する動物は他にヒメシャコガイなどの二枚貝やケヤリムシ、イバラカンザシなどのゴカイの仲間などがいます。よくあんな硬いサンゴに孔をあけますね。
by diver813 | 2004-11-30 23:33 | 海洋生物図鑑
2004.11 Yaeyama The Last Day Yufujima
a0013160_0151675.jpg
         本当は普通の車でも渡れます


浦内川をカヌー探検したあとは、由布島へつながる電柱を見に行きました。
浅い海をゆっくり渡る水牛車の姿は、なんとものどかです。
水牛が往来するすぐ脇の岸辺にも、トビハゼシオマネキなどの、面白い生物達がいました。
by diver813 | 2004-11-29 23:59 | Diving Log
#141 ネムリブカ
a0013160_228512.jpg
【和名】 ネムリブカ
【学名】 Triaenodon obesus
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 ネズミザメ目 メジロザメ科
【体長】 120cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体はやや縦扁し、暗灰色。第1背鰭と尾鰭の先端は目立って白い。第1背鰭は腹鰭より前方に位置し、第2背鰭は大きく、臀鰭と対在する・眼は楕円形で歯は小さい。
【生態】
鹿児島県以南の太平洋、インド洋の岩礁域、珊瑚礁域に生息する。夜行性で、昼間は岩穴などの暗がりで休み、夜間に魚類や軟体動物を捕食する。
【ひとこと】
背鰭と尾鰭の先端が白いので、通称ホワイトチップ。和名でツマジロというサメがいますが、こちらの通称はシルバーチップ。サメの仲間ですが非常におとなしく、こちらから手を出さない限り襲われることはありません。遊泳性のサメは泳ぎ続けないと呼吸ができません。でも、ネムリブカは鰓とは別に噴水孔という穴があり、ここから鰓に送る海水を吸い込むことができるので(名前とは逆なのですが)、止まっていても呼吸することができます。
by diver813 | 2004-11-26 22:08 | 海洋生物図鑑
#140 キクメイシ
a0013160_2147782.jpg
【和名】 キクメイシ
【学名】 Favia speciosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 キクメイシ科
【個体直径】 15mm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
半球状・または盤状の群体を形成するハードコーラル。やや円形のポリプが密に並び、個体が莢壁を共有しないプロコイド型。色は淡褐色、緑褐色、または淡灰色と色彩変異に富む。
【生態】
房総半島以南の礁池や礁原、礁斜面に生息する。昼間はポリプを開かず、内部共生する褐虫藻より栄養を摂取し、夜間はポリプを開き、触手で動物プランクトンを捕食する。
【ひとこと】
珊瑚礁はサンゴをはじめとする生物が堆積してできた地形ですが、琉球列島の珊瑚礁は氷河期が終わって、水温が18度以上に上昇した1万年前以降に形成がはじまり、その後、温暖化に伴い、上昇する海面を追いかけるように成長し、現在の地形になりました。この時、海面が50~60m上昇したため、沖縄の珊瑚礁は外側が30~50mまで急に落ち込む地形になっています。ちなみに、海面が現在より120~140m低かった2万年前から形成がはじまった熱帯域では、100m以上一気に落ち込むドロップオフもあります。
by diver813 | 2004-11-25 21:47 | 海洋生物図鑑
2004.11 Yaeyama The Last Day Utaragawa
a0013160_20395048.jpg
         本物のジャングルクルーズ


コメツキガニと遊んだ後は、マングローブの根の間にいるシオマネキを見ながら支流の宇多良川を登りました。
宇多良川へちょっと入ると、廃墟となった宇多良橋が現れます。
最初に来たときは、「うぉ、某ネズミアミューズメントパークなんて、お話にならないじゃん!やっぱ天然モノはすごい!」と、感動したのですが、今回は手前に大きなクルーザーが泊まっていて、台無し。
そこからしばらく進み、上陸しやすそうな場所があったので、マングローブの森を探検しようか・・・
と、カヌーを降りてみると、ちょうど宇多良炭鉱跡でした。
宇多良炭鉱は50年ほど前に廃坑となった炭鉱で、「映画館などの娯楽施設が備わった近代的な炭鉱」という売り文句で、日本全国、台湾、朝鮮から坑夫を集めたそうです。でも、実際は圧制により、劣悪な環境で過酷な労働を強要していたひどい炭鉱だったそうです。
マラリアにかかったり、逃亡を図って拷問にかけられたりして、死んだ坑夫が川沿いに埋葬されているらしい。
レンガの柱と同化し、木漏れ日に輝くガジュマルの木からは、言葉にできないような威圧感を感じました。
でも、このガジュマルにも登っちゃいました。だって、こんな悲しい歴史、知らなかったし。
by diver813 | 2004-11-24 20:46 | Diving Log
2004.11 Yaeyama The Last Day Urauchigawa
a0013160_0122656.jpg
         潜るときはぐるぐる回ります


楽しい旅行も今日で最終日。でも、飛行機に乗るぎりぎりまで遊びます。
今日は西表島観光。まずは浦内川をカヌーで探検です。
いざ、カヌーに乗ったら、まずは中州へ。中洲ではたくさんのミナミコメツキガニが食事をしていました。
砂の塊が米粒のようになっているのは、コメツキガニの食事の跡。
キチキチ音を立てながら、一斉に逃げ出す青い塊を見ていると、おもわず追い立てたくなってしまいます。
砂の中にぐるぐる回りながら潜る様子(mpeg 0.77MB)もかわいすぎ。
次の探検が待っているので、中洲を後にしましたが、もうすこし、コメツキガニ達と遊んでいたかったです。
by diver813 | 2004-11-22 23:53 | Diving Log
#139 ゴマチョウチョウウオ
a0013160_2201877.jpg
【和名】 ゴマチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon citrinellus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は側扁し、体高が高い。体色は乳白色で、不規則な細かい黒点が入る。頭には眼を横切る黒色横帯が入り、臀鰭下部に太い黒帯がある。
【生態】
千葉県以南、東アフリカ~マーシャル諸島、ハワイ諸島の珊瑚礁域、岩礁域に生息する。単独~数十匹の群れで行動することが多い。ホヤなどの底生小動物や、藻類を食べる。
【ひとこと】
外敵が近づくと逆立ちをして、背鰭の棘を向けて防御します。チョウチョウウオの仲間は、大人は珊瑚礁の魚らしい姿をしていますが、稚魚の頭は骨板で覆われて、一部は骨が突き出て、兜のような姿をしています。ちなみにこの稚魚のことをトリクチス幼生と呼びます。
by diver813 | 2004-11-20 02:20 | 海洋生物図鑑
2004.11 Yaeyama The 4th Day
a0013160_23573199.jpg
         世界一大きいヤドカリです


今日はめずらしく、ビーチでのんびり過ごしました。
砂浜に開いた穴の主(→ツノメガニ)を掘り出したり、巨大なダムと砂山を作ったり、潮間帯の生物を観察したり、たまには海を外から見ながらのんびり過ごすのもいいものです。
以前、ホテルのプールサイドでヤシガニを発見したことがあるので、今回も出会えるかな?と、夜ご飯のあとに、散歩をしていたら、いました。必死にアダンの茂みなどを探していたのに、見つかったのはプールサイドの遊歩道。
ビールのおまけ「フィギュア沖縄物産展」(海洋堂制作)のヤシガニと、ヤシガニ(ゆで)を見てから、会いたくてしょうがなかったので、かなり興奮。
やばい、八重山おもしろすぎ!
by diver813 | 2004-11-18 23:58 | Diving Log
#138 イイジマウミヘビ
a0013160_1351494.jpg
【和名】 イイジマウミヘビ
【学名】 Emydocephalus ijimae
【分類】 動物界 脊索動物門 爬虫綱 有鱗目 コブラ科
【体長】 100cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
鱗は大きく、瓦状に並ぶ。体色は黄白色で太い黒色横帯が入る。歯は退化し、唇が厚く、鼻孔は体の背面に開孔する。胴体は丸く尾は鰭状。
【生態】
奄美諸島~八重山諸島、中国、台湾、フィリピン沿岸に分布。珊瑚礁に生息し、完全水棲で上陸しない。胎生で、一度に2~4匹の子を産む。昼行性、魚卵食。
【ひとこと】
一生を海の中で過ごし、陸に上がることはありません。一度の潜水時間も長く、刺激を与えなければ、なかなか空気を吸いに行きません。完全水棲なので、卵を産まず胎生です。でも、食べるのは魚の卵。卵を岩から剥がして食べるために、唇が厚くなっています。かわりに、歯や毒腺が退化し、毒も非常に弱くなっています。でも、似ているウミヘビには、コブラより強い毒を持つものがいるので、あまりいたずらしないようにしましょう。
by diver813 | 2004-11-18 01:35 | 海洋生物図鑑
2004.11 Yaeyama The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_22583852.jpg
         心が通じているようです


Site 石垣島 石崎
Maximum Depth  20.0m
Water Temperature 26℃
Entry 14:12
Exit 15:00
Dive Time 48min.

今日もマンタだらけです。8匹も出てきてくれました。
マンタだけを撮っているのも煮詰まってきたので、人を入れて撮ったり、贅沢な被写体をめいっぱい堪能。
そろそろ上がろうか・・・というころに、人懐っこい一匹が船の下をずっと回っていたので、5分ほど一緒に遊んでから上がりました。
マンタとガイドさんが並んで泳ぐ姿は、まるで仲の良い友達同士のようでした。
by diver813 | 2004-11-16 22:25 | Diving Log