The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
#133 スミツキトノサマダイ
a0013160_21201750.jpg
【和名】 スミツキトノサマダイ
【学名】 Chaetodon plebeius
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 沖縄 水深20m
【特徴】
体は著しく側扁し、楕円形。背鰭棘と臀鰭棘が多い。体色は山吹色で、眼を横切る黒色横帯がある。体側背側に大きな薄い青色斑が入り、尾鰭基部に黒斑が入る。
【生態】
駿河湾以南の西部太平洋、スリランカ、ソロモン諸島、フィジーの珊瑚礁域に生息。ミドリイシ類のポリプを好んで食べる。夜間は体側の斑紋が黒色になる。警戒心が強い。
【ひとこと】
サンゴのポリプを食べるため、汚染、オニヒトデによる食害によりサンゴが減ってしまうと、急に見られなくなります(でもサンゴを食べるのはオニヒトデとおなじ)。トノサマダイとよく似ていますが、尾鰭の付け根に黒斑が入ることで区別できます。
by diver813 | 2004-10-28 21:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#132 バイカナマコ
a0013160_2355104.jpg
【和名】 バイカナマコ
【学名】 Thelenota ananas
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 シカクナマコ科
【体長】 70cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は太い円筒形。体色は明るい赤褐色で、背面は濃く、腹面は淡い。背面にある大きな疣足が融合して、星型や梅花型になる。腹面は管足が密に生える。
【生態】
沖縄本島以南、中国、台湾、オーストラリア、フィジー、ニューカレドニア、グァム、インドネシアの珊瑚礁辺縁にある砂礫底に生息する。海底の有機物を砂ごと食べる。
【ひとこと】
大きいし、派手な形をしているので、目に付きやすいナマコです。トゲトゲしていますが、やわらかいので痛くありませんし、普通のナマコは、いじめるとネバネバした白い糸状のキュビエ器官を出しますが、バイカナマコにはキュビエ器官がないので、安心して遊べます。ウミウシカクレエビの宿主なので、裏返したりして探してみましょう。中国では梅花参と呼ばれ、高級品です。
by diver813 | 2004-10-27 23:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
2004.10 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_21511690.jpg
         密な群れはひとつの生物のようです


Site 伊豆山 沖根南
Maximum Depth  22.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:52
Exit 13:43
Dive Time 51min.

2本目は1本目のお隣の沖根南。砂地とゴロタの境目を小物を探したりしながら、ゆるい流れに乗ってのんびり水中散歩。
急に曇ったように視界が暗くなったりしていたのですが、その正体はこの写真の群れ。
水底から見上げるとまるで雲のようでした。カンパチなどが、群れの横を通るたびに、「ざぁっ」と魚の塊の形が変わる様子は、見てて飽きません。
広角に強いカメラを持っていなかったのが残念です。
水温もやや冷たくなってきているし、陸に上がると風で冷やされるので、ちょっと寒かったです。でも、おかげで、上がった直後に入る温泉は最高でした。
伊豆山にはウエットスーツのまま入れる温泉があるのです。
by diver813 | 2004-10-26 21:51 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#131 サクラダイ
a0013160_23353744.jpg
【和名】 サクラダイ
【学名】 Sacura margaritacea
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 13cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は側扁し、雄は背鰭第3棘が糸状に伸長する。体色は雄が紅色で体側に白斑が入るのに対し、メスは橙黄色で、背鰭棘部に黒斑が入る。
【生態】
相模湾~長崎、八丈島に分布。沿岸の岩礁域の浅所~深所に群れで生息し、肉食性で動物プランクトンを捕食する。雌性先熟の性転換を行う。
【ひとこと】
サクラダイというと、春のマダイの呼び名ですが、標準和名のサクラダイはこちら。学名もサクラ。姿がタイ類に似て、色が鮮やかなのでこの名前なのですが、タイの仲間ではなくハタ科です。こんなに華やかな姿ですが、沖縄などの暖かい海ではなく、伊豆にいます。若魚はすべて雌で、成長すると雄に性転換します。写真は雄。
by diver813 | 2004-10-25 23:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2004.10 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_2221347.jpg
         チカヨルナ!


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 23℃
Entry 10:19
Exit 11:04
Dive Time 45min.

台風で中止が続いていたので、ちょっと久しぶりのダイビング。今回もトカゲとノックテンに挟まれて、直前まで潜れるかわかりませんでした。
台風にかき回され、川の水量が増加していたので、透明度が心配でしたが、水底付近は10m弱見える、悪くないコンディションでした。
ソフトコーラル達も、荒れた海に耐えて健在でしたし、イシモチの群れもなかなか濃く、みんな元気で安心しました。
by diver813 | 2004-10-25 02:23 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#130 テッポウエビの一種
a0013160_23412055.jpg
【和名】 テッポウエビの一種
【学名】 Alpheus sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体に黄褐色と白の細い縦縞が入り、腹節の前方と後方に1本ずつ白く短い横帯がある。触覚・鋏脚・歩脚は半透明の黄褐色。
【生態】
未記載種であるため、正確な分布域は不明。浅い砂地に生息し、クビアカハゼやヒメダテハゼなど様々な種類のハゼと共生する。
【ひとこと】
最近までの図鑑でコシジロテッポウエビやジブチテッポウエビと記載されていたものは、すべて本種だそうです。テッポウエビとハゼは、テッポウエビが穴を掘り、ハゼが周囲を警戒するという、役割分担がしっかりした共生をしています。本種はテッポウエビの中でもなかなかの働き者で、埋まっても、埋まっても穴を掘るので、流れが速く、巣穴が埋まりやすい砂地にも生息しています。
by diver813 | 2004-10-22 23:34 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#129 テンクロスジギンポ
a0013160_2242719.jpg
【和名】 テンクロスジギンポ
【学名】 Plagiotremus tapeinosoma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
身体は細長く、円筒形。体側背側に黒斑が並んだ縦帯がある。吻は尖り、眼隔管の開孔数は2。鱗はなく、背鰭は1基。
【生態】
和歌山県以南の太平洋・インド洋の珊瑚礁・岩礁域の浅海に生息。活発に泳ぎ、魚の鰭や鱗を食べる肉食性。
【ひとこと】
ミナミギンポに似ていますが、ミナミギンポは体側に2本の青い縦帯があることと、テンクロスジギンポは黒斑が並んだ縦帯があることで区別できます。サンゴに開いた穴や、ヘビガイ類の殻などを巣穴にしていますが、巣穴にいるよりも泳いでいることが多いです。後ろから素早く近づき、齧ったら一気に逃げる、Hit and away の水中戦で獲物を襲います。
by diver813 | 2004-10-21 22:42 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#128 インドケヤリ
a0013160_23151732.jpg
【和名】 インドケヤリ
【学名】 Sabellastarte sanctijosephi
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 ケヤリムシ科
【鰓冠直径】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
粘液でできた棲管に住む管住性のゴカイ類。鰓冠の鰓糸は一列で環状。各鰓糸は羽状で、白色と茶褐色の横縞が入る。
【生態】
沖縄以南に分布。イシサンゴ類に穴を空け生息する。頭部の大きな鰓冠で、呼吸を行うとともに、水中を漂うプランクトンなどの有機懸濁物を濾過し、餌とする。
【ひとこと】
インドケヤリは、生きたサンゴに穴を空けて住んでいて、まるでサンゴに咲いた一輪の花のようです。このような生物によって、サンゴに空けられた穴は、その主亡き後も、ヒトスジギンポや、ヤドカリなど、他の生き物が隠れ家として再利用しています。光に反応するので、影がかからないように近づきましょう。
by diver813 | 2004-10-20 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#127 ナミスズメダイ(幼魚)
a0013160_21343218.jpg
【和名】 ナミスズメダイ(幼魚)
【学名】 Amblyglyphidodon leucogaster (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深25m
【特徴】
幼魚の体色は銀色で、鰭が大きい。腹部及び腹鰭と臀鰭は山吹色。成魚の体色は黒で、臀鰭は黒くなり、胸鰭基部に黒斑が入る。
【生態】
琉球諸島以南の西部太平洋、インド洋の珊瑚礁域、水深45m以浅に生息。雑食性で動物プランクトンや藻類を食べる。産卵期は夏~秋。
【ひとこと】
幼魚はヤマブキスズメダイに似ていますが、ヤマブキスズメダイは背鰭や尾鰭も山吹色なので、区別できます。産後の根元や、死滅したサンゴなどにも産卵しますが、ムチヤギなどのヤギ類も産卵床にします。なので、似ているガイドロープなどに産卵してしまうことがあるのですが、そんなところを産卵床にしてしまうと、上からダイバーがわんさか降ってきて、卵を守るお父さんは大変です。
by diver813 | 2004-10-19 21:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#126 サラサバテイラ
a0013160_2331358.jpg
【和名】 サラサバテイラ
【学名】 Tectus maximus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 ニシキウズガイ科
【殻高/殻径】 10cm/10cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
殻はほぼ正円錐形で、殻には紫色の斜縞が入る。近縁のダルマサラサバテイラに似るが、本種は体層周縁が膨らまないことで区別できる。
【生態】
奄美大島以南の太平洋に分布。珊瑚礁域の浅瀬に生息する。通常、付着藻類などに覆われ、模様は見えない。大型海藻類を摂餌せず、微小藻類に依存する。
【ひとこと】
貝ボタンの原料となる水産上重要種で、タカセガイと呼ばれています。殻ばかりが使われるわけではなく、ちゃんと身も食べることができます。潜水機材の発達とともに乱獲され、自然回復ができないところまで資源枯渇してしまいました。現在は稚貝の放流などによる資源管理が進められています。
by diver813 | 2004-10-18 23:31 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)