The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
#114 ウロコムシの一種
a0013160_16272190.jpg
【和名】 ウロコムシの一種
【学名】 Polynoidae sp.
【分類】 動物界 環形動物門 多毛綱 サシバゴカイ目 ウロコムシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
背面に鱗を持つ。体は短く腹側に扁平。体表に毛が生えている種が多く、他の動物に共生する種類は色彩変異に富む。
【生態】
ウロコムシ科の多くは他の生物と共生し、体表に共生する種と、他の生物の巣穴に共生する種がある。
【ひとこと】
釣り餌のゴカイやイソメなどと同じ多毛類の仲間です。ウロコムシの仲間はヒトデやナマコを裏返すと付いています。非常に脆く、指で弾いただけでもバラバラになってしまうので、カクレエビなどを撮影する時に邪魔でも、やさしく退かしてあげてください。可愛くないけど。
by diver813 | 2004-09-30 10:26 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#113 フエヤッコダイ
a0013160_1244490.jpg
【和名】 フエヤッコダイ
【学名】 Forcipiger flavissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は側扁し、体高が高い。長く伸びる吻の長さは体高の1/2以上。体色は黄色で、頭部背中側は黒色、頭部腹側は白色。腹鰭基部に黒斑が入る。
【生態】
中・西部太平洋、インド洋、、紅海、東アフリカ沿岸の珊瑚域や岩礁域に生息。単独~数匹で海底付近を泳ぎ、サンゴや岩の隙間の小動物などを捕食する。
【ひとこと】
フエヤッコダイという名前ですが、キンチャクダイの仲間ではなく、チョウチョウウオの仲間です。チョウチョウウオの仲間では最も広く分布しています。近縁のオオフエヤッコダイと似ていますが、オオフエヤッコダイの方が吻が長く、胸鰭基部に細かい黒点が入るので、見分けることができます。尖った口はサンゴの枝の隙間にいるエビ・カニやゴカイを食べるため。スネているわけではありません。
by diver813 | 2004-09-29 23:03 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#112 カザリサンゴヤドカリ
a0013160_13503528.jpg

【和名】 カザリサンゴヤドカリ
【学名】 Calcinus lineapropodus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヤドカリ科
【甲幅】 1cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
歩脚の基部は紅色、先端は桜色で、中央部の節は白い地に茶褐色の縦縞が入る。眼は黒く、目柄は基部が紅色で先端は白い。鋏脚は左が大きく、中央に黒班が入る。
【生態】
八丈島以南の南日本、マリアナ諸島、オーストラリアに分布する。水深10m付近の岩礁域に生息し、海底の魚の死骸などを食べる。レイシガイ等好んで宿貝にする。
【ひとこと】
本当は、非常に美しいヤドカリなのですが、ちょっと感じが出ていませんね。フラッシュを焚けばよかった。ヤドカリは、ヤドカリ上科とホンヤドカリ上科の2種類に大別でき、鋏の大きさで区別できます。左の鋏が大きいか、左右の鋏が同じ大きさならヤドカリ上科、右の鋏が大きいものはホンヤドカリ上科で、親潮など寒流の範囲はホンヤドカリ上科が多く、黒潮など暖流の範囲はヤドカリ上科が多く分布しています。
by diver813 | 2004-09-28 23:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#111 ヒトスジギンポ
a0013160_14325450.jpg
【和名】 ヒトスジギンポ
【学名】 Ecsenius lineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
身体は細長く、鱗は皮下に埋没する。前鼻孔後縁に皮弁がある。体色は背側が暗色で、腹側は白い。体側の黒色縦帯が繋がらず、斑紋になる個体もいる。
【生態】
西部太平洋・インド洋の珊瑚礁、水深30m以浅に生息。警戒心が強く、巣穴に隠れ、顔だけを出していることが多い。サンゴや岩の上に乗っている姿も見かける。
【ひとこと】
巣穴から覗く顔は愛嬌があって、なかなかかわいいです。サンゴに空いた穴などを巣穴にすることが多いのですが、貝殻や、空き缶などを巣穴にしていることもあります。空き缶などに入っている場合は拾い上げて、じっくり観察しても面白いです。空き缶は他にも色々な生き物が入っている場合があるので、ゴミが落ちてる・・・と思わず観察してみてください。但し、住処になるからといって、空き缶を海に捨ててはいけません。
by diver813 | 2004-09-27 10:31 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2004.08-09 Okinawa The Last day
a0013160_2248181.jpg
          バイバイ沖縄、またね。


台風18号ソングダーが迫ってきていたので、海が荒れ始めて、今日は潜れません。
その状況で沖縄にいてもしょうがないし、遊んだ疲れを、1日ぐらい家でのんびり癒してもいいし、帰りを一日早めることにしました。
次の日・・・台風は沖縄に直撃、飛行機は全便欠航。結局飛行機が飛べるようになったのは、その翌日の夕方から。
危なかった。台風の中、家に篭って有給を使ってしまうところだった。
今回はチャバとソングダーに挟まれて、結局4日間しか潜ることはできませんでしたが、写真もそこそこ撮れたし、それなりに楽しめました。
新婚さんなのに、泊めてくれたり、仕事が忙しいのに、遊びや呑みに付き合ってくれた友達に感謝です。
by diver813 | 2004-09-25 22:46 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
2004.08-09 Okinawa The 7th day The 2nd Dive
a0013160_18413924.jpg
          洞窟に漏れる光は幻想的。


Site 沖縄 真栄田岬(洞窟)
Maximum Depth  21.4m
Water Temperature 28℃
Entry 15:07
Exit 16:27
Dive Time 80min.

ランチにロリ弁(嘉手納のロータリーにあるお弁当やさんの弁当)を食べて、2本目は洞窟。
真栄田岬は知人に会うことが多い。
いざエントリー。と、思ったら、いきなり名前を呼ばれ、振り向くと、大学の友人が・・・
「忙しいから遊べない」と、言っていたのに、遊びに来てやがる。ひどいなぁ。
洞窟方面はダイバーも多いけど、ツバメウオも多い。しかも、やたら人懐っこい。
カメラの前に割り込んできたりしていて、「邪魔だなぁ・・・」と思っていた次の瞬間、
がぶり
と、シャッターボタンにかけた人差し指を齧られました。この時、反射的に手がでてしまい、ツバメウオを殴ってしまったのですが、奴は懲りずに寄ってきていました。
にしても、魚をグーで殴ったのは、はじめて。餌付けされすぎ。
久しぶりだったので、ちゃんと洞窟へ辿り付けるか不安でしたが、目印のブロックが残っていたおかげもあって、一発で到着。
1時間20分、たっぷり海中散歩を楽しみました。
by diver813 | 2004-09-24 10:40 | Diving Log | Trackback | Comments(11)
カメノテ
a0013160_11144065.jpg
8月にフジツボを食べて以来、食べてみたかった食材が「カメノテ」。
簡単に採集できるものは、いろいろ食べたことがあるのですが、岩の切れ目から生えているカメノテはまだ食べたことが無かったんです。採るのが面倒くさいから。
いつか機会があれば・・・と思いながら、デパ地下を物色していると、ありました。
しかも閉店間際なため、これだけ全部で250円。
塩茹でなども悪くないそうなのですが、このサイズだと、食べるのが面倒くさいので、まとめて味噌汁にしてみました。
さて、お味は・・・
磯の味しかしませんでした。どうやら入れすぎたようです。失敗。
足の部分が食べられるそうなので、大き目のものを選んで、殻をむいてみました。
中に入っていたのは、薄ピンク色のつるんとした肉。
エビ・カニの味に似ていると聞いていたのですが、実際は貝に近い食感で、味は磯の味でした。
質問があったので生態写真を公開しました

食欲の秋、いま一番食べたいものは?
by diver813 | 2004-09-24 10:18 | Trackback | Trackback(1) | Comments(10)
#110 オオウミシダ
a0013160_14134491.jpg

【和名】 オオウミシダ
【学名】 Tropiometra afra macrodiscus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 オオウミシダ科
【腕長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深35m
【特徴】
腕の長さが20cm以上になる大型のウミシダ。腕は10本で、大きく太い。櫛状体が無く、羽枝の断面は三角形。羽枝の食溝に覆い板がない。体色は黒が多く、黄色や茶褐色の個体もある。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。浅い岩礁息や珊瑚礁に生息し、潮間帯付近でも見られる。水中を漂うプランクトンなどの有機物を腕に絡めて捕食する。
【ひとこと】
ウミシダ類の同定は非常に難しいのですが、オオウミシダは日本に一属一種しかいないし、大型で腕の数も少ないので、簡単に見分けることができます。小型のウミシダは腕を振って泳ぎますが、オオウミシダは泳ぎません。オオウミシダトウマキクリムシという非常に綺麗な巻貝が共生していることがあります。
by diver813 | 2004-09-22 23:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2004.08-09 Okinawa The 7th day The 1st Dive
a0013160_21424781.jpg
          標識がついていたら、そっとしておきましょう。


Site 沖縄 真栄田岬(展望台下)
Maximum Depth  37.8m
Water Temperature 27℃
Entry 12:33
Exit 13:33
Dive Time 60min.

今日は友人と二人で真栄田岬。来る途中に火災の野次馬をしていたので、潜り始めるのが、ちょっと遅くなっちゃいました。
ベタ凪で、4日目からは考えられないほど良いコンディション。
おかげで海は大混雑でしたが、展望台下の深場は、普通の人は行かないので快適でした。
水深30m付近で標識が付いているムチカラマツを発見。後輩が頑張っているようです。
by diver813 | 2004-09-22 23:32 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2004.08-09 Okinawa The 6th day The 3rd Dive
a0013160_21531774.jpg
          ホワイトチップはおとなしいサメです。


Site 黒島 南の隠れ根
Maximum Depth  17.4m
Water Temperature 28℃
Entry 14:03
Exit 14:45
Dive Time 42min.

3本目もやっぱりドリフト。エントリーした場所とエキジットした場所の距離が600m以上と、ドリフトの醍醐味を味わいました。
本当の目的はドリフトではなく「マンタ」だったのですが、残念ながら見ることはできませんでした。実は2本目の時間帯に、ここで出たらしい。ちぇ。
マンタとは本当に相性が悪いんです。マンタを見に石垣島まで、2回行ったことがあるのですが、その時も会えず、ガイドさんは「マンタに会えなかったのは君達で2組目だよ」と言っていました。
その後行ったパラオでも結局会うことはできず、初めて会えたのはその翌年、昨年なんです。
by diver813 | 2004-09-21 09:18 | Diving Log | Trackback | Comments(9)