The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
#104 マルガザミ
a0013160_10225182.jpg
【和名】 マルガザミ
【学名】 Lissocarcinus laevis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ワタリガニ科
【甲長】 1.5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体色は茶褐色で、白い斑模様が入る。甲は滑らかで、丸みを帯びる。前側縁の鋸歯は5歯で、第2~第4歯が大きい。
【生態】
房総半島以南~インド洋西部、水深90m以浅の砂泥底に生息。宿主に対する依存度が非常に高く、ハナギンチャクやスナイソギンチャクを宿主とする。
【ひとこと】
砂地に開くイソギンチャクの根元に隠れていることが多いので、イソギンチャクが引っ込まないよう、そっと触手を持ち上げ、根元を探ってみましょう。イソギンチャクの口の側にいることもありますが、この写真は、根元から口の側に連れて来て撮ったヤラセです。イソギンチャクが引っ込むと、一瞬取り残されますが、すぐに後を追って砂に潜っていきます。
by diver813 | 2004-08-27 09:21 | 海洋生物図鑑
#103 ミナミハタンポ
a0013160_130284.jpg
【和名】 ミナミハタンポ
【学名】 Pempheris xanthoptera
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタンボ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は側扁し、体高が高く逆三角形。体色は茶褐色で鱗が大きい。目が大きく、胸鰭の前方に隆起線がある。
【生態】
千葉県以南、琉球列島・小笠原諸島の浅い岩礁域や珊瑚礁域に生息。夜行性で昼間は岩穴や岩陰に群れ、夜間にプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
近縁のツマグロハタンポは、背鰭の先端が黒く、リュウキュウハタンポは、胸鰭の付け根に黒班が入るので見分けることができます。鱗が剥がれやすいので、市場に出回ることはあまりありませんが、南蛮漬けはおいしいそうです。鱗が剥がれると、すぐ弱ってしまうため、水族館では釣りで採取するそうです。
by diver813 | 2004-08-26 22:58 | 海洋生物図鑑
#102 ザラカイメン
a0013160_21411729.jpg
【和名】 ザラカイメン
【学名】 Callyspongia confoederata
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿綱 単骨海綿目 ザラカイメン科
【高さ】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
円筒型や潰れたラッパ型で、上部が開口する。体色は藤紫~煉瓦色。海綿質繊維は網状に結束し、質は硬くざらつき、弾力がある。
【生態】
本州以南、マレーシア、オーストラリアに分布。岩に固着し、側面の微細な穴より海水を吸い、有機物を濾し取る。有性生殖だけでなく、出芽による繁殖も行う。
【ひとこと】
学名に「スポンジア」とあるけど、お風呂用の海綿はこの海綿ではありません。口は、側面の表面に無数にある小さい穴で、逆に、口のように見える、大きく開いているところから海水を放出しています。開口部の中や、枝分かれしている隙間は、小魚やウミウシ、カクレエビなど、色々な生き物の隠れ家になっています。
by diver813 | 2004-08-25 21:39 | 海洋生物図鑑
#101 メバル
a0013160_1353429.jpg
【和名】 メバル
【学名】 Sebastes inermis
【体長】 25cm
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
色彩変異に富み、赤色型、黒色型、褐色型がある。受け口で目が大きい。体側の暗色横帯は不明瞭。背鰭と尻鰭に棘がある。
【生態】
北海道南部~九州、朝鮮半島南部の岩礁域に生息。水底よりやや離れ、斜め上を向き餌を待つ。卵胎生であり、1度の出産で3~10万の稚魚を生む。
【ひとこと】
最近赤色型、黒色型、褐色型が、それぞれa型、b型、c型と分類されました。和名はまだ提唱されていないようです。決め手は胸鰭の軟条数。a型が15、b型が16、c型が17本ということですが、海では数えていられません。色や形で予想するしかなさそうですね。市場などでは、昔から分けられていて、値段はc型>b型>a型の順だそうです。写真はたぶんb型。カサゴ同様おいしい魚です。
by diver813 | 2004-08-24 09:51 | 海洋生物図鑑
#100 イセエビ
a0013160_15484479.jpg
【和名】 イセエビ
【学名】 Stenopus hispidus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 イセエビ科
【体長】 25cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は変異があるが赤色が多い。頭胸甲には短い棘があり、前縁に一対の大棘がある。腹肢は板状で青く、黄褐色で縁取られる。雄は触角、歩脚が大きく、雌は腹肢が大きい。
【生態】
茨城県~九州の太平洋岸、九州西部・北部沿岸、台湾・韓国南部の岩礁域に生息する。夜行性で昼間は岩穴や岩の裂け目に潜む。産卵期は5~9月。
【ひとこと】
やっと#100。おめでたいということでイセエビです。移動する時に、一列に並んで行進するらしいのですが、その姿を見かけたことはまだありません。卵から孵るとフィロゾーマというぺらぺらの幼生になるのですが、最近水槽を縦回転させることで、この幼生を育てられるようになったそうです。早く採算ベースに乗って養殖できるようになるといいですね。ちなみに南方系のゴシキエビなどは、姿は似ていますが、味はよくありません。南で食べるならゾウリエビがおすすめです。
by diver813 | 2004-08-23 10:47 | 海洋生物図鑑
#099 シマウミスズメ
a0013160_16539100.jpg
【和名】 シマウミスズメ
【学名】 Lactoria fornasini
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 ハコフグ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は黄色で、不規則な青線が入る。体の横断面は5角形。小さな口は突出し、背中に1本、尾鰭の下に2本、眼の上に1本ずつ棘を持つ。
【生態】
伊豆半島以南、西部太平洋・インド洋の50以浅の岩礁域に生息する。雄はハーレムを形成し、バスケットコート程度の縄張りを持つ。興奮すると、皮膚から毒を持つ粘液を分泌する。
【ひとこと】
綺麗な青い模様と、瑠璃色の眼がかわいらしいハコフグの仲間。他のハコフグは、体の断面が四角ですが、シマウミスズメは五角形。体が硬く、鰭だけでぷるぷる泳ぐので、とってもチャーミング。なので、決して泳ぎが得意ではありません。でも、雄は広い縄張りを見回って、他の雄からハーレムを守ったり、雌が縄張りから出て行くのを防いでいます。捕まえられるぐらいゆっくりしか泳げませんが、毒の粘液が付くので素手では触らないようにしましょう。
正面から見た顔
by diver813 | 2004-08-20 10:04 | 海洋生物図鑑
#098 ネジレカラマツ
a0013160_18265650.jpg
【和名】 ネジレカラマツ
【学名】 Cirripathes spiralis
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ヤギ目 ウミカラマツ科
【高さ】 200cm
【撮影地】 伊豆 水深30m
【特徴】
群体は細長く螺旋状で枝分かれしない。ポリプの触手は6本。郡体は黄色のものが多いが、色彩変異がある。近縁種のムチカラマツは螺旋状にはならないので区別できる。
【生態】
本州中部以南の潮通しのよい岩礁域の海底に生息する。水中を漂うプランクトンなどを捕食する 。ガラスハゼ、ムチカラマツエビなどの小動物の宿主となる。
【ひとこと】
ねじれっぷりはA&Wのカーリーフライなみ。こんな形でもサンゴの仲間。枝分かれしないシンプルな形ですが、色々な生き物が隠れているので、探してみてください。指で輪を作り、根元からなぞるようにすると、突然動くものが出てきたりします。触っても動かないイボイソバナガニとかもいますが・・・
上から見るとこんな感じ
by diver813 | 2004-08-19 10:25 | 海洋生物図鑑
#097 ツノダシ
a0013160_12185.jpg
【和名】 ツノダシ
【学名】 Zanclus cornutus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ツノダシ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は前方が白で後方が黄色。黒色横帯が2本入る。体は強く側扁し、背鰭が長く伸び、口が突出する。また眼窩部に1対の突起ある。尾鰭は黒い。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋・インド洋・東アフリカ沿岸に分布。200m以浅の珊瑚礁域、岩礁域に生息する。単独、または数個体の群れで行動し、稀に大群を形成することがある。昼行性でカイメンなどを食べ、夜は体色が薄くなる。
【ひとこと】
海の熱帯魚の代表。熱帯魚だけど伊豆でも見れます。観賞用として人気が高いのですが、意外と産卵などの生態はわかっていません。そして、食用ではありません。ハタタテダイという似た魚がいますが、ツノダシは尾鰭が黒いので見分けられます。怖がり屋さんで、すぐ逃げてしまいます。
by diver813 | 2004-08-18 08:59 | 海洋生物図鑑
#096 ハナヤサイサンゴの一種
a0013160_1749573.jpg
【和名】 ハナヤサイサンゴの一種
【学名】 Pocillopora sp.
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ハナヤサイサンゴ科
【郡体直径】 30cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
枝状・塊状の群体を形成するハードコーラル。郡体は不規則な樹状に分岐する。ポリプは埋没し、突出しない。褐色、桃色、紫色、緑色など色彩変異が激しい。
【生態】
紀伊半島以南に生息。ポリプは昼間も開き、内部共生する褐虫藻より栄養を摂取しする。流れの速い場所に生息するものは枝が太くなり、さらに速い場所では塊状となる。
【ひとこと】
カリフラワーのような形。ハナヤサイサンゴとはよく名付けたもんです。ハナヤサイサンゴ科にはショウガサンゴなんて名前のサンゴもあります。入り組んでいるので、小魚、サンゴガニ、サンゴテッポウエビ、巻貝、ウロコムシなど色々な生き物の隠れ場所になっています。
by diver813 | 2004-08-17 23:50 | 海洋生物図鑑
#095 キュウセン
a0013160_1452382.jpg
【和名】 キュウセン
【学名】 Halichoeres poecilopterus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体側に2本の黒縦帯が入る。幼魚と成魚、雌雄で色彩変化が激しく、雄は緑色の地で、鰓蓋の後方に黒斑が入り、雌は乳白色の地に褐色の縦帯が入る。
【生態】
北海道南部~九州の岩礁域周辺の砂泥底に生息。雌から性転換した雄と複数の雌からなるハーレムを形成する。昼行性で夜は砂に潜る。また水温が下がると、砂に潜り冬眠する。
【ひとこと】
餌付けをしなくても、砂を巻き上げるだけで集まってきてくれる、人懐っこいを通り越し、ちょっと邪魔っていうか、迷惑な魚。でも、明け方に砂から出てくる時に、頭だけを出して周りをきょろきょろ見回す姿は、一度見てみたいもんです。関西では食用にするらしいけど、食べたことはありません。食べると、結構美味しいらしいです。
by diver813 | 2004-08-16 10:54 | 海洋生物図鑑