The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
#084 アオウミウシ
a0013160_17482152.jpg
【和名】 アオウミウシ
【学名】 Hypselodoris festiva
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体色は鮮やかな青で、周縁部に黄色の縁取りが入る。また、体には黄色の縦縞や斑点があり、触角、二次鰓は橙色~赤。
【生態】
日本各地の浅い岩礁域に生息する。カイメンなどを食べる。産卵期は春~夏。粘膜による表面張力で、さかさになって水面を歩くことができる。
【ひとこと】
ウミウシと言えば、これっていうぐらいメジャーなウミウシ。小さくて、鮮やかで、やわらかくて。ウミウシは貝殻が退化してなくなった、巻貝の仲間で、その証拠に幼生の頃にはきちんと貝殻がありますし、アメフラシにも貝殻の名残があります。貝殻で身を守る代わりに、体内に毒を溜め込むなどして、身を守っています。
by diver813 | 2004-07-30 21:50 | 海洋生物図鑑
#083 マアナゴ
a0013160_0255739.jpg
【和名】 マアナゴ
【学名】 Conger myriaster
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ウナギ目 アナゴ科
【体長】 70cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は細長く、尾端部は適度に細い。白点は側線各孔及び、背鰭の下方に一列、頭部にも密布される。鱗、腹鰭がはない。背鰭始部は胸鰭先端より後ろにある。
【生態】
北海道以南、朝鮮半島、東海岸の沿岸の砂泥底に生息。夜行性で、魚類や多毛類、甲殻類を捕食すする。
【ひとこと】
珍しく、白昼堂々と泳いでました。幼魚はシラスといっしょに、たくさん混穫されてしまうらしい。ちょっともったいない。大きくなったら、すしとか天ぷらになるのに・・・。個人的には煮たあと、軽く炙った、香ばしくやわらかいアナゴが好き。㌔2200円。
by diver813 | 2004-07-30 00:27 | 海洋生物図鑑
#082 ラッパウニ
a0013160_1681855.jpg
【和名】 ラッパウニ
【学名】 Toxopneustes pileolus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海胆綱 サンショウウニ目 ラッパウニ科
【殻径】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
棘が密生し、殻は通常見えない。棘は短く先端がラッパ状に開く。棘の先端には三叉状のカギがある。
【生態】
千葉県以南の岩礁域、珊瑚礁域に生息する。体に貝殻やサンゴ片を付け、棘に毒を持つ。ウニの中では移動速度が速い。ゼブラガニの宿主。
【ひとこと】
触ると、棘の先にある3本のカギが中心に向かって閉じ、この時にできる2~3mmの切り傷から毒が入ります。毒による症状には個人差があるらしく、「ぜんぜん平気。ラッパウニでキャッチボールしたことがある。」と豪語する友人もいました。
ゼブラガニはラッパウニの棘を食べるので、棘が禿げているラッパウニがいれば、ゼブラガニがいるかもしれません。棘に注意しながらひっくり返して探してみてください。
by diver813 | 2004-07-28 09:30 | 海洋生物図鑑
#081 ニザダイ
a0013160_13561814.jpg
【和名】 ニザダイ
【学名】 Prionurus scalprum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 45cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体は側扁し、非常に平たく楕円形。口が小さく、体は黒褐色で、尾鰭は白い。尾鰭の付け根にある3~4個の黒班には、鋭い棘がある。
【生態】
宮城県・新潟県~台湾北部に分布。浅い岩礁域に生息し数匹~数百匹の群れをつくる。石灰藻類を食べる。
【ひとこと】
可愛い顔をしていますが、尾の棘は鋭いので注意が必要。尾の付け根の模様から、地方によって「サンノジ」とか「オサン」と呼ばれ、「上等兵」と言う場所もあるそうです。「おいしい」という話と「臭い」という話で評価は分かれていて、サンノジ模様の部分を外すと臭くないという話もあります。
by diver813 | 2004-07-27 23:57 | 海洋生物図鑑
#080 ケヤリムシ
a0013160_1563562.jpg
【和名】 ケヤリムシ
【学名】 Sabellastarte japonica
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 ケヤリムシ科
【鰓冠直径】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
発達した漏斗状の鰓冠を持つ、管住性のゴカイ類。鰓冠の繊毛の生えた羽状突起があり、赤地に白い斑点があるものが多いが、白、黄色、赤と色彩変異に富む。
【生態】
本州中部~九州に分布、岩の割れ目などに、体からの分泌物で棲管を作り生息する。管状の鰓冠の羽状突起で水中の有機物を濾しとって捕食する。
【ひとこと】
引っ込んだ後の棲管をひっぱると、棲管だけが取れて、中身がついてきません。綺麗な鰓冠だけでなく、一度中身を見て、「ゴカイなんだなぁ」と実感してみたいものです。鰓冠が大名行列の毛槍に似ているので、この名前がついたそうです。
フィリピンのケヤリムシとはずいぶん違いますね。
#004 ケヤリムシの一種
by diver813 | 2004-07-26 22:48 | 海洋生物図鑑
#079 タカノハダイ
a0013160_1401788.jpg
【和名】 タカノハダイ
【学名】 Goniistius zonatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 タカノハダイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は銀色で、茶褐色の縞模様が斜めに8本入る。口は小さく唇が厚い。尾鰭に白斑が入る。鱗は硬い。
【生態】
本州中部以南の南日本、東シナ海、紅海の岩礁域に生息。甲殻類をはじめとする底生動物を捕食する。幼魚はアマモ場などに生息する。
【ひとこと】
鷹の羽のような模様なのでタカノハダイ。雑食で、磯釣りでも良く釣れるし、イセエビの刺し網などにたくさんかかりますが、肉には独特の匂いがあって、普通食べません。時期と場所により、食べられないほど臭いものもいるそうです。見て楽しむのが一番よさそう。
by diver813 | 2004-07-24 22:01 | 海洋生物図鑑
#078 カザリイソギンチャク
a0013160_10341879.jpg
【和名】 カザリイソギンチャク
【学名】 Alicia pretiosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 カザリイソギンチャク科
【直径】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
ひょうたん~円錐型で塊状。触手は透明。体壁に袋状の刺胞を持つ突起があり、先端に白斑が入る。
【生態】
本州中~南部の20m以深に生息。岩に足盤で付着する。強い刺胞毒を持つ。夜間は上部から細長い無数の触手を伸ばす。
【ひとこと】
昼間はふよふよした塊ですが、夜になると岩から生える髪の毛のようで、ぜんぜん違う形。同じ種類と思えません。光を当てると触手が引っ込んでしまいます。昼に触手を見たい場合は、刺激を与えると伸ばしてくれますが、素手で触るのはやめておきましょう。カザリイソギンチャクといっても、カザリイソギンチャクエビはいません。
by diver813 | 2004-07-23 09:35 | 海洋生物図鑑
#077 オニカサゴ
a0013160_13594418.jpg
【和名】 オニカサゴ
【学名】 Scorpaenopsis cirrhosa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 25cm
【撮影地】 伊豆 水深30m
【特徴】
体色は褐色の個体が多いが、色彩変異が激しい。非常に大きな口を持ち、体全体に皮弁が生え、周囲に溶け込む。
【生態】
本州中部以南、中・西部太平洋、インド洋の岩礁域に生息。単独で行動し、岩に擬態し、待ち伏せ、魚を捕食する。背鰭・腹鰭・臀鰭の棘に毒を持つ。
【ひとこと】
一見岩にしか見えないので、間違って手をつくと、背びれの棘に刺されて大変なことになります。蛋白毒なので、刺されたら火傷しない程度のお湯につけましょう。あまりにも見事な擬態と、大きな口のおかげで、捕食成功率は非常に高いらしく、65%を超えるというデータもあります。カサゴの仲間なので美味しい。
by diver813 | 2004-07-22 23:01 | 海洋生物図鑑
#076 カザリイソギンチャクエビ
a0013160_1334625.jpg
【和名】 カザリイソギンチャクエビ
【学名】 Periclimenes ornatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
褐色を帯びた透明な体に白く細い縦縞が入る。第二鋏脚や歩脚、尾扇に白斑細かい白斑があり、眼の間に白い線が入る
【生態】
房総半島以南、西部大西洋、インド洋に生息。サンゴイソギンチャクやタマイタダキイソギンチャクを宿主とする。宿主に対する依存度が非常に高い。
【ひとこと】
サンゴイソギンチャクには、かなりの確立で付いています。保護色なので、見つけにくいのですが、イソギンチャクを刺激しない程度に、水を送ってイソギンチャクを揺らし、触手と違う動きをするものを探すと、結構簡単に見つけられます。
by diver813 | 2004-07-21 09:20 | 海洋生物図鑑
2004.07 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_10581024.jpg
          一番人気はハナハゼ


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  12.0m
Water Temperature 21℃
Entry 12:05
Exit 12:51
Dive Time 46min.

講習2本目。講習生はレギュレーターのリカバリー、マスククリア、バックアップ空気源の使用、疲労ダイバーの曳航とやることはいっぱい。
でも、課題はしっかりクリアして、オトヒメエビを見たり、ダテハゼとテッポウエビの共生を観察したり、しっかり「楽しみと経験のための水中ツアー」もできました。
2本目になると、二人とも体がしっかり横になっていて、ぱっと見ふつうのツアーダイブ。砂埃を巻き上げながらブルドーザーのように進む、他のファンダイバーを見て、「バッファローみたい。」と笑えるツワモノに仕上がりました。
あとは、次の海洋講習でも今日のことを忘れていないかどうか・・・
by diver813 | 2004-07-21 09:00 | Diving Log