The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
#062 ムラサキハナギンチャク
a0013160_20950.jpg
【和名】 ムラサキハナギンチャク
【学名】 Ceriantbus filiformis
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ハナギンチャク目 ハナギンチャク科
【直径】 40cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
口盤周辺の触手は短く、外縁の触手は非常に長い。触手は先細りする。触手は根元が乳白色で、先端が紫色になるものが多いが、色彩変異が激しい。
【生態】
相模湾~九州西岸、内湾の砂泥底に生息。周囲の砂や泥と、分泌する粘液で、やわらかく丈夫な棲管を作る。浮遊する有機物を食べる。
【ひとこと】
何もなさそうな砂泥底に、ぽつんと咲いて、揺れている。でもよく見ると、カニやヤドカリが隠れていたり、棲管には一緒にホウキムシが住んでいたりします。つっついたりして、刺激を与えると、砂の中にキュポンと引っ込んでしまいます。
by diver813 | 2004-06-30 23:29 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2004.06 伊豆山 The 3rd Dive
a0013160_14028.jpg
          たくさんの魚が右往左往


Site 伊豆山 定置網
Maximum Depth  18.7m
Water Temperature 21℃
Entry 13:10
Exit 13:50
Dive Time 40min.

せっかく透明度がよかったので、定置網をじっくり見たいと船長に頼んで、今度は定置網横からエントリー。
1枚の写真に収まらない、定置網のダイナミックさを堪能し、砂地のヒラメを手の乗せて遊んだりしながら進んでいくと、ガイドさんがアサヒガニを発見。
海の中でアサヒガニを見たのは初めて。もう大興奮。
生き物を見て、こんなに興奮したのはひさしぶり。
アサヒガニのところに30分いてもよかったなぁ。
by diver813 | 2004-06-29 23:01 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#061 キタマクラ
a0013160_105619.jpg
【和名】 キタマクラ
【学名】 Canthigaster rivulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
背側が茶色で、腹側が白く、側面に2本の黒縦帯が入る。眼が瑠璃色に光る。雄は繁殖期に、青い網目模様の婚姻色が出る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の水深100m以浅に分布。岩礁やサンゴ礁に生息する。 雑食性で、海藻、貝、甲殻類などを食べる。皮膚に強い毒を持ち、肝臓と腸にも毒がある。身と卵巣は無毒。
【ひとこと】
フグの仲間ですが、膨らみません。食べると、中毒で死んでしまうのでキタマクラ。身は結構美味しいらしい。伊豆では、他の魚がいない時でも、絶対現れる普通種。好奇心が強く、寄ってくるのですが、珍しくないので嬉しくない。春に出てくる小さい個体は愛らしく「マメマクラ」という愛称があります。

#061 キタマクラ(追記)
by diver813 | 2004-06-29 08:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2004.06 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_122416.jpg
          入っていたのはウツボだけ


Site 伊豆山 定置網
Maximum Depth  17.1m
Water Temperature 21℃
Entry 10:35
Exit 10:43
Dive Time 8min.

久しぶりの作業泉水。漁師さんのお手伝いで、「ツリガネ」という仕掛けにブイを結ぶという、ただそれだけの作業。
エントリーから即潜行すると、目の前には巨大な定置網。そのまま潜行を続けると、すぐにツリガネを発見。
ピンポイントの場所に落としてくれる船長を、改めて尊敬。
ブイの紐をツリガネに結び終わって、作業終了。と、思ったら、20mほど離れたところに、もう一個ツリガネが・・・。聞いてないよ。
とにかく、2個のツリガネを寄せようと、持ち上げようとしたら、重くて持ち上がらない。
結局、試行錯誤の末に「転がせばよかった」ということがわかり、無事2つをブイに結びました。
上がってから船長に聞いたら、「去年のやつだ。」とのこと。
ちなみにツリガネは1個8000円。いい仕事したな。
by diver813 | 2004-06-28 23:25 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#060 アサヒガニ
a0013160_113625.jpg
【和名】 アサヒガニ
【学名】 Ranina ranina
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 アサヒガニ科
【甲長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
甲は縦長で、体色は赤い。歩脚の指節は扁平で先が尖る。腹節は折り畳まれない。雄は甲の前側にある鋸歯が大きく発達する。
【生態】
本州中部以南、インド洋西部の水深20~80mに分布。砂泥底に潜り、目だけを砂から出して周囲の様子を覗う。泳ぐ時は前へ進むが、砂に潜る時は後ずさりする。
【ひとこと】
潜るのが速いので、砂から出ている目を、こっちが見つけるのが先か、向こうが潜るのが先か、そこが勝負の分かれ目。味噌、身とも、カニのコクにエビの甘味を加えた濃厚な味わいで、カニの中では一番美味しいと思う。1杯2000円~。
動画岩が邪魔で潜れず、股の間を逃げた。かわいすぎ!
動画ちゃんと潜るとこんな感じ。
by diver813 | 2004-06-28 22:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
2004.06 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_123034.jpg
          古タイヤがお気に入り


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 21℃
Entry 9:50
Exit 10:27
Dive Time 37min.

西よりの風が吹いてくれたおかげで、透明度はばっちり。
でも、カメラがメモリーカードを認識してくれず、写真は撮れずじまい。
ムギワラエビとか、ウシノシタの子供とか、被写体は結構いたのに・・・残念。
ちょっと前に、ウエイトポーチを落としてしまった人がいたので、それを探したのですが、さすがに台風の後では見つからず。
砂に埋まってしまったんじゃないかな?
by diver813 | 2004-06-27 22:31 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#059 オビテンスモドキ(幼魚)
a0013160_114937.jpg
【和名】 オビテンスモドキ(幼魚)
【学名】 Novaculichthys taeniourus (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
幼魚は茶色の地に、濃い茶色の横縞と白斑が入る。また背鰭の前2棘が長く伸びる。成長に伴い、体色、斑紋、体型が大きく変化する。成魚の体長は約25cm。
【生態】
中・西部太平洋、インド洋、紅海の珊瑚礁域に生息。幼魚は海藻に擬態し、体をくねらせて泳ぐ。肉食。
【ひとこと】
「ひらひら」というより、「ぴょこんぴょこん」と動くので、なかなか写真が撮りにくい。自分の体の倍以上の石を動かすことができる力持ち。砂地に、サンゴ片を集めた寝床を作り、潜り込んで寝るのですが、かえって寝心地は悪そう。
by diver813 | 2004-06-25 09:50 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#058 マダコ
a0013160_13152.jpg
【和名】 マダコ
【学名】 Octopus vulgaris
【分類】 動物界 軟体動物門 頭足綱 八腕形目 マダコ科
【胴長】 20cm
【撮影地】 神津島 水深15m
【特徴】
体に細かい網目模様があり、体色は周囲の環境に合わせ変化する。8本の腕の長さはほぼ同じで、外套長の2.5~3倍。雄は第2・第3腕に拡大吸盤があり、右第3腕の先端に生殖器がある。
【生態】
本州中部以南の岩礁域、水深200m以浅に生息。夜行性で二枚貝や甲殻類を捕食する。外敵に襲われると墨を吐く。
【ひとこと】
目もいいし、頭もいいし、力もあるし、擬態も上手。なかなか凄い生物。なのに、狭くて暗い所が好きなので、蛸壺漁であっさり捕まる。イカと違うポイントは足の数ではなく、吸盤の縁に硬いリングがついているのがイカ、付いていないのがタコ、という吸盤の違いです。ちなみに吸盤の唐揚がうまい。
by diver813 | 2004-06-24 10:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#057 ハマクマノミ
a0013160_141944.jpg
【和名】 ハマクマノミ
【学名】 Amphiprion frenatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
大型クマノミ。雄の体色は鮮やかな赤で、雌はやや黒味がかる。眼の後ろに、1本の太い白色横帯が入る。幼魚には2~3本の白色横帯があるが、成長とともに後ろ2本が消失する。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、インド洋、アフリカ東岸に生息。タマイタダキイソギンチャクやシライトイソギンチャクなどを宿主とする。宿主に対する依存度が非常に高く、縄張り意識が強い。
【ひとこと】
ハマクマノミはかなり好戦的。なので、突進してくる姿、正面の写真ばかりになってしまいます。別種とされているオーストラリアンアネモネフィッシュ、レッドアンドブラックアネモネフィッシュなどと、よく似ているんですが、実は同種で、地理的な要因からの色彩変異なのでは、とも言われています。
by diver813 | 2004-06-23 23:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#056 オオカイカムリ
a0013160_115414.jpg
【和名】 オオカイカムリ
【学名】 Dromidiopsis dormia
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 カイカムリ科
【甲長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深20m
【特徴】
大型で甲は丸みがある。甲前側縁の鋸歯状の突起は左右各4歯。体には細かい毛が生えるが、鋏脚の先端には生えず、2対の後脚は背側に曲がる。
【生態】
紀伊半島以南の珊瑚礁域、水深50m以浅に生息。後脚でカイメン、ウミキノコなどを背負い、擬態する。夜行性。
【ひとこと】
今まで、何回か出会ったことがあるんだけど、何かを被っている姿は見たことがなく、みんなオオカイカムラナイでした。結構ゴツイんだけど、まるみがあって愛らしく、かっこかわいい。結構好き。
by diver813 | 2004-06-22 22:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)