The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2004.05 I.O.P. The 1st Dive
a0013160_151014.jpg
          左足がつかれた


Site 伊豆海洋公園
Maximum Depth  20.8m
Water Temperature 17℃
Entry 11:31
Exit 12:18
Dive Time 47min.

エントリーをすると、水中はカジメ、ホンダワラなどの海藻の森。そこをぬけて、沖へ進むと砂地が広がっている。砂地に設置されたアオリイカの産卵床をまわったり、砂に潜む生き物を探したりしていたら、急に右足に「ぶつん」という感覚が・・・。見るとフィンの金具がなくなっている。結局後半はずっと左足だけで、壊れたフィンを抱えて泳いでいた。それでも写真は撮ったけど。
by diver813 | 2004-05-31 10:20 | Diving Log
#041 ヒラメ(幼魚)
a0013160_122218.jpg
【和名】 ヒラメ(幼魚)
【学名】 Paralichthys olivaceus (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カレイ目 ヒラメ科
【体長】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は扁平で、両眼は体の左側に寄る。体色は周囲の環境に合わせ変化する。口は著しく大きく、目の後縁下部近くまで開き、するどい歯を持つ。
【生態】
沖縄を除く日本沿岸、千島列島、朝鮮半島、中国の西部太平洋、水深10m~200mに生息。幼魚は甲殻類や小型魚類、多足類を捕食するが、成魚は大型の魚類を捕食する。
【ひとこと】
どこにいるかわかるかな?縁側付近に水玉模様が並んでいるのと、尻尾が見えれば正解。ちなみにヒラメは裏側が真っ白のものが純天然モノ。黒い染みが入っているものは放流モノか養殖モノらしい。子供の頃に食べた餌の違いが原因だそうです。
by diver813 | 2004-05-31 09:23 | 海洋生物図鑑
#040 ミゾレウミウシ
a0013160_162953.jpg
【和名】 ミゾレウミウシ
【学名】 Chromodoris willani
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体色は薄い青で、体の縁は白色。左右に1本ずつ細く濃い青縦帯が入り、中心に縦帯と同色の斑点が縦に並ぶ。触覚と二次鰓は灰色で細かい白点が入る。
【生態】
西部太平洋の珊瑚礁域に分布。礁斜面の岩棚に生息する。活発に行動する。食性は不明。
【ひとこと】
プラスチックのような、ゴムのような素材感と、鰓のメタリック感が、作り物っぽい。きつい色をした、他のウミウシのような派手さはないけど、個人的には好きな色。白っぽい色は海の中では目立つので、見つけやすい。
by diver813 | 2004-05-28 10:31 | 海洋生物図鑑
#039 ミスジアカヒレイシモチ 
a0013160_145612.jpg
【和名】 ミスジアカヒレイシモチ
【学名】 Apogon trimaculatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は菱形。第二背鰭が大きい。体色は茶色で、第一背鰭基部に1本、第二背鰭基部に2本、合計3本の短い黒色横帯が入る。
【生態】
西部太平洋の珊瑚礁外縁にある岩穴に生息。昼間は暗がりに隠れ、夜間に行動する。甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
色は地味だけど、形がかわいい。学名の「あぽごん」もなんか愉快。イシモチの仲間は、雄が口の中で卵を育てる「口内保育」をするんだけど、間違って子供を飲んだりしないか、息苦しくないか、顎は疲れないのか・・・気になる。
by diver813 | 2004-05-27 23:57 | 海洋生物図鑑
#038 ダイノウサンゴの一種
a0013160_142853.jpg
【和名】 ダイノウサンゴの一種
【学名】 Symphyllia sp.
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 オオトゲサンゴ科
【郡体直径】 25cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
塊状の群体を形成するハードコーラル。郡体は赤褐色。ヒトの大脳のように不規則に曲がりくねった溝が全体を覆う。隔壁に鋭い鋸歯があり、溝には口が一列に並ぶ。
【生態】
西部太平洋の珊瑚礁の礁斜面に生息する。夜間にポリプを広げ、昼間はポリプを出さない。
【ひとこと】
大きさ、形は本当に大脳。色がもう少し薄くて、灰色がかっててやわらかかったら完璧なんだけどな。残念ながら固い。石頭?本物そっくりでも気持ち悪いだろうけど。
by diver813 | 2004-05-26 09:30 | 海洋生物図鑑
海が見える夜景
a0013160_12320.jpg
仕事を終え、家に帰って寝るだけだと、人生を損した気分になるので、ドライブがてら、よく、夜景を探しに行く。ひとりでも。
海辺から見る夜景も好きだけど、高いところから遠目に見る、海が見える夜景が特に好き。
いろんな夜景を見てきたけど、新しい夜景に出会った時は、いつもときめく。
すごい夜景がありそうだな予感を持ちつつ、目的地を目指す時の胸の高鳴りはやめられない。
お気に入りの風景は?
by diver813 | 2004-05-26 09:04 | Trackback
#037 ハナビラクマノミ
a0013160_171314.jpg
【和名】 ハナビラクマノミ
【学名】 Amphiprion perideraion
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 7cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
比較的小型のクマノミ。体色は桜色~撫子色。背縁部が頭部から尾柄にかけて白く、頭部に1本の白横帯が入る。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋、東部インド洋の水深40m以浅に生息。潮通しの良いサンゴ礁のシライトイソギンチャクやセンジュイソギンチャクなどを宿主とする。宿主に対する依存度が非常に高い。
【ひとこと】
ハナビラクマノミは縄張り意識がそれほど強くないので、突っついたりしてこないで、隠れてばかり。サーモンピンクの体色とその性格まるでお嬢。セジロクマノミと似ているけど、セジロクマノミには頭部の白横帯がないので区別できます。
by diver813 | 2004-05-25 09:14 | 海洋生物図鑑
#036 ニシキボヤ
a0013160_195220.jpg
【和名】 ニシキボヤ
【学名】 Polycarpa aurata
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 側性ホヤ目 シロボヤ科
【体高】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
入水口、出水口ともに大きく開く。地は紫色。入水口、出水口の周囲、及び突出する部分は黄色。表面はなめらか。
【生態】
西太平洋の岩礁域に生息す単体性のホヤ。入水口から海水を取り込み、呼吸を行うとともに有機物をろ過し、摂取する。
【ひとこと】
南の海ではホヤまでカラフル。でも、ホヤは色も形もセンスないなぁ。ホヤ類の体を覆う固い被嚢は食物繊維セルロースを含んでいるけど、このセルロースはご存知の通り食物繊維の主成分。動物でこれを持つのは、ホヤ類を含む尾索動物だけ。マボヤのセルロースとかは、スピーカーの原料になってたりするそうな。
by diver813 | 2004-05-24 10:53 | 海洋生物図鑑
#035 クダゴンベ
a0013160_174851.jpg
【和名】 クダゴンベ
【学名】 Oxycirrhites typus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 7cm
【撮影地】 フィリピン 水深35m
【特徴】
白い地に赤の網目模様。吻が細く管状に伸びる。
【生態】
太平洋、インド洋、紅海の温帯・熱帯域、水深100m以浅に生息。ヤギ類やウミトサカ類に付く。サンゴや岩の隙間の甲殻類を食べる。
【ひとこと】
赤と白でおめでたいからか、水中写真の被写体として人気。でも、その体色もウミウチワなどを模したカモフラージュ。だから、これだけ派手でも、ぱっと見だと見つかりにくい。そして細長い口はサンゴや岩に隠れる甲殻類を食べるため。
by diver813 | 2004-05-21 10:49 | 海洋生物図鑑
#034 ヒメシャコガイ
a0013160_144938.jpg
【和名】 ヒメシャコガイ
【学名】 Tridacna crocea
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 シャコガイ科
【殻長】 12cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
サンゴに埋没し、通常は外套膜と殻の一部しか見えない。外套膜は鮮やかな青であることが多いが、黄色や褐色など色彩変化が激しい。
【生態】
沖縄以南の西太平洋・インド洋のサンゴ礁に生息。サンゴに縦穴をあけ、足糸で体を固定する。外套膜を上方に向け広げ、内部共生する褐虫藻より栄養を摂取する。
【ひとこと】
シャコガイはこれくらいのサイズが一番旨みがあり美味しい。刺身もいいけど、バター焼きもいける。ただし、貝の大きさのわりに身は小さいし、潮干狩りで採る時も、埋まっているから掘り出すのが大変。
by diver813 | 2004-05-20 23:50 | 海洋生物図鑑