The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2004年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧
#022 ウミシダの一種
a0013160_23568.jpg
【和名】 ウミシダの一種
【学名】 Comatulida sp.
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目
【腕長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
シダに似ているウミユリの仲間。ウミユリと違い、根や茎はない。体の中央にある冠から5の倍数本の腕が伸び、腕には多数の羽枝がある。体の下にある巻枝で岩などにつかまる。
【生態】
浅海の岩場や珊瑚礁に生息。潮通しのよい場所で腕を振り、漂っている有機物を捕食する。腕で捕らえた餌はベルトコンベアーのように口へ運ばれる。腕を交互に振ることで、漂いながら潮に乗り移動する。
【ひとこと】
こんな格好でもウニやヒトデの仲間。触れると腕がすぐ絡まってきて、気がつくと膝から生えていたりする。ウミシダヤドリエビなど、いろいろな生き物の隠れ場になっているので、じっくり見ると面白い。
by diver813 | 2004-04-28 23:57 | 海洋生物図鑑
#021 アカハチハゼ
a0013160_1309.jpg
【和名】 アカハチハゼ
【学名】 Valenciennea strigata
【体長】 15cm
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は円筒形。頭部は側偏し、後頭部がやや隆起する。体色は光沢がある青みがかった白、頭部は黄色、頬の青色帯は上唇につながらない。
【生態】
静岡県以南の中・西部太平洋、インド洋の珊瑚礁に生息。砂礫底の上をペアでホバリングしていることが多い。砂を口に含んで餌をこしとり、鰓から捨てる。捕食は必ず片方ずつ行い片方が周囲を警戒する。石の下などに巣穴を掘る。
【ひとこと】
クロイトハゼ属のハゼはいつも夫婦で寄り添っていて、見ていてほほえましい。手があったらぜったいつないでるはず。でも横には並ばずに上下に並んでいる。死角を減らすためじゃないかな。すぐ巣穴に逃げ込む怖がりさん。
by diver813 | 2004-04-27 23:01 | 海洋生物図鑑
#020 マルクサビライシ
a0013160_145816.jpg
【和名】 マルクサビライシ
【学名】 Fungia repanda
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 クサビライシ科
【直径】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
円形の単体性ハードコーラル。上部中央に細長い口があり、口及びその周縁が盛り上がる。隔壁は放射状で上縁に三角形の歯が並ぶ。褐色や赤褐色で緑がかったものもある。
【生態】
沖縄以南、珊瑚礁の砂礫底に生息。単体性で、固着はせず自由生活を行う。ポリプによる有機物の摂取及び、共生藻から栄養を摂取する。
【ひとこと】
紫外線を可視光線に変換して自ら蛍光色を出すので、夕方とか少し暗くなってきた時や深い所で見るときれい。まあ、本人は共生藻にエネルギーを作らせるためにやっているんだけど。
端のほうに魚の切り身を載せると、頑張って口まで運んで、食べるところが見られる。結構面白い。じっとしているようでもちゃんと動物。
by diver813 | 2004-04-26 23:52 | 海洋生物図鑑
#019 クマノミ
a0013160_211142.jpg
【和名】 クマノミ
【学名】 Amphiprion clarkii
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体色は赤~オレンジ色、黒色が強い個体もあり、色彩変化が激しい。頭部、体側、尾柄に白横帯がある。
【生態】
千葉県以南の中・西部太平洋、インド洋の珊瑚礁や岩礁域に生息。イボハタゴイソギンチャクをはじめとした、様々なイソギンチャクを宿主とし、幼魚は砂底のジュズダマイソギンチャクに群れることが多い。生息域や宿主によって色彩が変化する。
【ひとこと】
かわいい顔してかなり好戦的。近寄ると、口でツツンと一撃離脱の素早い攻撃を仕掛けてくる。間合いを取るのがうまいから、こっちから触ろうとしてもなかなか触れない。
by diver813 | 2004-04-25 21:12 | 海洋生物図鑑
#018 アオヒトデ
a0013160_113325.jpg
【和名】 アオヒトデ
【学名】 Linckia laevigata
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ホウキボシ科
【直径】 30cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
他のヒトデと異なり五本の腕は先細りせず、先端は丸みを帯びる。青い個体が多いが、緑色や褐色がかった個体もある。
【生態】
四国以南・亜熱帯・熱帯の浅海に生息。主に海底の有機物や微生物を食べる。腕の自切による無性生殖を行う。有性生殖を行う際には5本の足で体を持ち上げ背口盤にある肛門から放卵・放精を行う。
【ひとこと】
天敵であるフリソデエビに襲われている姿をよく見かけるけど、フリソデエビがかわいいので、襲っている方が人気者。ひっくり返した時にゆっくり元に戻ろうとする姿は思わず応援したくなる。体を自在に曲げて岩の隙間に入っていたりする。かたいくせにやわらかい。
by diver813 | 2004-04-23 09:34 | 海洋生物図鑑
#017 アオノメハタ
a0013160_123630.jpg
【和名】 アオノメハタ
【学名】 Cephalopholis argus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
褐色の地で、黒い縁取りの小さな青い斑点が体を覆う。色彩変化が激しく、後部が白く横縞がはっきり現れる個体もある。
【生態】
相模湾以南の太平洋,インド洋、紅海のサンゴ礁域に生息。大きな口で小魚や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
よく、ホンソメワケベラやオトヒメエビにクリーニング(寄生虫を食べてもらう)してもらっているところを見かけるけど、口の中をクリーニングしてもらっている時とかは、「よく食べずに我慢しているなぁ・・・」と感心する。でも、ハタを見ているだけで食べない自分もよく我慢していると思う。
by diver813 | 2004-04-22 23:37 | 海洋生物図鑑
神戸へ
a0013160_112118.jpg
ゴールデンウィークはフェリーを使って伊勢・志摩を経由し、神戸に行ってきます。
鳥羽水族館や須磨水族館も行く予定。
なのでその間は更新できませんが、あしからず。
今週末は愛知で友人の結婚式。乾杯の挨拶を任せられているため、現在盛り上げるネタ探しに没頭中。
※写真は須磨水族館のオウムガイ。かっこいー。
by diver813 | 2004-04-21 09:22 | Trackback
#016 チャツボボヤ
a0013160_1195.jpg
【和名】 チャツボボヤ
【学名】 Didemnum molle
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 内性ホヤ目 ウスボヤ科
【郡体高】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
通常2cm程度。表面に無数の微細な穴が空く。表面は白色だが、穴の周囲及び取水口内部は緑色。取水口内部には中心の仕切りをから樹状の組織が周囲に伸び体を支えている。
【生態】
沖縄以南、西太平洋のサンゴ礁域に生息する郡体性ボヤ。表面の微細な穴が個体ごとの入水口であり、ここから海水を取り込み餌を摂取する。また、内部共生する褐虫藻からも栄養を得る。
【ひとこと】
こいつは大きい。別種かと思った。左に群れているのが普通サイズ(いや、郡体だから1個でも群れだが・・・ああ、ややこしい)。実際別種扱いの図鑑もあったらしいが、結局別種じゃないことがわかり、まとめられたみたい。
ホヤの仲間はこんな形でも植物ではなく動物。しかも一生の中で背骨のようなもの(脊索)を形成する時期があり、広い意味で人間の親戚・・・っていうか昔の姿。つまり、エビ・カニやイカ・タコ、貝なんかより、ずっと近い間柄。
by diver813 | 2004-04-21 09:10 | 海洋生物図鑑
#015 ヘコアユ
a0013160_111925.jpg
【和名】 ヘコアユ
【学名】 Aeoliscus strigatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 トゲウオ目 ヘコアユ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は細長く極端に側扁、口は管状で突出する。体表は甲板でおおわれる。通常頭を下にして泳ぐため背鰭,尾鰭,臀鰭が成長とともに腹側へ移動する。
【生態】
相模湾以南、西太平洋、インド洋のサンゴ礁域に生息。数匹~数百匹の群れをなし逆立ちの状態で泳いでいるが、外敵から逃げるなど、素早く移動する場合は水平に泳ぐこともある。襲われるとガンガゼなどのウニの棘の間やウミシダの触手の間に逃げ込む。
【ひとこと】
枯れた笹の葉が漂っているけど、動きがなんか変?・・・と思うとこいつらがいる。体に入る縦のラインは、ガンガゼの棘を上手く真似していて、逃げ込んだ姿を見ると、「よくできているなあ」と、関心してしまう。でも、横になって逃げる姿は、ただの細い魚。
by diver813 | 2004-04-20 09:15 | 海洋生物図鑑
#014 アンナウミウシ
a0013160_131345.jpg
【和名】 アンナウミウシ
【学名】 Chromodoris annae
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体の縁は黄色。その内側の黒いラインに囲まれた青い背には細かい黒点が入る。触覚と鰓は濃い黄色。
【生態】
房総半島以南・西部太平洋・インド洋、やや内湾域の水深20m以浅に生息。食性などはよくわかっていない。
【ひとこと】
個体数が多いウミウシで、体色も鮮やかなのでよく見かける。ウミウシにしては元気に動くほう。ウミウシは殻がなく肉だけなので、捕食されないように、餌に含まれる毒を濃縮して蓄えてる。なので派手な体色は「食べるなキケン」という主張。実際食べるとマズイらしい。
by diver813 | 2004-04-19 09:14 | 海洋生物図鑑