The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
カテゴリ:海洋生物図鑑( 487 )
#487 キホシヤッコ
a0013160_23430795.jpg
【和名】 キホシヤッコ
【英名】 French angelfish
【学名】 Pomacanthus paru
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深10m
【特徴】
体は著しく側扁し、体高が高い。背鰭、臀鰭軟条が糸状に伸張し、尾鰭は円形。前鰓蓋骨の後下端に1本の棘を持つ。体色は黒く、体側の鱗は細い黄色線で縁取られる。
【生態】
フロリダ~ブラジルの西部大西洋・東部大西洋に分布。水深100m以浅の岩礁域に生息し、ペアで行動する。雑食性でカイメン類、ホヤ類、腔腸動物、藻類などを食べる。幼魚は他の魚類のクリーニングを行う。
【ひとこと】
グレイエンゼルと良く似ていますが、尾びれがまるいこと、胸鰭の付け根が黄色いことで区別できます。手から餌を食べるようになるほど良くなつくため、観賞魚としても人気が高く、キホシヤッコという和名より「フレンチエンゼル」の呼び名で親しまれています。味がよいそうですが、シガテラ毒を持つこともあるため食べるときは自己責任で。とても西洋っぽいデザインのヤッコだと感じるのは私だけでしょうか。
by diver813 | 2017-06-19 23:44 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#486 ハナタテサンゴ
a0013160_23573714.jpg
【和名】 ハナタテサンゴ
【英名】 N/A
【学名】 Balanophyllia ponderosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 キサンゴ科
【触手環直径】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
単体性で体は円筒形。触手は触手環辺縁に二重で並び先細る。体色は橙色、触手は透明で黄色の刺胞細胞が透けて見える。
【生態】
本州中部以南の西部太平洋に分布。50m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。単体で生息し共生藻を持たない非造礁性。
【ひとこと】
透明な触手に散らばる黄色い刺胞、その先に透けて見えるオレンジ色の体がとてもきれいなイソギンチャクのようなサンゴ。イソギンチャクっぽいですが固着して移動しないためサンゴだと言えばわかりやすいでしょうか?姿が美しいため観賞用として1,000円~3,000円で流通しています。

by diver813 | 2017-06-14 23:59 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#485 オドリハゼ
a0013160_01125036.jpg
【和名】 オドリハゼ
【学名】 Lotilia graciliosa
【英名】 Whitecap goby
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体はハゼ類の中ではやや太く短い。尾鰭は丸く、頭部より長い。体色は暗褐色で、上顎から背鰭にかけて太い白色縦帯が入る。尾鰭は透明で辺縁に黒斑が入る。
【生態】
紀伊半島以南、パラオ、グアム、マーシャル諸島の西部太平洋、インド洋・紅海に分布。50m以浅の砂泥底に生息し、ブトウテッポウエビと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかブトウテッポウエビ以外のテッポウエビと共生していることがほとんどありません。一途で相思相愛。ひらひら踊っているようにホバリングしているので、この名前がつけられたのでしょう。観賞魚としても人気でオドリハゼとブトウテッポウエビのセット価格は10,000円~20,000円。
by diver813 | 2017-06-10 01:18 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#484 ブトウテッポウエビ
a0013160_23510082.jpg
【和名】 ブトウテッポウエビ
【英名】 Red-spotted Goby Shrimp
【学名】 Alpheus rubromaculatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は円筒型でなめらか。第1鋏脚は左右で大きさが異なり、ともに側扁する。体は灰白色で腹部・脚に赤褐色の斑紋が等間隔に並ぶ。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋~紅海に分布。礁縁付近の砂底に生息する。オドリハゼと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかオドリハゼ以外のハゼと共生していることがほとんどありません。以前はオドリハゼ(ダンスゴビー)と共生していたためダンスゴビーシュリンプなどと呼ばれていました。でも英語での呼ばれ方はレッドスポッテドゴビーシュリンプ。ダンス=舞踏で舞踏鉄砲蝦とネーミングされたんですかね?
by diver813 | 2017-06-06 23:51 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#483 ナッソーグルーパー
a0013160_00380722.jpg
【和名】 ナッソーグルーパー
【英名】 Nassau grouper
【学名】 Epinephelus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深15m
【特徴】
体は卵形でやや側扁し体高が高く、口が大きい。体色は淡褐色で、頭部には音叉型とそれを囲む暗色帯が入り、体側は太い暗色横帯が入り、後半の横帯は背面で分岐しW字を描く。
【生態】
バミューダ諸島、フロリダ、バハマ、ブラジル北部の西部大西洋・カリブ海に分布。水深90m以浅の珊瑚礁域の浅所に生息し、魚類や甲殻類を食べる。12月~1月の満月に大集団を形成し産卵を行う。
【ひとこと】
体色が濃くなったり、赤っぽくなったり変化させられますが、模様が特徴的なのですぐに見分けることができます。ハタ科の仲間に違わず美味しいお魚で、ほどよいサイズということもあり、商業的にも娯楽的にも漁獲され個体数の減少が心配されています。産卵時期・産卵場などが明らかになっているため、禁猟期を設けるなどの対策をしています。白身魚なので現地ではグリルやムニエル、フライが主流ですが、鍋にしたら絶対美味しいと思う。
by diver813 | 2017-06-05 00:39 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#482 ワモンキセワタ
a0013160_01080073.jpg
【和名】 ワモンキセワタ
【英名】 Pilsbry's headshield slug
【学名】 Philinopsis pilsbryi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 カノコキセワタガイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
頭部は楯状で触角がなく、貝殻は退化し体内に埋没する。側足の縁は波打たず、なめらかな弧を描き側面を覆う。体色は半透明の白色~淡黄色で、腹足以外の全身に輪が連なったような暗色の斑紋が入る。
【生態】
屋久島以南、マダガスカル~ハワイの中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。内湾・外洋を問わず砂礫底に生息する。
【ひとこと】
色彩やパターンの変異が激しく、暗色が赤かったり、暗色斑紋の割合が多く、白い水玉模様に見える個体もいるようです。個人的には、こういうサイケデリックな模様を見ると、不安な気持ちになるので少し苦手。

by diver813 | 2017-06-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#481 サッパ
a0013160_02431941.jpg
【和名】 サッパ
【英名】 Japanese sardinella
【学名】 Harengula zunasi
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ニシン目 ニシン科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。体側~腹部は銀白色で背面は青緑色。鰓蓋上部の後ろに黒班が入る。
【生態】
北海道以南~台湾、黄海、南シナ海北部に分布。内湾や河口域の砂地に生息し、プランクトンを鰓耙で濾し取って食べる。産卵期は5~6月。
【ひとこと】
美味しすぎてご飯を借りてこなければならないことからつけられた「ママカリ」の呼び名が有名。煮て良し、焼いて良し、〆てよし。なのになぜか関東では重宝されません。コノシロに似ていますが、サッパは体側に点線が入らないことで見分けられます。
by diver813 | 2017-05-31 02:46 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#480 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_21030618.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【英名】 Script flatworm
【学名】 Pseudoceros scriptus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は扁平で柔らかい。頭部の縁は捲れ触角状になる。体色は白色で、正中線に淡い黄色縦線が入る。周縁部は橙色で背面に不規則な黒斑が入る。
【生態】
モルジブ諸島~オーストラリアのインド洋・太平洋に分布。珊瑚礁域の礁原や礁斜面に生息する。
【ひとこと】
名前の由来の「スクリプト」は背面に筆で描いたような黒斑があるからでしょう。この個体の黒斑はまばらですが、黒斑のパターンは様々で、正中線を囲う不規則な模様が入る個体が多いようです。気になる人は学名で画像検索してみてください。この個体だとメレンゲウミウシに擬態しているように見えますが黒斑が余計。周縁がオレンジで黒斑が入るウミウシは心当たりないんですよね。Pseudoceros contrariusとよく似ていますが、P. contrariusは背面に黒斑が入りません。
by diver813 | 2017-05-27 21:04 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#479 イエローテールスナッパー
a0013160_00505719.jpg
【和名】 イエローテールスナッパー
【英名】 Yellowtail snapper
【学名】 Ocyurus chrysurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 フロリダ 水深10m
【特徴】
体は細長く下あごがわずかに突出し尾鰭は二叉する。体色は淡い青みがかった緑色で、体側中央部と背に黄色縦帯が入り、背面に黄斑が入る。背鰭と尾鰭は黄色。
【生態】
マサチューセッツ州~バミューダ、ブラジル南東部、メキシコ湾、アンティル諸島など西ぶ大西洋に分布。水深100以浅の珊瑚礁域に生息し、単独から大群で行動する。肉食で小魚や甲殻類、環形動物などのプランクトンと底生動物を捕食する。
【ひとこと】
フロリダやカリブ海で良く見られるフエダイの仲間。地元ではかなり有名なお魚。大きいものでは80cmを超えることもあるそうで、釣魚や観賞魚としても人気です。白身で味も良く食用としても有名です。

by diver813 | 2017-05-26 08:16 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#478 スカシカシパン
a0013160_09310722.jpg
【和名】 スカシカシパン
【英名】 Sand dollar
【学名】 Astriclypeus manni
【分類】 動物界 棘皮動物門 海胆綱 タコノマクラ目 スカシカシパン科
【殻径】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
殻は円盤状で扁平、五放射対称で花紋の延長上に細長い穴が開く。背面は褐色で、花紋中央部と穴の周囲、腹面は淡色。
【生態】
相模湾~奄美大島、小笠原諸島に分布。砂泥底に生息し海底に半ば埋もれて生活し、砂中の有機物を食べる。
【ひとこと】
平たくて棘も見えませんがウニの仲間です。砂浜に打ち上げられ殻を見かけますが、穴がありもろいので大体割れてしまっています。穴は水を通すためとか、餌をスムースに腹面へ運ぶためとか仮説がありますが、明確な原因はまだ突き止められていないようです。

a0013160_09310669.jpg
裏側
by diver813 | 2017-05-25 09:35 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)