The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
カテゴリ:海洋生物図鑑( 465 )
#465 アオギハゼ
a0013160_031419.jpg
【和名】 アオギハゼ
【学名】 Trimma caudomaculatum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は細長くやや側扁する。体色は橙色で体側に太い青輝線が入る。尾鰭は青紫色で基部は黒い。
【生態】
和歌山県以南の太平洋岸~台湾、八丈島に分布。珊瑚礁域に生息し、岩棚の陰や洞窟の入口付近で腹を上に向けてホバリングする。数尾~十数尾の群れを作る。
【ひとこと】
色鮮やかで美しいのですが、小さくて、ちょっと薄暗く見にくいところにいるので、見逃しがちの魚。完全に暗い洞窟の中などではなく、洞窟の出口やオーバーハングの影など、中途半場に見えずらいところにいるのが、かえって見えにくかったりします。
by diver813 | 2011-05-30 00:32 | 海洋生物図鑑
#464 ミズタマ
a0013160_0481175.jpg

【和名】 ミズタマ
【学名】 Bornetella sphaerica
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 カサノリ目 ダジクラズス科
【直径】 0.5cm
【撮影地】 奄美 水深0.5m
【特徴】
体は球型~卵型で弾力がある。融合・分岐ずることなく単体で生育する。体色は緑色~褐色。体表に亀甲模様が入る。
【生態】
南西諸島に分布。礁湖に生息し、死滅した珊瑚片などに付着する。緑色の体色は生殖期になると一部茶色になる。
【ひとこと】
珊瑚礁のタイドプールなどで見ることができる海藻。丸い体は、中心から放射状に細胞が並ぶことにより形成されています。その細胞の配列が表面に亀甲模様を作っていて、よく見ると規則的にざらついています。ミズタマの仲間は日本には4種類、ホソミズタマ、ナガミズタマ、カタミズタマ。一気に読むと何かのおまじないみたいですね。
by diver813 | 2011-03-31 00:48 | 海洋生物図鑑
#463 ニシキフウライウオ
a0013160_1374779.jpg

【和名】 ニシキフウライウオ
【学名】 Solenostomus paradoxus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 トゲウオ目 カミソリウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 奄美 水深35m
【特徴】
体は細長く強く側扁する。吻部が長く腹鰭と尾鰭が大きい。体及び鰭に細い皮弁が密生する。体色は半透明で、赤・黄・茶・黒など変異に富んだ縞模様が入る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域のヤギ類、ウミトサカ類やウミシダ類付近に生息する。ペアでいることが多い。小型の甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
見た目もよく似ていますが、タツノオトシゴに近い種類です。しかし、オスが育児嚢で卵を守るタツノオトシゴと違い、メスが腹鰭に挟んで卵を守ります。ぱっと見派手な体をしていますが、これがヤギ類に紛れると見事なカモフラージュであることがよくわかります。見つけるポイントは、漂う怪しげな破片をスルーせず疑うこと。最近まではカミソリウオの個体変異とされていましたが1994年に別種とされました。

a0013160_1382828.jpg見事なカモフラージュ
by diver813 | 2011-03-23 01:40 | 海洋生物図鑑
#462 マルソデカラッパ
a0013160_0172175.jpg

【和名】 マルソデカラッパ
【学名】 Calappa calappa
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 カラッパ科
【甲幅】 10cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
甲は横長の楕円形でドーム状に隆起しなめらか。鋏脚の掌部指部が頗る幅広い。体色は変異に富み、白色、淡褐色、褐色の斑紋が散在など様々。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋に分布。50m以浅の砂底、砂泥底に生息する。夜行性だが、昼活動する姿も見られる。二枚貝、巻貝を捕食する。
【ひとこと】
手で口元を隠し、ウププと笑っているように見える、とてもかわいらしいカニ。しかし、その可愛い手は貝殻をバリバリ砕くために進化した形です。脚が甲羅に隠れているので、歩く姿はまるで歩くヘルメット。ほかのカラッパの仲間と比べて、つるつるなめらかなことが本種の特徴です。学名まで可愛い、からっぱ!からっぱ!


動画 歩くヘルメット

a0013160_017476.jpg横から見た姿




a0013160_0184486.jpg抱卵中
by diver813 | 2011-03-15 00:21 | 海洋生物図鑑
#461 ハシナガウバウオ
a0013160_20545919.jpg

【和名】 ハシナガウバウオ
【学名】 Diademichthys lineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ウバウオ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は円筒形で細長く、吻が著しく突出する。腹吸盤はあまり発達しない。体色は赤褐色で、背中線、腹中線、左右体側中軸に淡黄色の細い縦線が入る。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深10m以浅のガンガゼ類の周囲やサンゴの枝間に生息する。
【ひとこと】
腹鰭が変形した腹吸盤で吸着するのがウバウオ科の特徴ですが、本種は腹吸盤があまり発達せず、ほとんど泳ぎ回っています。ガンガゼ類の棘の間をクネクネ泳いでいて、見つけやすくはありますが、ピント合わせは少し大変。ピントは固定してカメラを動かしながら撮るのがオススメです。

a0013160_205642.jpg正面顔




a0013160_20563658.jpg真っ直ぐな姿
by diver813 | 2011-03-13 20:59 | 海洋生物図鑑
#460 レモンウミウシ
a0013160_0141641.jpg
【和名】 レモンウミウシ
【学名】 Notodoris citrina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 センヒメウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は厚みがあり円筒形。鰓の前方は瘤状に膨れる。体色は鮮やかな黄色で、微細な暗色斑が蜜布する。卵塊は体色と同じく黄色。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、黄色のカイメンを捕食する。
【ひとこと】
鮮やかなレモンイエローのウミウシですが、ぱっと見がカイメンそっくりなので、黄色いカイメンに乗っている時はもちろん、単独でいても見逃してしまいがち。細長い黄色いカイメンがいたら、疑ってみましょう。カイメンのように細かい穴がたくさん開いているように見えますが、実は模様です。
by diver813 | 2010-10-05 00:15 | 海洋生物図鑑
#459 アカネハナゴイ
a0013160_0305750.jpg

【和名】 アカネハナゴイ
【学名】 Pseudanthias dispar
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ハタ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、背鰭第2棘が最長、尾鰭は二叉する。体色は黄色。雄の背鰭は赤色で、背鰭、尾鰭、臀鰭は青色で縁取られる。
【生態】
琉球列島以南の中・西部太平洋、東部インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁外縁で群れを形成する。
【ひとこと】
雄の背鰭を広げた姿から通称「モヒカン」この写真よりもっと背鰭が前にせり出します。上唇も雌より突き出ていたりで、遠くから見たら綺麗ですが、近くで見るとちょっとヤンキー。そんな特徴的な雄に対して、メスはこれといった特徴がありません。いるところにはいるのですが、いないところにはさっぱりで、日本では宮古島・石垣島・西表島でよく見られます。

a0013160_0314514.jpg
背鰭を閉じている姿




a0013160_0321543.jpg
後ろで背鰭を立てているのがたぶん雌
by diver813 | 2010-08-17 00:33 | 海洋生物図鑑
#458 ヒメイソギンチャクエビ
a0013160_0342944.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャクエビ
【学名】 Hamopontontonia corallicola
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
第1、第2胸脚が鋏脚となり、額角に関節はない。体は透明で歩脚には茶褐色の小斑が散在し、尾柄に斑紋は入らない。
【生態】
伊豆半島以南からオーストラリア北部までの西部太平洋に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソギンチャクや大型のポリプを持つサンゴに共生する。
【ひとこと】
イソギンチャクエビに似ていますが、尾柄に斑紋が入らないことで見分けることができます。それに、本種のほうがズングリムックリな体をしています。また、イソギンチャクエビと違って一部のイソギンチャクに限らず、ハナガササンゴ類や触手が長いクサビライシ類を宿主としています。

a0013160_03598.jpg
横から見た姿
by diver813 | 2010-04-28 00:35 | 海洋生物図鑑
#457 リュウキュウヤライイシモチ
a0013160_23305266.jpg

【和名】 リュウキュウヤライイシモチ
【学名】 Cheilodipterus macrodon
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、大きな犬歯を持つ。体側に8本の暗褐色縦帯が入る。尾柄部のに眼より大きな黒斑があるが、成長するにつれて不明瞭になる。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。珊瑚礁や岩礁域に生息する。夜行性で昼間は岩陰に単独で身を潜める。口内保育を行う。
【ひとこと】
カスミヤライイシモチに似ていますが、本種は体側に入る暗褐色の縦帯が太いため区別できます。大きな犬歯を持つため、英語ではLarge toothed cardinalfish, Tiger cardinalfishなどと呼ばれています。
by diver813 | 2010-04-22 23:33 | 海洋生物図鑑
#456 タマイワスナギンチャク
a0013160_23224847.jpg
【和名】 タマイワスナギンチャク
【学名】 Palythoa lesueuri
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 スナギンチャク目 スナギンチャク科
【直径】 1.5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
共肉は薄く、網の目状。ポリプはよく立ち上がり、口盤辺縁の触手は非常に短い。体色は褐色~淡褐色で、口盤が緑色のものもある。
【生態】
奄美諸島以南に分布、珊瑚礁の岩上に生息する。数個~百数十個の群体を形成する。体壁に多量の砂粒などを埋め込む。
【ひとこと】
地味で目立たないのですが、ふと目に入ると、一面に咲いていたりします。生物の中で最強クラスのパリトキシンという毒がありますが、これは、スナギンチャクの仲間から抽出されたためPalythoaという学名から命名されました。その半数致死量は体重1kgあたり0.00025mg。わずか1gで体重50kgの人を4万人殺せます。しかしこの毒を買おうとすると1gで10億円を超えるそうな。
by diver813 | 2010-04-06 23:23 | 海洋生物図鑑