The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
カテゴリ:Diving Log( 393 )
2004.07 田子 The 2nd time The 2nd Dive
a0013160_161017.jpg
          ハナゲでてるよ


Site 田子 沖ノ島
Maximum Depth  26.2m
Water Temperature 18℃
Entry 15:07
Exit 15:46
Dive Time 39min.

ポイントまで移動する船の上、船長から「サメだ」の一言。船長の視線の先を探したけど、見えない。一緒に乗っていた人はみんな三角の鰭を見れたらしい。悔しいなぁ。
ちなみに出たのは2m弱のハンマーヘッドらしい。ちょっと見ただけで、そこまでわかるってすごい。
海の中は寒かったので、上のほうから、下にいるみんなを見て潜っていました。もちろん、何かいたときは降りて行きましたけど・・・
途中、時間を確認するために、右腕を見たら、巻いていたはずの時計がなくなっていました。しくしく。
by diver813 | 2004-07-12 10:11 | Diving Log
2004.07 田子 The 2nd time The 1st Dive
a0013160_152953.jpg
          なに見てんだよ~


Site 田子 フトネ
Maximum Depth  27.1m
Water Temperature 19℃
Entry 11:45
Exit 12:27
Dive Time 42min.

港に到着するまでは晴れ、到着したら雨。準備がしにくくてしょうがない。まあ、海に入れば関係ないんだけど。
BCD(浮力調整具)の排気口の蓋を忘れたため、BCDがただのポケットのついたハーネス状態。
ドライスーツなら、スーツで浮力調整できるのですが、前回ドライスーツで暑かったので、今回はウエットスーツ。結局浮力調整は肺が頼りでした。
水温が下がっていて寒いし、ドライスーツにしておけばよかった。
by diver813 | 2004-07-11 15:31 | Diving Log
2004.07 田子 The 1st time The 2nd Dive
a0013160_142555.jpg
          ガンガゼがサイバーちっく


Site 田子フトネ
Maximum Depth  31.0m
Water Temperature 21℃
Entry 15:15
Exit 16:03
Dive Time 43min.

午後もうねりは消えず。
今日は大潮。流れを期待して、改良を加えたカレントフックを装備したけど、残念ながら流れずじまい。
結局、小物を探とかしていたのですが、うねりがあって写真が撮りづらい。
でも、しっかりエア切れするまで遊びました。

SF?
by diver813 | 2004-07-06 09:27 | Diving Log
2004.07 田子 The 1st time The 1st Dive
a0013160_18584.jpg
          びよよよ~ん


Site 田子 沖ノ島
Maximum Depth  33.0m
Water Temperature 20℃
Entry 10:52
Exit 11:35
Dive Time 43min.

台風の影響でややうねりあり。
いつもは透明度のいい田子も、さすがに濁ってた。ちぇ。
濁ると海の中も暗くなっちゃうし・・・
今回一緒に潜ったのは、大学時代の友達。
久しぶりに一緒に潜ったが、エア持ちの良さはさすが。
きっと、鰓がついているにちがいない。
by diver813 | 2004-07-05 22:59 | Diving Log
2004.06 伊豆山 The 3rd Dive
a0013160_14028.jpg
          たくさんの魚が右往左往


Site 伊豆山 定置網
Maximum Depth  18.7m
Water Temperature 21℃
Entry 13:10
Exit 13:50
Dive Time 40min.

せっかく透明度がよかったので、定置網をじっくり見たいと船長に頼んで、今度は定置網横からエントリー。
1枚の写真に収まらない、定置網のダイナミックさを堪能し、砂地のヒラメを手の乗せて遊んだりしながら進んでいくと、ガイドさんがアサヒガニを発見。
海の中でアサヒガニを見たのは初めて。もう大興奮。
生き物を見て、こんなに興奮したのはひさしぶり。
アサヒガニのところに30分いてもよかったなぁ。
by diver813 | 2004-06-29 23:01 | Diving Log
2004.06 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_122416.jpg
          入っていたのはウツボだけ


Site 伊豆山 定置網
Maximum Depth  17.1m
Water Temperature 21℃
Entry 10:35
Exit 10:43
Dive Time 8min.

久しぶりの作業泉水。漁師さんのお手伝いで、「ツリガネ」という仕掛けにブイを結ぶという、ただそれだけの作業。
エントリーから即潜行すると、目の前には巨大な定置網。そのまま潜行を続けると、すぐにツリガネを発見。
ピンポイントの場所に落としてくれる船長を、改めて尊敬。
ブイの紐をツリガネに結び終わって、作業終了。と、思ったら、20mほど離れたところに、もう一個ツリガネが・・・。聞いてないよ。
とにかく、2個のツリガネを寄せようと、持ち上げようとしたら、重くて持ち上がらない。
結局、試行錯誤の末に「転がせばよかった」ということがわかり、無事2つをブイに結びました。
上がってから船長に聞いたら、「去年のやつだ。」とのこと。
ちなみにツリガネは1個8000円。いい仕事したな。
by diver813 | 2004-06-28 23:25 | Diving Log
2004.06 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_123034.jpg
          古タイヤがお気に入り


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 21℃
Entry 9:50
Exit 10:27
Dive Time 37min.

西よりの風が吹いてくれたおかげで、透明度はばっちり。
でも、カメラがメモリーカードを認識してくれず、写真は撮れずじまい。
ムギワラエビとか、ウシノシタの子供とか、被写体は結構いたのに・・・残念。
ちょっと前に、ウエイトポーチを落としてしまった人がいたので、それを探したのですが、さすがに台風の後では見つからず。
砂に埋まってしまったんじゃないかな?
by diver813 | 2004-06-27 22:31 | Diving Log
2004.05 I.O.P. The 2nd Dive
a0013160_163551.jpg
          海の中に木があると何か変


Site 伊豆海洋公園
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 17℃
Entry 14:17
Exit 15:06
Dive Time 49min.

2本目は1本目より北寄りに進んで、帰りは南に上がってくる、ちょっと長く泳ぐコース。その目的はタツノイトコと小物甲殻類。本当は木を沈めて作ってある、アオリイカの産卵床に産み付けられた卵を見たかったんだけど、産み付けられえている産卵床までは行けませんでした。残念。
一本目でフィンが壊れたので、借りモノのフィン(Sサイズ)で泳いでたら、久々に足がつった。
by diver813 | 2004-06-01 16:37 | Diving Log
2004.05 I.O.P. The 1st Dive
a0013160_151014.jpg
          左足がつかれた


Site 伊豆海洋公園
Maximum Depth  20.8m
Water Temperature 17℃
Entry 11:31
Exit 12:18
Dive Time 47min.

エントリーをすると、水中はカジメ、ホンダワラなどの海藻の森。そこをぬけて、沖へ進むと砂地が広がっている。砂地に設置されたアオリイカの産卵床をまわったり、砂に潜む生き物を探したりしていたら、急に右足に「ぶつん」という感覚が・・・。見るとフィンの金具がなくなっている。結局後半はずっと左足だけで、壊れたフィンを抱えて泳いでいた。それでも写真は撮ったけど。
by diver813 | 2004-05-31 10:20 | Diving Log
2004.04 Philippine The Last Day
a0013160_122617.jpg
          やはりタダでは帰れない


とうとう最終日、今日は帰るだけ。マニラ空港は出国手続きに凄く時間がかかるので、早めに出発。
パラオでは椰子の実がツアー参加者の頭を直撃したり、インストラクターが食中毒になったり、イギリスではレンタカーが故障して動けなくなったり、香港では往路のエアポートエクスプレスの中に友人が財布を忘れたり、海外旅行では必ずといっていいほどトラブルが起こる。
でも今回は、ジプニーの乗り換えなどはあったものの、いつもよりトラブルが少なく、
「よかったねー、まさかこの後なんか起こらないよね・・・」
なんて話をしながら、高速道路を走っていた。すると突然
「ぱきん」
という乾いた音がして、後ろから何か破片が飛んできた。
見ると右後ろのガラスが割れている。
「大丈夫?」
「撃たれた?」
「broken!」
「飛び石か?」
色んな言葉が飛び交う。
たまたまこの時、携帯でムービーを録画していたので確認したが、周囲を走っている車はない。
でも、割れ方を見ると、撃たれたということでもなさそうだ。
結局どこから何が飛んできたのかはわからずじまい。
高速を降りたところで、警察に事故証明?みたいなものを書いてもらったりで時間を費やし、結局空港についたのはギリギリのタイミング。
まあ、面白いムービーがとれたからよしとしよう。
by diver813 | 2004-05-13 22:27 | Diving Log