The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
カテゴリ:Diving Log( 403 )
2004.08-09 Okinawa The 3rd day AM
a0013160_15124472.jpg
          ローターの跡もくっきり


うねりが収まらないので、ダイビングはあきらめ、今日はのんびり観光(?)です。
沖縄国際大学のヘリコプター墜落現場、大学一年の頃に住んでいたアパートに近そうだとは思っていたのですが、行ってみたら、やはり近い。直線距離だと500mもない。
現場には、かなりの爪あとが残っていたし、周囲の中古車販売店も、車に破片が当たって被害を受けているそうな。
民間人に怪我がなかったのは、本当に不幸中の幸いですね。
by diver813 | 2004-09-07 09:06 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2004.08-09 Okinawa The 2nd day
a0013160_153521.jpg
          今日も風はおさまらない


結局今日も海は荒れていて潜れず。
しかたがないので、ダイビング器材を見に行ったり、水着を買ったり、タコライスを食べたりしていました。
夜は気合を入れて料理を作って、大学時代の友人と呑み。
譲ったバイクを廃車にするという話を聞きました。
ちょっと寂しい。
by diver813 | 2004-09-06 10:20 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
2004.08-09 Okinawa The 1st Day
a0013160_14524352.jpg
          海はそこにあるのに


台風16号のチャバが接近している中、沖縄へ。
飛行機が飛ばないという、最悪の事態は避けられたものの、初日から潜るという野望は、海の藻屑に消えました。
それどころか、明日や、明後日も潜れるかどうか・・・
by diver813 | 2004-09-05 10:20 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2004.08 伊豆山 After Dive
a0013160_12293780.jpg
          どどどどど~ん


今日は熱海の花火大会。ダイビングの後、バーベキューしながら夜を待ち、再び船に乗って、今度は海の上から花火見物。
天候、風の強さ、風向き、船のポジション全て最高。ここ数年でもっともコンディションがよく、綺麗でした。
ただでさえ、間近で花火を見ているのに、クライマックスの空中ナイアガラになると、全速力で直下まで突っ込んで行くんです(最初から直下にいると、保安庁に怒られちゃうから)。
火の粉が降り注ぐ中、首が痛くなるほど見上げて見る花火は、本当に大迫力です。
船は揺れるので、綺麗な写真は取れませんが・・・
動画(Quick Time 3.2MB)名物、空中ナイアガラ
by diver813 | 2004-08-13 09:31 | Diving Log | Trackback | Comments(8)
2004.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_12325147.jpg
          メバル祭り


Site 伊豆山沖根南→東
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 14:23
Exit 15:05
Dive Time 42min.

2本目は沖根の南側にあるブイから入って、1本目の沖根東のブイに浮上するコース。
潜り始めて、最初に迎えてくれたのは、すごい数のメバル。海藻などに鈴なりになっていることは見たことがあるのですが、砂地でぼーっとしてるところをみたのは、はじめて。何やっていたんだろう?
他にもハゼ、ゴンズイ、ウミタナゴ、イシモチと群れに恵まれ、初心者が楽しいダイビングでした。
ちゃんとスナイソギンチャクに隠れるマルガザミとか、ガンガゼの棘に擬態するハシナガウバウオとか、マクロ系もそこそこ見れて、ナマコとか、サザエで遊んだりもして、バランスはよかったのですが、「見せる」と約束した、ヒラメが見えませんでした(←いたのに認識できなかったってことです)。
まだまだ目の修行が足りないようです。
by diver813 | 2004-08-12 22:31 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2004.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_111141.jpg
          魚影は濃いけど、地味。


Site 伊豆山沖根東
Maximum Depth  21.2m
Water Temperature 24℃
Entry 11:05
Exit 11:47
Dive Time 42min.

ライセンス取り立ての2人を連れてファンダイビング。
ベテランが3人いたものの、6人を連れてガイドをすると、やっぱり緊張する。
だって、普段はデスクワークの会社員だし。
初心者連れているから、ちゃんとブイに戻らなきゃいけないし、そこそこ楽しんでもらわないとだし。アシスタントとは訳が違う。
まあ、そんな中でも、ベテラン勢のフォローのおかげで、いくつか珍しい小物も見つけられたし、イセエビも見つけられたし、なかなか楽しいダイビングでした。余裕が無くて写真はほとんど撮れませんでしたが・・・(ガイドがバシバシ撮ってたらひんしゅくだけど)
後で、「今日はエアの消費が早かった」と指摘されちゃいました。
ううう、すみません。結構いっぱいいっぱいだったんです。
by diver813 | 2004-08-11 23:02 | Diving Log | Trackback | Comments(1)
2004.08 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_11241484.jpg
          水中姿勢はもうベテラン


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  18.5m
Water Temperature 25℃
Entry 12:31
Exit 13:21
Dive Time 50min.

講習4本目。
水中でのマスクの脱着、コンパスを使った水中移動、ホバリング、緊急スイミングアセント(空気が吸えなくなった時に、息を吐きつづけながら、ゆっくり水面まで浮上する対処法)と、ちょっと難しめの課題も問題なくクリア。
二人とも無事合格、ライセンス取得です。
水中で、ヒトデをちょっと解剖し、寄生している貝を見たり、幸運の白いイザリウオを見ていたら、潜水時間が50分になってしまいました。
講習生の一人はエアが足りなくなってしまったので、オクトパスでエアを分けてあげました。
オープンウォーターの講習でエア切れって、一体・・・
by diver813 | 2004-08-10 09:26 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2004.08 江之浦 The 1st Dive
a0013160_12372083.jpg
          ぽひゅー、ぽひゅー。


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  17.3m
Water Temperature 25℃
Entry 10:00
Exit 10:46
Dive Time 46min.

この前の続きの講習。
水面でのコンパスを使った移動とか、全水没マスククリアとか、やらなきゃいけない課題は二人とも1発クリア。
おかげで、色んな生き物の観察もできました。大きなタコとか、ワタリガニが砂に潜る姿とか、キュビエ器官を放出するナマコとか・・・
でもカメラの調子が悪く、ほとんど撮影はできませんでした。
by diver813 | 2004-08-09 21:40 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2004.07 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_10581024.jpg
          一番人気はハナハゼ


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  12.0m
Water Temperature 21℃
Entry 12:05
Exit 12:51
Dive Time 46min.

講習2本目。講習生はレギュレーターのリカバリー、マスククリア、バックアップ空気源の使用、疲労ダイバーの曳航とやることはいっぱい。
でも、課題はしっかりクリアして、オトヒメエビを見たり、ダテハゼとテッポウエビの共生を観察したり、しっかり「楽しみと経験のための水中ツアー」もできました。
2本目になると、二人とも体がしっかり横になっていて、ぱっと見ふつうのツアーダイブ。砂埃を巻き上げながらブルドーザーのように進む、他のファンダイバーを見て、「バッファローみたい。」と笑えるツワモノに仕上がりました。
あとは、次の海洋講習でも今日のことを忘れていないかどうか・・・
by diver813 | 2004-07-21 09:00 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2004.07 江之浦 The 1st Dive
a0013160_029235.jpg
          どこでもドアー


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  12.0m
Water Temperature 21℃
Entry 10:05
Exit 10:45
Dive Time 40min.

知人2人がライセンスを取るため、今日は講習のアシスタント。
みんなが器材のセッティングをやっている間に、フロートを設置してくる。
いざ、講習を開始すると、設置したフロートの下に人だかりが・・・
フロート張ってあるってことは、その場所使うってことなんだから、頼むから他の場所でやって欲しい。わざわざ、他のフロートと距離とってあるんだし。
でも、上から降りてくると、「何だ?」って顔された。ちょっとムカッ。
しょうがないから、フロートの場所をさらに動かしたけどさ・・・
講習はスムーズ。海洋初ダイブとは思えないほど。フィンキックもしっかりしていたし、中性浮力もとれていました。
2人ともいいダイバーになりそうです。
by diver813 | 2004-07-20 21:24 | Diving Log | Trackback | Comments(3)