The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#477 スダレヤライイシモチ
a0013160_00385468.jpg
【和名】 スダレヤライイシモチ
【英名】 Wolf cardinalfish
【学名】 Cheilodipterus artus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 7cm
【撮影地】 奄美大島 水深15m
【特徴】
体は長卵形で側扁する。体側に太帯と細帯交互に8本の暗褐色縦帯が入る。尾柄部は黄色で、中央に瞳孔径大の黒斑が入る。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋・インド洋に分布。内湾や礁湖など穏やかな珊瑚礁域に生息する。サンゴの枝間で小さな群れを形成する。肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
リュウキュウヤライイシモチ、スダレヤライイシモチ、ヤライイシモチと似ていますが、尾の付け根に黄色で囲まれた黒斑が入ることで、スダレヤライイシモチとヤライイシモチに絞れます。そして、横帯が太線と細線が交互であれば本種、同じ太さならヤライイシモチと見分けることができます。

# by diver813 | 2017-05-24 00:39 | 海洋生物図鑑
2011.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_14235481.jpg
          んあ?

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.7m
Water Temperature 21℃
Entry 12:26
Exit 13:08
Dive Time 43min.

1本目につづき、2本目も沖根。潜りつくし。
12人に加え、別のチームも潜っていて、魚影が濃い伊豆山ですが、ヒトの群れが一番濃かったかも。
# by diver813 | 2017-05-20 14:26 | Diving Log
#476 フシウデサンゴモエビ
a0013160_00025141.jpg
【和名】 フシウデサンゴモエビ
【英名】 Marbled shrimp
【学名】 Saron marmoratus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は比較的太い。第3顎脚が歩脚様に発達する。第3顎脚と頭胸甲の正中線上にブラシ状の剛毛が生える。体色は緑褐色の個体が多く、淡色の斑紋による複雑な模様が入るが、個体による色彩変異が著しい。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。内湾の珊瑚礁域やガレ場のミドリイシ類の根元や転石下に生息し、藻類を食べる。
【ひとこと】
なんか、モヒカンっぽい頭を見ると「ヒャッハー」という声が聞こえてきそうです。ブラシが付いている足に見える器官は、実は顎脚と言って、口の器官が大きくなったもの。これはモエビ科に共通していて、通常十脚目の歩脚は名前の通り5対ですが、モエビ科の歩脚は6対に見えます。せっせと藻類を食べるため、苔対策としてアクアリストにも人気。

# by diver813 | 2017-05-18 08:12 | Diving Log
2011.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_20081738.jpg
          でっぷり

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 10:17
Exit 10:57
Dive Time 40min.

熱海の花火大会の日、12人の大所帯でダイビング。
みんなでわいわいダイナミックな海を楽しみました。
# by diver813 | 2017-05-17 20:09 | Diving Log
#475 オニハタタテダイ
a0013160_23140685.jpg
【和名】 オニハタタテダイ
【英名】 Masked bannerfish
【学名】 Heniochus monoceros
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 25cm
【撮影地】 八重山 水深15m
【特徴】
体は強く側篇し、頭頂部に突起がある。背鰭第4棘が伸張する。体色は白色で背鰭後部とその周囲、臀鰭、尾鰭は黄色。腹部に向かって広がる3本の太い黒帯が入り、頭部の横帯は背鰭棘部に達する。
【生態】
伊豆七島、田辺湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深20m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息し、ペアで行動することが多い。ゴカイ類や甲殻類などの底生動物を捕食する。
【ひとこと】
ハタタテダイ属の中では最大の魚。シマハタタテダイとよく似ていますが、シマハタタテダイは頭部の黒帯が背鰭に達さないので区別することができます。顔の白いハタタテダイやムレハタタテダイとも似ていますが、顔が黒い→黒い顔は背びれに達する、という順序で見分けるのがいいと思います。

# by diver813 | 2017-05-16 23:16 | 海洋生物図鑑
2011.07 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_23004925.jpg
          ここは一車線だぞ

Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 23℃
Entry 12:26
Exit 13:09
Dive Time 43min.

大渋滞で1本目に間に合わず、2本目だけの参戦。
さらに水中でポジションを見失い、船をまわしずらい場所へ浮上。
いろいろ迷惑をかけてしまったダイビングでした。

# by diver813 | 2017-05-16 23:01 | Diving Log
#474 セムシウミウサギ
a0013160_01040037.jpg
【和名】 セムシウミウサギ
【学名】 Calpurnus verrucosus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 ウミウサギガイ科
【殻高/殻径】 3cm/1.5cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
殻は硬くなめらかで、角ばった横隆起があり2種類の円錐を組み合わせたような形状。殻は透明感のある白色で、両端にくすんだ白色の丸い突起がありその周囲は桜色。外套膜の地は白色で小黒斑が散在する。
【生態】
沖縄以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。水深20mまでの珊瑚礁域に生息し、夜行性でウミキノコ属やウネタケ属を食べる。
【ひとこと】
餌となるソフトコーラルに住み着いて、昼は側面に隠れ、夜になると表面に出てきて食事という、食べ物が棲家という生活をしています。この生態は寄生と言ってもいいかもしれません。
白く可愛らしい貝殻はコレクション用などに販売されており、1個の価格は100円~500円程度、300円くらいが相場です。

# by diver813 | 2017-05-16 01:04 | 海洋生物図鑑
2011.05 熱海 The 2nd Dive
a0013160_00543621.jpg
          む。

Site 熱海 沈船
Maximum Depth  30.1m
Water Temperature 14℃
Entry 12:31
Exit 13:05
Dive Time 34min.

有名な沈没船を探検。1986年に沈んだ「旭16号」は、今はソフトコーラルに包まれ、魚の棲家となっています。
「おばけが出る」なんて噂もありますが、残念ながら出会うことも写真に収めることもできませんでした。

# by diver813 | 2017-05-16 00:55 | Diving Log
#473 ウチワザメ
a0013160_20490496.jpg
【和名】 ウチワザメ
【学名】 Platyrhina sinensis
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 ウチワザメ科
【体長】 60cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は縦偏し、体盤は団扇型で尾との区別が比較的明瞭。背鰭が腹鰭よりかなり後方に位置し、尾鰭は楕円形。背面は灰褐色で、眼の周囲および体側背面に、淡黄色の肥大鱗が規則的に並ぶ。
【生態】
伊豆半島~東シナ海に分布。沿岸の砂地に生息し、甲殻類や小魚を捕食する。卵胎生。
【ひとこと】
名前にサメとついていますが、エイの仲間です。なんでややこしい名前をつけちゃうかなー。サメとエイの違いについてはこちらをご覧下さい→Lesson1 サメとエイの違いとは
形は本当に団扇っぽいので、どこかの水族館とかでウチワザメの団扇、作ってくれないかなぁ。
a0013160_20490888.jpg
上から見ると本当に団扇
# by diver813 | 2017-05-14 20:51 | 海洋生物図鑑
2011.05 熱海 The 1st Dive
a0013160_19564063.jpg
          ひらり

Site 熱海 ソウダイ根
Maximum Depth  25.6m
Water Temperature 14℃
Entry 09:55
Exit 10:31
Dive Time 36min.
オリジナル器材のPV撮影で熱海。
熱海はなぜだかいろいろなものをなくすのですが、今回は逆に落し物を拾いました。
持ち主見つかるといいのですが。

# by diver813 | 2017-05-14 19:57 | Diving Log