The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2005年 04月 03日 ( 1 )
Lesson6 水産資源は無限ではない
a0013160_012874.jpg
最近まで、水産資源は無尽蔵であるように思われていましたが、漁業技術の向上に伴い、漁獲量が増加し、ニシン、スルメイカなど、捕り尽され、枯渇してしまうという問題が浮上してきました。
以前紹介したタカセガイもそのひとつです。
大学時代、研究用にスナホリガニを採集していたら、そのビーチで、すっかり姿を見かけなくなった・・・という経験もあります(この前行ってみたら、うじゃうじゃいました。よかった!)。
そこで、限りある資源を、有効に使わねばと、「資源管理」に目が向き始めたんです。
資源管理は具体的に、漁場や漁具を限定したり、捕る魚のサイズを制限したり、禁猟期を設けたり、人工授精し子供を放流する(種苗放流)などの取り組みがされています。
資源管理の代表的な成功例としては55aiaiさん記事で取り上げられたハタハタが有名です。
上のグラフの通り秋田県のハタハタ漁獲量は、1975年まで、1万㌧以上という豊漁が続いていました。しかし、1976年から急減し、1983年以降は500㌧未満という枯渇状態に陥ってしまいました。
これは捕りすぎてしまったことや、産卵場所となる藻場が減少するなどの環境変化などが原因だと考えられます。
減少してしまってからも同じように漁をつづけると、減少したまま増えることはありません。そこで、思い切って1992年9月から、1995年8月まで、1匹も捕らないという「全面禁猟」を実施しました。
その後、全長15cm未満の個体は捕らない、漁業禁止区域や禁猟期を設ける、操業隻数や漁具を制限する、藻場を造成するなどの管理を行い、少しずつですが、漁獲量が増加してきています。
「資源管理」と聞くと、ハタハタを人間がコントロールしているように聞こえますが、実際は、「人間を管理すること」なんです。
いつまでも、美味しい魚を食べるためには、美味しくても食べ過ぎないよう我慢しなければいけないんですね。
余談ですが、ハタハタは漢字で「鰰」と書きます。これは雷神の古名である「霹靂神(はたたかみ)」が由来という説が有力です。冬の始まりに雷とともに押し寄せるハタハタは、「雷神が使わしたありがたい魚である」という考えからこの名前になったそうです。
by diver813 | 2005-04-03 23:54 | Study Room