The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#097 ツノダシ
a0013160_12185.jpg
【和名】 ツノダシ
【学名】 Zanclus cornutus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ツノダシ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
体色は前方が白で後方が黄色。黒色横帯が2本入る。体は強く側扁し、背鰭が長く伸び、口が突出する。また眼窩部に1対の突起ある。尾鰭は黒い。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋・インド洋・東アフリカ沿岸に分布。200m以浅の珊瑚礁域、岩礁域に生息する。単独、または数個体の群れで行動し、稀に大群を形成することがある。昼行性でカイメンなどを食べ、夜は体色が薄くなる。
【ひとこと】
海の熱帯魚の代表。熱帯魚だけど伊豆でも見れます。観賞用として人気が高いのですが、意外と産卵などの生態はわかっていません。そして、食用ではありません。ハタタテダイという似た魚がいますが、ツノダシは尾鰭が黒いので見分けられます。怖がり屋さんで、すぐ逃げてしまいます。
by diver813 | 2004-08-18 08:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
Commented by rouge_web at 2004-08-18 19:27
ひとことに書いてある通り、ハタタテダイだとばかり思っていました。
ちょっと違っただけで名前が変わってしまうので、素人には
見分けが難しいです。(苦笑)
週末、初島に行ってきました。
初島の海水があんなにきれいだとは知りませんでした。
港には熱帯魚らしき、青い魚もいたりして、ちょっと得した気分でした。
今度はスノーケリングセットを持って上陸したいと思います。
Commented by nymphaeasp at 2004-08-19 13:49
はじめまして。
確か、沖縄とかだとツノダシを食べるんだとか?
唐揚げなどにするというのを聞いたことがあります。

ハタタテダイは、ムレとかミナミとか数種類いますよね。
確かチョウチョウオの仲間ですよね。
Commented by diver813 at 2004-08-19 18:48
>rouge_webさん
魚を見分けるのは難しいですね。自分で違いを探し出して、見分けるポイントを覚えれば、見分けられるようになります。
初島は行ったことないんですよ。機会があれば行ってみたいですね。
>nymphaeaspさん
はじめまして。
ツノダシを食べると言う話は初めて聞きました。貴重な情報、ありがとうございます。
ハタタテダイはおっしゃる通りチョウチョウウオ科。ツノダシは独立したツノダシ科に属しています。
Commented by iceday at 2004-08-22 10:32
これはよくいますよね。シュノーケルでも遭遇しますね。
可愛いですね。伊豆にもいるのですね。
Commented by ねぎ塩ちゃん at 2004-08-22 19:36 x
ツノダシとハタタテは見分けがつくけど、
ハタタテとムレハタタテが・・・・
え?どっちでもいいですか?

以前アサヒガニの動画をHPの掲示板で紹介させていただきました。
その節はどーもどーも。
ブログとHP、よかったら遊びに来てね〜。
Commented by diver813 at 2004-08-23 16:24
>icedayさん
夏は結構みかけることがありますね。冬は越せない死滅回遊魚ですが・・・
>ねぎ塩ちゃんさん
はじめまして。ハタタテとムレハタタテは陸に上げないと見分けるのは難しいですね。岩の周りにいたらハタタテ、珊瑚礁の外縁の中層で群れていたらムレハタタテと、生息域で区別する方法がありますが、この方法では「絶対」とは言えませんね。
<< #098 ネジレカラマツ #096 ハナヤサイサンゴの一種 >>