The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2008.09 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_04097.jpg
          すてきな写真が撮れました


Site 渡嘉敷島 タマルル
Maximum Depth  23.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:52
Exit 12:40
Dive Time 48min.

天気もよく、透明度もいい。
こんな日は写真撮影にぴったり。
というわけで、激写しまくった一本。
エントリー早々出会ったウミガメがまた、人懐っこすぎ。
カメラを構えていたら、ぶつかりそうなくらい近づいてきて、逆にピントが合いませんでした
酷く強いフラッシュを焚かれた後も、気にせず餌を食べてるし・・・
ちょっと足を伸ばした先の根では、ストロボの光量をスカシテンジクダイを撮影したり、ムッとしたカンモンハタを撮影したり。
そして、最後に出会ったウミガメは、太陽を背に、いいシルエットをもらいました。
狙った通りの写真が撮れたり、意外な写真が撮れたり、なかなか楽しい一本でした。

a0013160_044428.jpg
人懐っこいウミガメ



a0013160_051273.jpg
ぶつかりそう



a0013160_094884.jpg
ごめん、眩しかったよね



a0013160_055138.jpg
餌を食べるウミガメ



a0013160_061683.jpg
スカシテンジクダイ(明るめ)



a0013160_063434.jpg
スカシテンジクダイ(やや暗め)



a0013160_065868.jpg
スカシテンジクダイ(暗め)



a0013160_018752.jpg
カンモンハタ



a0013160_072889.jpg
ウミガメのシルエット
by diver813 | 2008-11-19 00:35 | Diving Log | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/7670914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by argon-l at 2008-11-19 08:02
おぉ!かっちょええ写真ですなー。
水族館なんかでもガラス越しに妙になつっこい個体もいますからねー
羨ましいシチュエーションです。
Commented by mayumi at 2008-11-24 23:16 x
写真な素敵ですねぇ♪
写真はやっぱり感性でしょうか?!
Commented by Mhelfrichi at 2008-11-26 23:13
人懐っこいウミガメ、素敵ですね♪
お天気&透明度良かったようですね、そこにフォトジェニックなウミガメとは・・・う~ん、ジェラシィーです!
Commented by frappucci at 2008-11-30 18:06
楽しかったんだなーというのが伝わってきます^^
スカシテンジクダイをこの距離で撮るってちょっと新しいかも^^
Commented by charlieee at 2008-12-01 10:55
お久しぶりです。
どの写真も素敵ですが、この写真は特にすごいっ!!!
Commented by diver813 at 2008-12-02 02:34
>argon-lさん
目が合った瞬間に逃げ出す個体もいるんですけどね。
この個体差はどこからくるんですかね。
>mayumiさん
私の場合感性というより、偶然な気がします。数打てば当たる。
>Mhelfrichiさん
やっぱり条件が揃うといい写真が撮れますね。
でも、そんなときこそ写真もとらずにのんびり海に包まれていたかったりするんですよね。
>frappucciさん
小さい魚の群れ、密度が高いときは、群れの全体を撮らなくても、近づいて撮るとけっこう群れっぽい写真になったりしますよ。
http://diver.exblog.jp/2286737/
こんなかんじとか。
>charlieeeさん
ありがとうございます。いい位置に太陽とモデルがいたおかげです。
Commented by masayonext at 2008-12-13 22:12
太陽光線がいっぱい、臨場感溢れるすてきな写真ですね。
カメは小さいけど光を放ってダイバーを圧倒してるのが面白いです^^
Commented by diver813 at 2008-12-20 23:59
カメが衝撃波を出して、ダイバーがそれに吹き飛ばされているように見えなくもないかも。
<< 新ブログ開設のお知らせ 2008.09 Okinawa... >>