The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2008.05 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_0453353.jpg
          くぱぁっ


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 19℃
Entry 11:40
Exit 12:40
Dive Time 60min.

2本目の目当てはアオリイカの産卵。
ペアがゆらゆら、遠ざかったり、近づいたり。
ストロボをできるだけ離して、近づいたところをうまく狙おうとしていたのですが、あまり透明度が良くなかったので、クリアな写真は撮れませんでした。
じっくり観察した後は、イザリウオ(カエルアンコウ)を探したり、3匹繋がって交尾しているアメフラシを観察したり。
新しい命を感じる水中散歩でした。

a0013160_0455678.jpg
ペアがゆらゆら



a0013160_046856.jpg
イザリウオ
by diver813 | 2008-07-01 00:57 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/7262555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wolf-pow at 2008-07-02 00:37
生物って見飽きませんね〜。
特にイカ、タコ系とか擬態をする生き物って。
何時間でも見入ってしまう自信があります。(笑) 
…が、なんの肩書きもない、ただの一般ピープルがすると、挙動のアヤしい不審人物にしか周囲の目には映らないので、野外では自粛モードにしています。
Commented by argon-l at 2008-07-02 06:22
アオリイカなんかも交尾前はギラギラ色が変わったりするんですか?
Commented by nintamanotomo at 2008-07-05 20:13 x
海の生き物にとてもお詳しいようなのでぜひ教えていただきたいのですがイソギンチャクをさわるとみずを飛ばしてくるじゃないですか
あれにはいったいどんな意味があるのでしょうか?
 
よろしければ教えてください。
Commented by diver813 at 2008-07-07 01:07
>wolf-powさん
本当に生き物は見飽きませんね。ダイビングも時間に制約がなければいいんですけどね。
>argon-lさん
コブシメほどではありませんが、ギラギラ色がかわりますよ。
>nintamanotomoさん
イソギンチャクは身に危険が迫ると、体を縮めます。その時に体内に蓄えていた水が放出されるため、水鉄砲のように水を飛ばすんです。あくまでも縮むためで、攻撃しているわけではないんですよ。
Commented by nintamanotomo at 2008-07-08 20:45 x
そうなんですか! ありがとうございます。
Commented by diver813 at 2008-07-14 01:25
どういたしまして。
<< #422 フトユビシャコ #421 フタイロハナゴイ >>