The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson12 ウミウシとヒラムシの違い
a0013160_192257.jpg
ウミウシヒラムシの違いがよくわからないというコメントがargon-lさんやlencaさんから寄せられたので、ちょっとお答えしようと思います。

ウミウシとヒラムシ、姿は似ていますが、ウミウシは「軟体動物門」、ヒラムシは「扁形動物門」で、実はまったく別の生き物。
生物の進化をたどってつくられた「系統樹」を見るとよくわかります。

軟体動物門は、カタツムリ、ナメクジなど陸の貝を含む巻貝や、二枚貝イカタコなどが含まれています。ちなみにウミウシは巻貝から進化しています。

扁形動物門には理科の時間に出てきたプラナリアやサナダムシなどが含まれていて、クラゲサンゴイソギンチャクの仲間の腔腸動物に近い分類に属します。

つまりウミウシはイカの方が、ヒラムシよりよっぽど近かったりするのです。

さて、それでは見た目の見分け方、簡単に言うと、厚みがややあるのがウミウシ、ほとんど厚みがないのがヒラムシです。

形態的な特徴をヒラムシとよく似ているドーリス亜目のウミウシとヒラムシで比較すると、下記のとおりになります。
※例外もあるので絶対ではありません。

■断面(上の図)
 ウミウシ:外套幕と脚が別れ厚みがある(左)。
 ヒラムシ:体は薄く、正中線が盛り上がる(右)。

■二次鰓
 ウミウシ:二次鰓(体の後ろにあるフワフワ)がある。
 ヒラムシ:二次鰓はない。

■周縁部
 ウミウシ:波打たない。
 ヒラムシ:波打つ。

このあたりが見分けるポイントになると思います。
その他の違いとしては、

■消化器
 ウミウシ:口と肛門があり、一本の管でできる。
 ヒラムシ:肛門はなく、口から食べて口から排泄する。消化管は袋状で分岐して体内に広がる。

■呼吸器・循環器
 ウミウシ:心臓・鰓・血管がある。
 ヒラムシ:心臓・鰓・血管がなく栄養・酸素などの運搬は、拡散(物質が自然と散らばる現象)に頼る。

と、いうわけで、ウミウシとヒラムシはかなり違うのですが、やっぱり見た目は似ています。
いろいろ見て、経験を積むのが、見分けるための一番の近道かもしれません。
by diver813 | 2008-06-03 01:17 | Study Room | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/7173689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mayumi at 2008-06-03 01:38 x
先日ヒラムシを初めて見て、ヒラムシとウミウシはどう違うんだろうと思っていたところです。
いつも勉強になります!
ありがとうございます(^^)
Commented by argon-l at 2008-06-04 06:52
ほほう!なんだか丁寧な解説、ありがとうございます。
そもそもがヒラムシってあまり意識したことがなく、
すいぞっかんなんかでも脚光を浴びる機会がないので、
存在をあまり知らなかったのですよ。
Commented by lenca at 2008-06-07 11:57
なるほど~ ありがとうございます!
似たような感じでも全然ちがうのですね。ウミウシのほうがだいぶ
進化しているようですし!
来世、どっちかになれと言われたら私はウミウシを選ぶかも・・・ 
(決め手は消化器です^^)
Commented by diver813 at 2008-06-10 23:36
>mayumiさん
見た目は似ているんですけどね、それだけじゃわからないから生き物っておもしろい。
>argon-lさん
確かに水族館で展示しているのを見た記憶はないですね。
>lencaさん
毎回口から排泄するって、ヒトが想像するとけっこうキツいですよね。
Commented by マサト at 2008-06-13 11:33 x
どうもご無沙汰です。
うちでは展示しているんですが,すぐに潜ってしまったり,
濾過槽に張ったりして見えなくなります(汗)
それでも見つけたら入れてます。
Commented by diver813 at 2008-06-21 00:51
>マサトさん
ご無沙汰しています。
さすが、ヒラムシまで展示しているとは・・・
もしかしたら他の水族館も展示していても、見えないだけなのかもですね。
Commented by Kazzy at 2009-08-17 19:54 x
こんにには。「GEKKAN NZ」ニュージーランドのニュースを書いているKazzyといいます。今、オークランドの海岸で飼い犬2匹が急死し、解剖したらテトロドトキシンが検出されて原因物質が特定されました。経口ルートについては「有毒のウミウシ」を食べたためと報道されています。
しかし、この報道をもとに記事を書こうとして裏とりをしてみると、有毒なのはウミウシではなくヒラムシのようですね。ということで、記事の英語はウミウシとなってますが、ヒラムシにした方がいいのでは思いました。ご助言いただければ幸いです。
Commented by diver813 at 2009-08-17 23:39
テトロドトキシンを持つウミウシの話は聞いたことがありませんが、記事自体を見てみないとなんとも。
ウミウシ自体毒を持っている種類が殆どなのは確かですし。
Commented by kazzy at 2009-08-18 09:26 x
早速ご返事いただきありがとうございます!おっしゃるとおり、親記事がないといけませんね。実は、先のコメントで本文中に当該記事のリンクを貼ったら、スパムメールと認識されてしまったので削除しました。名前のURL欄を使えばいいと思いつきましたのでやってみます。ちなみに、英単語は「Sea Slug」が使われており、学名ではありません。
Commented at 2009-08-18 11:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazzy at 2009-08-18 11:19 x
たびたびすみません。その「ウミウシ」の名前がわかりました。
pleurobranchaea maculata - or grey side-gilled sea slugs だそうです。名前に当該記事のリンクを貼りました。
Commented by diver813 at 2009-08-18 22:51
Pleurobranchaea maculataの和名はウミフクロウ。間違いなくウミウシの一種です。
ウミフクロウがテトロドトキシンを持つという話は聞いたことがありませんが、ボウシュウボラなどウミウシと近縁である巻貝は、捕食による蓄積でテトロドトキシンを持つものがいます。
ウミフクロウが同じように毒を持っていても不思議ではありませんね。
<< 2008.05 江之浦 The... #420 ニセツノヒラムシの一種 >>