The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2004.07 田子 The 2nd time The 2nd Dive
a0013160_161017.jpg
          ハナゲでてるよ


Site 田子 沖ノ島
Maximum Depth  26.2m
Water Temperature 18℃
Entry 15:07
Exit 15:46
Dive Time 39min.

ポイントまで移動する船の上、船長から「サメだ」の一言。船長の視線の先を探したけど、見えない。一緒に乗っていた人はみんな三角の鰭を見れたらしい。悔しいなぁ。
ちなみに出たのは2m弱のハンマーヘッドらしい。ちょっと見ただけで、そこまでわかるってすごい。
海の中は寒かったので、上のほうから、下にいるみんなを見て潜っていました。もちろん、何かいたときは降りて行きましたけど・・・
途中、時間を確認するために、右腕を見たら、巻いていたはずの時計がなくなっていました。しくしく。
by diver813 | 2004-07-12 10:11 | Diving Log | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/641632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こうち at 2004-07-12 20:36 x
「ハナゲでてるよ」に笑った。ダメだ、上向き加減といいもうオッサンの鼻にしか見えないよ!

ハンマーヘッドって伊豆にも出るんだね。サメってそんなに長距離を移動する魚じゃないみたいだから、死滅回遊なのかな。見てみたいなあ。

あ、あと時計、ご愁傷様でした。
Commented by jemini-web at 2004-07-12 23:34
バンバンバン!(←机を叩いて大笑いしているらしい)
素晴らしい「見立て」です。
ホント、バカボンパパにしか見えなくなってきました。
Commented by 加藤 at 2004-07-13 02:20 x
鮫にびっくりして飛び出した鼻毛だと思います。
衝撃的瞬間です。毛の伸び上がり具合も最高だと思いました。
Commented by diver813 at 2004-07-13 11:54
>こうちさん
ところでこいつは何だろうね?ハンマーヘッドは大島とかでも見れるから、普通にいるんじゃないかな?
>jemini-webさん
ありがとうございます。とった写真を見たときの第一印象なんですよね。
>加藤さん
海の中は色々な生き物がいますから、イメージが膨らみますね。
Commented by こうち at 2004-07-13 18:32 x
>ところでこいつは何だろうね?
イソギンチャクの仲間(スナギンチャクとかみたいな触手の長いタイプ)だと思う。今度見つけたらつついてみそ。きっと引っ込むから。
Commented by diver813 at 2004-07-13 20:14
イソギンチャクの仲間っていうのは、わかっていたんだけどね。
岩に棲管を作る種類で心当たりがなくて・・・
もうちょっと調べてみるわ。
Commented by こうち at 2004-07-14 12:00 x
>イソギンチャクの仲間っていうのは、わかっていたんだけどね。
あ、やっぱし。すんごい初歩的無意味コメントでゴメン(笑)。この写真だとよくわからなかったんだけど、やぱり棲管作ってるんだね、コレ。今手近に図鑑あるから調べてみようかな?
Commented by diver813 at 2004-07-14 12:41
他の生き物の棲管を間借りしているのかも・・・とも思ったんだけど、実際どうかわかんない。
わかったら教えてください。よろしくね。
Commented by こうち at 2004-07-14 15:33 x
調べました。ハナギンチャクの仲間みたい。「ハナギンチャク類は体表から分泌した粘液でつくった円筒状の棲管中に棲む」んだそうな。スナギンチャクとは目からして違った。ゴメン。種類まではわかんないや(解剖しないとわかんないしこの手の連中は色彩多型が豊富なので)。
Commented at 2004-07-14 15:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by diver813 at 2004-07-14 15:47
ハナギンチャク系はそうなんだけど、ほとんどが「砂地に」棲管を作るんだよね。「岩に」ってところがミソで、そんな種類は載っていないんだよね。手元にある図鑑では。
Commented by こうち at 2004-07-14 17:48 x
確かに説明書きではそうなってるけど、手元の図鑑(例の2冊組の巨大なヤツ)の写真では岩っぽいところについてるのもあるんだよなあ。砂地に生息、って限られてるのは1種類しかなくて後は「浅場」とかそういう表記。どうなんだろうね。むーん。
Commented by diver813 at 2004-07-14 17:59
なるほどね。新しい情報が入ったらまた教えてくださいな。
Commented by blue_moon_rabbit at 2004-07-17 20:48
こんなに出ていたら....ハサミでちょきちょき(笑)
ええええええ時計を無くされたのですか?
過去にダイコンを落とした経験有りです
Commented by diver813 at 2004-07-20 18:05
ダイコン、なくしたことありますよ。痛いですよね。でも、新品のマスクとシュノーケルを拾ったこともあります。
<< #071 ハナミノカサゴ #070 ボウズコウイカ >>