The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2006.08 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_122649.jpg
          ヒッ、ヒッ、フー、ヒッ、ヒッ、フー


Site 奄美大島 龍郷漁礁
Maximum Depth  34.1m
Water Temperature 27℃
Entry 9:05
Exit 9:51
Dive Time 45min.

2日目、朝起きると通り雨が降っていました。
そのせいで、干していた水着は濡れちゃったけど、素敵な虹が見れたのでよしとします。
1本目は湾内の龍郷漁礁。
水深30m付近にブロックが沈められ漁礁が作られています
いろいろな魚に遭えることを期待して行ったのですが、予想に反してマクロ祭り。
しかも、ゾウゲイロウミウシとテングガイの産卵に遭遇。
水深が深いので、長居はできませんでしたが、貴重なシーンを目撃できて、大満足の一本でした。
by diver813 | 2006-09-02 01:25 | Diving Log | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/4218372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuricawa at 2006-09-02 01:33
う、う、う、産まれるーッ!
ていうかこんな風に産卵するのですねえ。
レアなショットを見ることが出来て、ちょっとお得な気持ちになりました。
Commented by absinth at 2006-09-02 12:57
いったいどこがどこなんだか??
Commented by diver813 at 2006-09-04 01:16
>kuricawaさん
反時計回りに回りながら生んでいましたよ。
>absinthさん
左手前日本の触覚が出ているところが頭、黄色いリボン(卵塊)の右端が出てきているところが生殖門です。
Commented by diver1219 at 2006-09-04 11:11 x
うわー はじめてみました><
うみへびの脱皮なら沖縄でみたことがあるのですが・・・
これは深さ忘れて見入ってしまいそうです。

そういえば先日静岡にあった大きな船(自走できない飾りの船)が曳航中に串本沖で沈没してしまったそうです。
深さ70mのところだそうなのでダイビングのポイントにはならなさそうですが、お魚さんは住めそうですね。引き上げとかやるんだろうか・・・
Commented by psy_to at 2006-09-04 23:23
わーーっ!
これは本当に貴重なシーンですね~
時が経つのも忘れて見入ってしまいそうな気がします。
Commented by diver813 at 2006-09-05 00:21
>diver1219さん
もうちょっと浅いところに沈没すればいいのに。
>psy_toさん
でも、ウミウシ、ゆっくり過ぎるので、付き合いきれませんでした。
とは言っても、じっくり観察していたので、減圧停止15分也。
Commented by hect_pascal at 2006-09-11 23:27
わ、すごい。こんな風なんだ!
ウミウシにもラマーズ法は有効なんですか・・・・
Commented by diver813 at 2006-09-11 23:40
とりあえず二次鰓にラマーズ法的な動きは見られませんでした。
<< #344 タルダカラ 2006.08 Amami T... >>