The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#300 バサラカクレエビ
a0013160_1263146.jpg

【和名】 バサラカクレエビ
【学名】 Periclimenes amboinensis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
鋏脚は第1、第2胸脚。額角は動かない。眼の先端に小さな突起があり、尖って見える。体色、模様は宿主により様々だが、頭胸甲から腹部の背面に横縞が入る個体が多い。
【生態】
八丈島以南~オーストラリア北部、マーシャル諸島にかけての西部太平洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域に生息する羽枝の多いウミシダ類に共生する。
【ひとこと】
最近まで標準和名がなくアンボンクリノイドシュリンプと呼ばれていましたが、その艶やかな姿から婆娑羅の名前が付きました。ハナウミシダやヒガサウミシダなど、枝の多いウミシダに住んでいます。ウミシダの根元あたりを、外側から叩くと枝が開くので、中を覗いてみましょう。但し、よく観察しようとして追い出してしまうと、魚がやってきて食べてしまうことがあるので、注意してください。
by diver813 | 2006-03-09 01:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(12)
Commented by こうち at 2006-03-09 09:01 x
おおおお、格好いいー!私も見つけて是非とも写真に収めたい生物です。今度頑張って探してみよう。伊豆でもいるかな?
Commented by frappucci at 2006-03-09 14:39
ううむ可愛い~。同じ1本潜っても、だいばーさんが見つけられるものを
フラプッチは散々見落としているんでしょうねぇ。そしてこんなエビを
見つけたら間違えてお魚のえさにしてしまうかもしれない…
そう考えると、暫く潜るのお休みして、むしろ生物のお勉強でもしたほうが
いいかもって気分にもなってきます、、、←と、なぜか落ち込む。
Commented by ningyo-hime at 2006-03-09 21:40
こんばんは。
婆娑羅とはすばらしい。(笑)

ますます図鑑としてパワーアップしていますね。
下の正面顔はちょっと怖い。
Commented by simarisu10 at 2006-03-09 21:45
これは・・・海老の未来形とでもいうべきデザイン?ですねっ。

サイバーシュリンプとでも名づけたいくらいです。
このカラーリングは、スポーツカーのカラーリングにでもなりそうな感じ
なのですっ!
Commented by mari at 2006-03-09 22:04 x
おおっ!とっても好きです。。。
ウミシダにはかなり迷惑がられていると思われるわたしです。
ウミシダ見るととにかく岩からひっぺがして裏っ返してエビ探しまくっています。
黒と黄色の縞模様のが一番好きかも。。。
Commented by diver813 at 2006-03-10 02:08
>こうちさん
伊豆は八丈島以南に入らないよ。
>frappucciさん
机上の勉強だけでも、見つけられるようになりません。ガイドさんの真似をして自分で探してみるのもいいかも。
>ningyo-himeさん
ネーミングも結構楽しめますよね、生き物って。
>simarisu10さん
光沢感が近未来っぽいですよね。
>mariさん
たまにウミシダの触手に絡め撮られたりしてますね。すぐ逃げ出しますが。ウミシダは裏返す前に根元を軽く叩いてみてください、そうすると腕が開きますよ。
Commented by こうち at 2006-03-10 09:32 x
>伊豆は八丈島以南に入らないよ
見落としていた・・・今度沖縄でチャレンジしてみる・・・。
Commented by mari at 2006-03-11 22:50 x
了解です。
今度からは無理矢理ひっぺがさずに、叩いてみます。
Commented by ビルバイン at 2006-03-12 23:22 x
あ~!まさしく慶良間で見たものそのもの!
ワタシもウミシダを叩いたりひっくり返したり、ダイスキ!
たまに泳ぐのも見られますしね(笑)
Commented by diver813 at 2006-03-13 22:26
>こうちさん
見つけることができても、ウミシダがすぐに閉じようとするので、一人だと撮るのはむずかしいかも。がんばってみてね。
>mariさん
開きやすいウミシダと、なかなか開かないウミシダがいます。色々試してみてください。
>ビルバインさん
ウミシダが泳ぐの、面白いですよね。うでをふりふりして。
Commented by YUKO at 2006-03-26 23:05 x
フィリピンには、綺麗な色のバサラがいるんですね。
これは、カブキ者ではなく、おしゃれ者ですね。
沖縄のバサラはまさしく、カブキ者で奇抜です。
ウミシダの色自体が海外とは違うから、色んな子がいるんですね。
Commented by diver813 at 2006-03-28 01:40
メタリックなオレンジと白、本当にお洒落さんですね。
沖縄では、小豆色の個体が多い気がします。
ピンクのウミシダがあれば、ピンク色になるか、試してみたいですね。
<< #301 サツマカサゴ #299 セジロクマノミ >>