The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson10 キンメダイの目はなぜ金色?
a0013160_2148361.jpg
hect_pascalさんHN未定さんから、魚の金色の目について質問がありました。

コメントでも解説していますが、最初にホウセキキントキの目で見える景色について。

ごく浅い水深に生息する魚には、色を感じることができる種類もいますが、Lesson2 海はなぜ青い?にあるように、水中では赤→黄→青の順に色が吸収されてしまいます。なので、深い場所に住んでいる魚に、あまり色は意味を持ちません。

目には「明るさ」を感じる桿体細胞と、「色」を感じる錐体細胞がありますが、「色」を感じる錐体細胞は弱い光を捉えることができません。
なので、深場に住んでいる魚や、夜行性の魚は「明るさ」を感じる桿体細胞が多く、「色」を感じる錐体細胞はほとんどありません。
従ってホウセキキントキの目で見える景色はモノクロであると考えられます。

また、人間の目は前を向いて付いていますが、魚の目は左右を向いてついているため、ほぼ360度見ることができ、死角は真上、真下、真後ろだけです。

まとめるとホウセキキントキ魚眼レンズをつけた暗視カメラに映るような景色が見えているのです。

次にキンメダイの目について。

深場に住むキンメダイや、夜行性のホウセキキントキやアカマツカサなどは、暗い環境でも見えるように、わずかな光を捉える目を持っています。

人間の目だと

光 ⇒ │
光 ⇒ │
光 ⇒ │
    網膜

と、入ってきた光だけが網膜に映りますが、
キンメダイなどはタペータムという、光を反射する組織が網膜の下にあり、

光 ⇒ │ ⇔ ┃
光 ⇒ │ ⇔ ┃
光 ⇒ │ ⇔ ┃
    網膜  タペータム

と、入ってきた光は網膜を透過し、タペータムで反射され、もう一度網膜に映ります。
つまり、入ってきた光だけでなく反射光も加わり、網膜により明るい映像が映るのです。

そして、このタペータムという組織が光を反射するため、目が金色に見えるのです。
ちなみにタペータムはネコ科の動物なども持っていて、イエネコの目が光って見えるのもタペータムが光を反射しているからです。
by diver813 | 2006-01-17 21:49 | Study Room
<< #277 イロイザリウオ 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学... >>