The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#032 ミズガメカイメン
a0013160_112038.jpg
【和名】 ミズガメカイメン
【学名】 Xestospongia testudinaria
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿綱 岩海綿目 イワカイメン科
【直径】 100cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
つぼ状の大型のカイメン。開口部が大きく、側面には縦に走る大きなひだがある。質は密で硬くもろい。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に生息。側面から海水を吸収し、開口部から放出する。その際に有機物をこし取る。1日の数10トンもの海水をろ過し、これによる水流の発生などから、色々な生物の宿主になっている。
【ひとこと】
カイメンは単細胞から多細胞に進化した最初の動物といわれていて、細胞単位でばらばらにこわしても、しばらくすると集合して、もとに戻る。中で魚とかが休んでいたりする。この写真でもホンソメワケベラが一匹。ピンクスクワットロブスターが隠れていることがあるけど、見つけるのは難しい。太陽と反対側、下側のひだの間を探すのがコツ。
by diver813 | 2004-05-18 09:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
Commented by blue_moon_rabbit at 2004-05-18 17:33
この海綿みました^^人が入れるぐらいの大きいですね
この中を覗くのも楽しかったです
時々白いミミズ?のような軟体動物がくっついてました
Commented by 再起動 at 2004-05-18 17:45 x
不思議な生き物がいるんだねえ。「なんじゃこりゃー」と嘆息。粘土でくらげを作ろうかと思うのだが、形の面白いキレイなクラゲを教えてください。何色に塗ればいいかね。緑色はやっぱりいない?
Commented by diver813 at 2004-05-18 19:51
>blue_moon_rabbit さん
私が見たものは、人が入れるほどではありませんでしたが、そこまで大きくなるものもあるんですね、見てみたいなぁ。
白いミミズ?のような軟体動物>なんでしょうね?大きさはどれくらいでした?平たくはなかったですか?殻はありましたか?

>再起動
本当に粘土に夢中なんだな。そんな君には「タコクラゲ」か「カツオノエボシ」がいいと思うよ。正確にはカツオノエボシはクラゲとちょっと違うけど。タコクラゲは触手が8本。傘に水玉模様。触手は太いから粘土でも作りやすいと思う。カツオノエボシは傘が餃子型で面白いけど、触手は細いので、粘土だけでは難しいだろうね。前話していた空中を漂い頭に乗るクラゲはだめなのか?
Commented by こうち at 2004-05-19 00:56 x
カツオノエボシの頭は餃子型・・・言われてみれば確かに。ギョウザクラゲとか呼んでみる?

>再起動さん
格好良さから言えばハブクラゲなんかもいい感じです。でも触手が細いのでdiver813氏のご指摘通り粘土だけでは難しいかも。タコクラゲは足も太いし水玉模様だしオススメです。昔、渋谷の東急○ンズで売ってたタコクラゲは共生藻を弄ったのか緑でした。(だったよね?diver813氏。)
Commented by blue_moon_rabbit at 2004-05-19 20:39
白い軟体動物はミミズのように長いものでした
触ると粘着性があるのでしょうか...手についてきました
殻はなく海綿の溝に沿っていっぱい....くっついています^^;
Commented by 再起動 at 2004-05-21 00:21 x
皆さん、クラゲ情報ありがとうございます。Googleのイメージ検索などでクラゲ画像を収集中ですが、クラゲの世界も奥深いですね。イソギンチャクと同じ刺胞動物だったとは知りませんでした。
親戚みたいなものなんでしょうか。
アカクラゲなんかもとても綺麗ですね。タコクラゲは愛嬌のある風体。最近の粘土は種類が多く、乾燥後もゴムのように柔らくて丈夫な粘土もあるのでかなり自由にクラゲ足に挑戦できそうです。
>ダイバー
ソラクラゲね、すっかり存在を忘れていた。タコクラゲをベースに
作ってみようかな。
Commented by diver813 at 2004-05-21 15:08
>こうちさん
ウミギョウザかな?ウキギョウザとか。
緑色のタコクラゲいたね。クラゲにも共生藻っているのかな?まあ刺胞生物だからいてもおかしくないけど。
blue_moon_rabbitさん>
むむぅ、想像つかないですね。今度気をつけて見てみます。何かわかったら報告しますね。
再起動>
クラゲとイソギンチャクは親戚。クラゲも子供の頃はイソギンチャクの形をしているよ。ポリプとかストロビラのころ。
君は頭でっかちなものが好きなんだな。キノコ・クラゲ・ドアノブ。
<< ヒラメの刺身 #031 キンギョハナダイ >>