The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
Lesson9 ウミガメの見分け方
a0013160_0325819.jpg
argon-lさんからアオウミガメとアカウミガメとタイマイを見分ける方法について質問されました。本当にウミガメって、見分けにくいですね。
この3種類を確実に見分けるには、額板と呼ばれる、おでこにある鱗の配列を区別することです。それぞれの額版の配列をまとめると・・・

アオウミガメの額版:縦長の2枚
アカウミガメの額版:5枚でできている
タイマイの額版:4枚でできていて、後ろの一対が大きい

それぞれ上記のような特徴になっています(図にあるウミガメの頭も参考にしてください)。
また、この3種類の中で、タイマイはカイメンを食べるため、嘴が尖り、甲羅の縁がギザギザしているので、シルエットからでも簡単に見分けられます。
アオウミガメとアカウミガメは見分けにくいのですが、アカウミガメは頭が大きく、甲羅がざらついているのに対し、アオウミガメの甲羅はつるつるしています。
ただし、複数の種類を比較できる水族館などでは、この方法でも区別できますが、海で出会った時に、頭が大きいか、甲羅がつるつるしているか、一匹だけ見て判断するのは経験が必要です。
確実に見分けられる、額版の配列や、肋甲板(甲羅の左右にある大きな鱗)の数(通常アオウミガメは4枚、アカウミガメは5枚)で区別し、目を養えば、一瞬で区別できるようになれるかもしれません。
水族館などでは父親がアカウミガメで母親がタイマイなど、交雑種もいるので、ややこしいのですが、そこも面白いところ。頑張って見比べてみてください。
by diver813 | 2005-11-17 00:33 | Study Room | Trackback(1) | Comments(17)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/2622646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 水族館ふりーく at 2005-11-20 01:12
タイトル : かんちょの実習
かんちょ、今までとっても悩ましい存在だった生き物がいます。 それはウミガメの仲間… アオウミガメ、アカウミガメ、タイマイ… ウミガメの仲間はどれも見た目がそっくり! 生の目で見ているのであれば、大きさの違いとかから識別する余地はありますが、 こうやって写真を撮ってくると区別が全然つかない… 色の違いとかも、水槽にいる環境によって色なんて あってないような物ですから、毎度区別できねー! っと悩まされていました。 そんな中、ラ島で御馴染みのランゲルハンス島の海のだいばー博士に...... more
Commented by argon-l at 2005-11-17 09:24
おぉぉぉ!ありがとうございます。スゴイ!!
わかりやすい図解付きですね。
水族館でもこの3種の違いについての解説があったりするのですが、
いまひとつわかりにくくて…
だいばーさんの解説が一番わかりやすかったです。
この解説をもとに我が家にあるウミガメたちの写真を見比べてみたいと思います。
ウミガメの登場頻度が上がってきたら、理解してきたな…
ということで!(^^;
Commented by たけしゃん at 2005-11-17 12:06 x
おおお! そーだったんだ!
参考になった!
ありがとうございました!
Commented by frappucci at 2005-11-17 14:25
でたっ!だいばーさんの図説!
前のオフ会で使った奴も、ネットにあげてみたらいかがでしょう~。絶対いいとおもうけどなぁ。ってもうどっかに上がっててフラプッチがわかってないだけだったらすいません、、
Commented by KURIinHK at 2005-11-17 23:37
でたっ!だいばーさんの図説!
こんなところで見分けるとは思っても見ませんでした。
イルカの雌雄の見分け方に続いて、また一つ賢くなっちゃった!(^^♪
Commented by まっく at 2005-11-18 11:31 x
これはわかりやすいなぁ。
結構、海の中だと肋甲板数えてる余裕なかったりするんだよね。
問題は、正面からこっち見てくれるかってことだな(笑)
Commented by diver813 at 2005-11-19 00:40
>argon-lさん
わかりやすかったですか、それはよかった。うれしいなぁ。
ウミガメが次に登場するの、楽しみにしていますね。
>たけしゃんさん
そーなんですよ。でも、海の中で確認するのは結構大変ですよね。
>frappucciさん
あの時の図はアップしていませんよ。あれは実習に参加しないと見れません。
>KURIinHKさん
お店などに飾ってある剥製(タイマイが多いのかな?)などもチェックしてみてください。
>まっくさん
まあ、わからなかった時は「ウミガメ」ということで。
Commented by hect_pascal at 2005-11-20 00:53
こちらにコメントさせて頂くのははじめまして。です。たまに拝見させて頂いてます。argon-lさんのトコロから飛んできました。
カメ水槽なんかに書いてある説明をみても
どれがどれだかさっぱりわかりませんでしたが
図解されていてありがたいです。頭にいれて観察してみます。
Commented by nice68 at 2005-11-20 09:50
解りやすい!!!
感激しながらも 海がめを見たら思い出せないような気がする。しっかり覚えようっと!
Commented by diver813 at 2005-11-21 02:54
>hect_pascalさん
はじめまして。hect_pascalさんのブログも、たまに拝見していましたよ。今度カメ水槽を見るときは、頭をじっくり観察してみてくださいね。
>nice68さん
机上で覚えても、実際目にするときにはすっかり忘れていること、よくありますよね。
Commented by ビルバイン at 2005-11-21 23:03 x
おおおお!これはすごいです!!
なんて役に立つお話!
ちょっと海外行ってくるんで確かめてきます!
Commented by diver813 at 2005-11-22 01:30
「ちょっと海外行ってくる」ってかっこいいなぁ。
しっかり確かめてきてくださいね。
Commented by かとうしょうぞう at 2006-09-07 15:41 x
海亀の子供は水鳥に食べられるということですが、甲羅はまだ柔らかいのでしょうか。教えていただけませんか。S
Commented by diver813 at 2006-09-09 23:17
ウミガメの子供も、甲羅の硬さ自体は、親亀とそこまで変わらないと思います。しかし、体が小さくその分甲羅が薄いので、割られてしまうのでしょう。
厚い図鑑はなかなか破れなくても、ページ1枚なら簡単に破れるように。
Commented by さぶろた at 2009-09-26 11:50 x
高知は以前は遠洋漁業が盛んでした。とりに行ってた漁師さんの家やその親類の家には、たまに亀の甲羅が飾ってあります。
だいたい同じような色なんです。ツヤがあるからアオウミガメなのかな~と思いました。
もう捕まえても逃がさないといかん時代やから、貴重なじいさんの仕事の記念になってるんだなろうあ。
Commented by diver813 at 2009-09-28 00:46
色ではなかなか見分けられませんね。
海の中で見る分には「アオウミガメの方が綺麗」という見分け方が多いですねぇ。
Commented by リフィーダイビングクラブ at 2010-03-08 21:55 x
とってもわかりやすい説明ですね。
うちのコラムでも紹介したので、そのご連絡をさせて頂きました。
沖縄でも3種類確認できて、アオ6、タイマイ3、アカ1ぐらいの遭遇率でしょうかね。
Commented by diver813 at 2010-03-27 21:35
拝見いたしました。ご紹介ありがとうございます。個人的にはオサガメがみてみたいですね。
<< #260 ケブカカニダマシ #259 アブラヤッコ >>