The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2005.09 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_111203.jpg
          ねばねばが怖くてナマコを撮れるか!


Site 奄美大島 安脚場
Maximum Depth  12.5m
Water Temperature 28℃
Entry 16:29
Exit 17:08
Dive Time 39min.

浅くて穏やかな内湾のポイント。砂地にある転石を裏返すと、色々な生き物が出てきます。でも、地雷があるので、注意が必要。
岩場のイソギンチャクについているカクレクマノミを撮ろうとしたものの、ブレブレ
馬鹿にする気配があったので、振り返ると、えらそうなオヤビッチャでした。
久しぶりの夕方の涼しげなダイビング。
ナマコマルガザミを撮っている最中に、キュビエ器官で手袋がベトベトになりましたが、そんなことも気にならないくらいの爽快感がありました。
淡い光の中で潜る海もいいもんです。
by diver813 | 2005-09-28 01:16 | Diving Log | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://diver.exblog.jp/tb/2274183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from フラプッチ~のダイビング.. at 2005-09-29 13:10
タイトル : キュビエ器官って何?
だいばーさんのブログを読んでいて、はて、キュビエ器官って何?と思って調べてみました。 フラプッチなりにまとめてみると キュビエ器官/キュビエ氏管 ナマコが外部からの刺激に反応して肛門から出す、粘着力が強い白い糸のようなもの。 ・水道水で簡単に洗い落とせる。 ・砂でこすっても簡単に取れる ・足の裏ににつけて珊瑚礁の上を歩くと怪我防止になる ・海での怪我の時、止血のために利用できる ・足の裏ににつけるとやしの木に登りやすい …だそうで。 ちなみに、エキサイト辞書で調...... more
Commented by えみっこ at 2005-09-28 18:44 x
はじめまして。おじゃましまーす。
いつも素敵な写真撮られてますね。やっぱりキャリアが違うわぁ~。
私はまだOWです。しかもへっぽこダイバー(笑)
身体的に事情があってなかなか、アドバンスまでいけませんが、潜れることでも幸せです♪
7月に西表島行きました。そこでナマコのニョロ~ンに絡まって(正確にはガイドさんにひっつけられた)・・・「べとべとぉ」と凹んだことを思い出しました。
ゆっくりではありますが、自分のペースでぶくぶくしていきたいです。
またお邪魔しますねー(≧∀≦)ノ
Commented by diver813 at 2005-09-29 00:14
はじめましてようこそ。ダイビングに大切なのはランクではありませんから、まあ、のんびり楽しんでください。
わかっていてもナマコのニョロ~ンは凹みますね。
Commented by frappucci at 2005-09-29 12:27
じ、地雷?!間違ったら爆発するのでしょうか?
Commented by diver813 at 2005-09-30 01:34
間違って触れると、毒が注入されます。
Commented by frappucci at 2005-09-30 14:13
ど、毒?と思ってじーっと写真を…。
あ、もしかしてオニオコゼとかそういう系のお魚でした?!
これが地雷なのか~?よくわかんないけど、第二次大戦に埋められたのかな?とか無理に自分を納得させてたんですが…(=_=;)←ぼけすぎ
てかこんなの見分けられなくて私はダイバーとして大丈夫なのでしょうか。。。
Commented by diver813 at 2005-10-01 00:09
正解。ヒメオニオコゼです。
地を這うようなダイビングをしないかぎり大丈夫でしょう。
<< 2005.09 Amami T... 2005.09 Amami T... >>