The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#242 コモンウミウシ属の一種
a0013160_1473429.jpg
【和名】 コモンウミウシ属の一種
【学名】 Chromodoris hintuanensis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は細長い楕円形。背の地色は暗色で、白く低い疣状の隆起が散在する。また背面中央部に黒く縁取られた白点があり、触角及び二次鰓は紫色。外套膜は青く縁取られる。
【生態】
南西諸島・フィリピン・インドネシア・タイ・パプアニューギニアに分布。潮通しの良い浅海の砂礫底を活発に行動する。春から初夏にかけて見られる。
【ひとこと】
白い個体の方が多いようですが、中には黄色い個体もいるようです。でも、あまり見かけない種類なので、黄色い個体には滅多に会えません。水底をヒラヒラフリフリしながら活発に動く、元気のいいウミウシです。和名はまだありません。
動画(mpeg 1.62MB) 歩く姿
by diver813 | 2005-09-02 01:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(11)
Commented by こうち at 2005-09-02 07:49 x
おお、きれいなウミウシ。私は南紀が潰れたので悔しくて泣き濡れております。台風のバカー!絶対リベンジしてやる。
Commented by argon-l at 2005-09-02 08:40
めっちゃ綺麗ですね~。
日本では見られない固体ですか?
Commented by ayuice at 2005-09-02 09:46
あぁ、すごく綺麗。
白が輝いていて、まるで発光してるみたいに見えます。
ヒラヒラしてる姿は、かなり癒し系ですね。
Commented by sakura_mao at 2005-09-02 11:49
ヒラヒラしてて綺麗ですね~♪
尾?の辺りにみんなお花のようなものがありますが
あれって何ですか?
そして頭?の辺りから生えている2本は触覚??それとも目ですか??
Commented by frappucci at 2005-09-02 14:04
うわーなんで頭ひらひらさせて歩くんでしょう?!効率悪そうなのに。
…ウミウシに効率求めてもという気もしますが。
Commented by kasumix at 2005-09-03 13:57
どちらが頭? 色がとってもキレイですね。
これの黄色もいるなんて見てみたいですわ。
Commented by diver813 at 2005-09-05 01:47
>こうちさん
それは残念だったね。でも台風ばっかりはどうにもなんないね。
>argon-lさん
稀ですが、沖縄で見ることができます。
>ayuiceさん
本当に光っているみたいですよね。青い縁取りがさらにその印象を強めている気がします。
>sakura_maoさん
鰓です。正確には二次鰓といいます。中心に肛門があるんですよ。2本の角は触角、視覚はなくて、臭いを感じる器官です。
>frappucciさん
たぶん目が見えないから、手探りをしているようなかんじなのでは?
>kasumixさん
頭は右側です。黄色い個体はまだ見たことがないんですよ。見てみたいです。
Commented by frappucci at 2005-09-08 09:48
目、見えないんですか?先日初めて、ウミウシの目というものを目撃しましたが、、、まぁあんなに小さいんじゃ、見えてもそんなには見えなそうな気がしますけどねぇ
Commented by diver813 at 2005-09-09 02:28
眼がしっかり残っているウミウシの仲間は少ないんです。眼はあったとしても、光を感じるだけの単眼ですから、物の形などを認識することはできません。
Commented by Mars_2001 at 2005-11-17 22:46
今晩は♪ やっと動画を見れました(嬉)。
カタツムリやナメクジより速いんでしょうか?
どうして、膜をあんな風にヒラヒラ動かせるのか、不思議でなりません。暫く毎日 見続けそうです(笑)。

ところで、ウミウシ(動画)の左にあるのは、何かの機材ですか?

あ、それから、リンクさせて頂いてる私のブログですが、今度、終了する事になりました。今までどうも有り難うございました★
でも、これからも時々お邪魔させて頂きたいと思いますので、
どうぞ よろしく お願い致します☆
Commented by diver813 at 2005-11-19 00:58
日本で普通に見かけるカタツムリやナメクジより明らかに速いし、激しい動きをしますね。ウミウシの左にあるのはチャツボボヤというホヤの一種です。
それから、ブログお疲れ様でした。
<< Lesson8 白身魚・赤身魚 #241 ニチリンダテハゼ >>