The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#240 ヒトデナカセ
a0013160_0544744.jpg
【和名】 ヒトデナカセ
【学名】 Thyca crystallina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 翼舌目 ハナゴウナ科
【殻長】 1cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
殻は傘型で亜三角形。殻の色は半透明の白色で内側は光沢を放つ。明瞭な畝が多数入る。殻の先端は右にねじれ、内側へ湾入する。
【生態】
小笠原諸島以南の熱帯太平洋に分布。アオヒトデをはじめとするヒトデ類の裏側体表に外部寄生する。
【ひとこと】
「ヒトデ泣かせ」でヒトデナカセ。ハナゴウナ科の貝類の多くは、ヒトデやウニなどの棘皮動物に寄生します。ヒトデナカセはヒトデの外側に寄生する外部寄生ですが、アカヒトデヤドリニナなどは内部寄生と言って、体内に寄生します。内部寄生する種類には浮遊幼生期には殻があっても、寄生すると殻が退化し完全に消失し虫状になる種類もいます。
by diver813 | 2005-08-19 00:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(11)
Commented by argon-l at 2005-08-19 11:01
うおお!これは初めて知りました。
ぐぐってみたら14件しかヒットしなかったです。
レア度を感じます。
Commented by ちぃ at 2005-08-19 12:03 x
寄生。
寄生って、面白い生き方ですよね~
目黒に寄生虫館があって、とても行ってみたいのですが、誘ってみてもあまり、嬉しそうにしてくれる人はいません(笑)。
Commented by frappucci at 2005-08-19 12:43
畝、の読み方及び意味がわからずエキサイト国語辞書を使ってしまいました…無学?(汗)
Commented by diver813 at 2005-08-19 19:21
>argon-lさん
図鑑にもあまり載っていませんでした。
>ちぃさん
目黒寄生虫館は行ってみたいのですが、まだ行っていないんですよ。
行ってみるとみんな面白いって言うらしいですよ。誰か無理やり誘ってみては?
> frappucciさん
「うね」ですね。このブログ、フリガナが必要かもしれませんね。
Commented by ningyo-hime at 2005-08-19 21:47
こんばんは。
魚の名前はどのようにつけられるのでしょう?
第一発見者がつけたりするのかしら?

「ヒトデ泣かせ」は分かり易い。(笑)
Commented by kasumix at 2005-08-19 23:09
どうやってヒトデを泣かせるのかしら?
まさかすっごーく痛いとか……
Commented by coeurdefleur at 2005-08-21 02:55
こんばんは。
植物でも昆虫でも必ず寄生種っていますよね。
棲み分けの妙というのでしょうか。
宿主が死んではなんにもなりませんからおおむねたいした害は
与えていないようですが…
これはヒトデが青いから青く見えるのですね。
なんてきれいなんでしょう。(ヒトデにとってはハタ迷惑な感動かな^^;
Commented by capybaba at 2005-08-21 23:15 x
アクセサリーか刺青と思って我慢できる程度でしょうか?
Commented by diver813 at 2005-08-22 22:48
>ningyo-himeさん
魚は発見者ではなく、分類をした人が名前をつけます。もともと呼ばれている名前があるときはその名前をつけ、ない場合は、好きに名前を付けます。でも、魚に自分の名前を付けたりすると、あとで馬鹿にされたりします。
>kasumixさん
長く寄生するために、痛みなどは与えないでしょうね。蚊が血を吸うみたいなかんじかな?
>coeurdefleurさん
ちょこっと栄養をもらっているだけでしょうから、たいした害ではないのかもしれませんね。フクロムシの方がよっぽど怖い。
>capybabaさん
でも、自分の意志でつけているわけじゃないから、やっぱりヒトデにとっては迷惑でしょうね。
Commented by nice68 at 2005-08-23 10:01
最後虫状になるというのもすごい、
こんな妙な生き方をしてるものがいるんですね~。
初めて知りました~(勉強になったあ)♪
Commented by diver813 at 2005-08-24 00:01
殻がない貝と言っても、ウミウシとは全然違いますよね。貝殻を持ったまま、内部寄生する貝もいるんです。貝類って奥が深い!
<< 2005.08 神子元 The... #239 アカハタ >>